会社(仕事)を辞めたい

再就職できないんじゃないかと不安で怖い人へ。色々な選択肢で視野を広げよう!

総務省統計局によると、男性の11.5%、女性の13.2%が離職しています。

また、54歳以下の男性の5割以上、女性の4割以上が離職後2ヶ月以内に新しい仕事を見つけている。

仕事を辞めてから1年以上無職の人の割合は、25〜34歳の男性で10%、女性で20%。

女性の場合も同様です。45-54歳では、男女ともに20%を切っています。

つまり、若い男性にとっては比較的簡単に新しい仕事を見つけることができ、中高年の男女にとっては新しい仕事を見つけることが難しい傾向にあります。

転職活動の標準的な期間は2ヶ月です

転職サイト「@type」が行った調査によると、転職に要する期間は以下の通りです。

2週間以内 25.4%
2週間~1ヶ月以内 19.2%
1ヶ月~2ヶ月 20.4%
2ヶ月~3ヶ月 12.9%
3〜4ヶ月 5.2%
4~5ヶ月 2.7%
5~6ヶ月 4.9%
6ヶ月~7ヶ月 2.0%
7ヶ月以上 6.5%

2ヶ月以内に転職した人の割合は65.5%で、総務省の調査よりも高いが、離職から転職までの期間が2ヶ月以内というのは、目安になるでしょう。

仕事を辞めてからの期間が長ければ長いほど、何らかの理由で再就職できる可能性は低くなります

一方で、転職歴が長い人は、再就職に不利な傾向があります。

その客観的な理由は明らかではありませんが、インターネット上では次のような意見があります。

他社で採用されない人は、うちでも採用しない

長期間仕事をしていないと、採用担当者が「その人の資質に何か問題がある」と考えるケースがあります。

これは、採用担当者が「その人の資質に何か問題がある」と考えているケースです。

その人が優秀かどうか、会社にマッチしているかどうかにかかわらず。

採用後のリスクを負いたくないのです。

長いブランクがあると、復職が難しくなる

長期間、仕事から離れていると、周囲から「仕事への意欲がなくなった」「仕事のリズムがなくなった」と思われることがあります。

自分ではそんなつもりはなくても、相手の考えを変えさせるのはなかなか難しいものです。
気持ちを切り替えてもらうのはかなり難しいかもしれません。

自分の能力以上のものを要求していると思われてしまう

本当に能力のある求職者が条件面で妥協しているケースですが、このケースでは、会社側はその人の優秀さを見抜くことができません。

小さな会社から比較的大きな会社に移動したい場合だけでなく、中程度の大きさの会社から小さな会社に移動しようとしている場合も同様です。

大企業に落とされるならまだしも、そうではありません。

前職よりも明らかに “格下 “の会社に落とされるのは、精神衛生上よくありません。

結局、再就職に不安を感じていると、採用されない、長期間仕事ができない、全く採用されないという負のスパイラルに陥ってしまいます。

これって、負のスパイラルですよね?

そうであれば、新しい仕事が見つからないことを覚悟しなければなりません。

だったら、一番儲かるインターネットビジネスに参入して、自分のビジネスを始めることを考えてみませんか

独立してみてはどうでしょうか。

自分の力で生活費以上の収入を得ることができれば、転職の心配をする必要はないでしょう。

どこの会社でも通用するスキルや実績が必要不可欠

世の中には、すぐに新しい仕事が見つかる人と、いつまでたっても新しい仕事が見つからない人の2種類がいます。

転職先が見つからない人の特徴としては

  • 自分の年齢には難しすぎる仕事に応募している
  • 自分のスキルを無視したハイレベルな仕事に応募している
  • 手っ取り早くお金を稼ぐために仕事を探している

これらはほんの一例に過ぎません。

「自分の経験を語れない40代は、若さが武器の20代には勝てない」

これはとても名言だと思います。

自分の会社でしか通用しないスキルや実績を振りかざして転職しようとしても、相手の会社は迷惑するだけです。

逆に、自分の仕事に対するビジョン、仕事全体を立体的に見る能力、労働生産性を向上させるための知識や意欲に基づく汎用的で高度なスキルを持っていることを示すことができれば
採用担当者に好印象を与えることができるでしょう。

また、プロジェクトマネジメントを見直すなど、継続的に工夫した結果、パフォーマンスが向上したことをアピールすることもできます。

新しい生き方を。仕事を探すのではなく、自分でビジネスを始める

しかし、再就職先が見つからない場合もあります。

会社員になることだけが、人生の生き方ではありません。

独立や起業など、新しい生き方も注目されています。

実際にこの分野で成功している人はたくさんいます。

今の会社を辞めて新しい仕事が見つからなくても、まったく問題はありません。

インターネットでお金を稼ぐ方法には、「アフィリエイト」「キュレーション」「ブログ」などがあります。

在庫を持たない通信販売である「ドロップシッピング」やハイリスク・ハイリターンの「FX」などもあります。

それでも不安だという方へ

それでも不安な場合は、ビジネスが軌道に乗るまでの間、「副業」としてアルバイトや派遣社員をするという方法もあります。

今後の日本企業の状況について、私は楽観視していません。

例えば、電機連合が組合員を対象に行った調査によると、約半数の組合員が会社の縮小や倒産の可能性を懸念しているという。

日本の代表的な産業である電気・電子・情報産業の社員でさえ、このように感じているのです。

転職活動に不安を感じている方、大丈夫です。

悩んでいるなら、いっそのこと起業してしまえばいい。

もし新しい仕事を見つけるのが心配なら、自分のビジネスを始めて自分の道を作った方がいい、それが明るい未来につながるでしょう。

あわせて読みたい