会社(仕事)を辞めたい

仕事を辞めたいと思ったときに!転職よりもより良い方法とは?

仕事を辞めたいと思っている人の最大の悩みは、「転職しても給料が上がるのだろうか」ということです。

厚生労働省の「雇用動向調査」(2019年)によると、転職した人のうち、平均して32%の人が給料が上がったとしており、35%が給与は変わらず、30%が給与が減少しました。

転職には目に見えないリスクがたくさんある

これを見て、「給料が変わらなかったり、増えたりしている人の割合が多いな」と思いませんか?

「給料が下がった可能性が30%ある」と考えるかどうかは、あなた次第です。

どちらにしても、給料の面では、転職が失敗する可能性が30%あるということだけは確かです。

仕事を辞めたいからといって、それだけのリスクを負って転職するのはかなり危険です。

また、先ほども述べたように、前職よりも転職先のほうが働きやすいとは限りません。

それに加えて、「自分のスキルが通用しなかった」「独特の企業文化に馴染めなかった」などの理由もあります。

また、「誰にもできないような高度な仕事を任された」など、数値化しにくいリスクもあります。

副業からの独立は成功への近道

“このようなリスクを抱えて転職するよりも良い方法がある “というのは、言うまでもなく独立することです。

しかし、ほとんどの場合、転職と同じかそれ以上のリスクやハードルに直面することになります。

ベンチャー企業を立ち上げるにしても、設立には20万円以上の費用がかかります。

フリーランスになるにしても、専門的なスキルを持っていないと相手にされません。

もちろん、今の時代、起業や独立は、雇用の活性化という意味では「お上」の意向でもあります。

そのため、独立行政法人中小企業基盤整備機構では、インターネット上で起業に関するアドバイスを行っています。

市場調査データや補助金情報は参考になりますが、業種別の起業ガイドは信じられません。

思わず笑ってしまうほどです。

例えば、「炭焼師」。

今時、誰がなるんでしょうか?

他にも、パチンコ屋、人力車の観光ガイド、ハイヤーやタクシーの会社などなど。

非現実的な業態もたくさん紹介されています。

これでは、ただ「起業するな」というだけのアドバイスになってしまいます。

では、資格がなくても、小資本で独立できる方法はないのかというと、実はあります。

それは、インターネットを使ったビジネスです。

仕事を辞めたいと思っている人には最適です。

自分の努力次第で、驚くほどの成功を収めることができます。

インターネットビジネスは独立開業の王道

副業から独立したいと思ったときにおすすめなのが、インターネットビジネスです。

インターネットビジネスは初期投資がほとんどかからないので、失敗のリスクがほとんどありません。

また、ネットビジネスであれば、副業で稼ぐ仕組みがある程度出来上がっているので、しっかりとした収入を得られる可能性が高いです。

ネットビジネスは、忙しいサラリーマンが自分のビジョンを実現するために活用すべき手段の一つでもあります。

特にネットビジネスの良いところは、インターネット上で完結することです。

副業でビジネスを始めるということは、本業はサラリーマンということになります。

つまり、いつでも自由に動けるわけではないということです。

したがって、サラリーマンが起業するためには、自分が動かなくても売上が上がる仕組みを作ることが大切です。

その点、ネットビジネスでは、ホームページが代行してくれるので、一度仕組みを作ってしまえば、あとは定期的にメンテナンスをするだけで、収入が増える可能性が高いのです。

これを実現できるのは、ある意味、ネットビジネスだけです。

このように、Webビジネスでは自分で作業するよりも「仕組みづくり」が重要なのです。

あわせて読みたい