会社(仕事)を辞めたい

新卒だけど仕事・会社に行きたくない!もう辞めたいと思う理由と対処法

デジタル調査会社が運営するウェブサイト「COON ONLINE」の調査によると、半数以上の若手社員が週に数回以上「会社に行きたくない」と感じたことがあると答えています。

しかし、情報ポータルサイト「ネタカ」の調査によると、「もう会社に行きたくないし、どこかに行ってしまった」と答えた20代男性が増えているという。

なぜ人は嫌なのに会社に行くのか?

この2つのアンケートの結果から言えることは

新入社員が「会社に行きたくない」と思うのは当然のことだが、十個する人はほとんどいない。

まず、なぜ新入社員は「会社に行きたくない」と思うことがあるのでしょうか。

主な理由は以下の通りです。

仕事内容が難しい

現在、新入社員の教育に時間をかけられる余裕のある会社はほとんどありません。

短時間で精力的に研修を行った後、残りの時間はOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)に費やされます。

特に非定型的な仕事に慣れていない新入社員は、仕事の全体像がイメージできず、圧倒されてしまうでしょう。

上司が厳しい

厳しいというよりも、パワハラに近い上司がいる場合。

このような上司がいると、頑張ろうという気持ちがなくなってしまいます。

仕事でのミス

このケースは、新入社員にとって最も憂鬱なものです。

自分のミスをどうフォローしていいかわからない。

次の日、会社で何を言われるかわからない。

思わず逃げ出したくなるようなパターンです。

職場の人間関係がぎくしゃくしている

職場に嫌味な同僚や先輩、上司がいる場合です。

人間は感情の動物です。

そんな人が一人いるだけで、モチベーションが下がってしまいます。

職場の雰囲気に馴染めない

職場の雰囲気が暗すぎたり、明るすぎたりする場合。

自分の感性に全く合わない環境に置かれている場合も、仕事へのモチベーションが下がってしまいます。

仕事の内容に魅力がない

仕事が難しい」の反対語は「仕事がルーチンワーク」です。

これは、毎日同じ仕事をしていてうんざりしている典型的な例です。

会社に入ってみると、ブラック企業だった

残業や休日出勤など仕事はハードで、給料は安い。

その上、パワーハラスメントをする上司がいる。

新入社員であれば、逃げ出したくなるかもしれません。

仕事を2年目で辞めるのはあり?社会人2年目で辞めても大丈夫なのか入社2年目で仕事を辞めたいと思う人は意外と多いようです。 その理由の一つは、ある程度仕事を覚えて、周りを見る余裕が出てきたからだと...

逃げる癖がつかないようには十分に注意すること

新卒で仕事を辞めてしまうと、嫌なことや苦しいことに遭遇したときにすぐに逃げ出す癖がついてしまいます。

逃げ癖がついていると、「また辞めたくなったら辞めればいいやと自分の選択や行動に責任感が持てず、軽率な判断が多くなってしまいます。

そのため、気づいたときには周囲からの信頼を失っている可能性が高くなります。

それだけでなく、嫌なことや辛いことから逃げてきたために、卒業してからあまり成長しておらず、30代前半の頃には、取り返しのつかないほど同世代の人たちと差がついてしまう危険性があります。

そうなれば、自尊心や自己効力感は当然失われ、精神的にも経済的にも非常に厳しい状況に追い込まれてしまいます。

行きたくない会社に行かないための方法

しかし、この記事の冒頭にあるアンケートの結果を見てもわかるように、ほとんどの人は行きたくなくても会社に行かざるを得ません。

なぜなら、私たちは収入のすべてを会社に依存しているからです。

もし、会社に頼らない生活ができたら、どんなに素晴らしいでしょうか。

会社以外の収入源があったらどうだろう。

生活できるだけのお金があれば。

“会社以外の収入源 “と “生活できるだけのお金 “があれば、”会社に行かなくてもいい “という夢のような生活が実現できます。

もう仕事に行きたくないと思ってしまう…

「仕事に行きたくない」というのは、誰にでも起こりうる感情です。

しかし、「死にたいほど仕事を辞めたい」と思うのは、極度のストレスを抱えている証拠です。

このような気持ちを放置しておくと

うつ病になってしまう可能性があります。

「死にたい」と思う心のメカニズム

よほどのことがない限り、「死にたい」という気持ちを持つことはできません。

積極的に死を待ち望んでいるわけではありません。

むしろ、自分が置かれている苦しい環境から逃れるための選択肢なのです。

では、なぜそこまでして仕事を辞めたいと思うのか。

それは、自分を取り巻く職場環境があまりにも悲惨で、自分では解決できないからだと思います。

要するに、死にたくなるほど辞めたいということです。

つまり、死にたいほど辞めたいというのは、「辞められないなら死んだほうがマシ」という心の表れです。

一番大事なのは、完璧主義を求めないことです。

このような気持ちになったとき、やってほしいことは

肩の力を抜いて仕事をする。
簡単な作業から始めてください。
心に余裕を持って仕事をする
自分の仕事に完璧を求めない
上司に相談する

以上、5つのポイントをご紹介しました。

あなたは、死にたくなるほど仕事を辞めたいと思っている。

あなたは完璧主義者で、圧倒的な責任感を持っています。

考え方を少しだけ柔らかくすることができれば、仕事に行きたくないという気持ちは徐々に薄れていきます。

もちろん、「死にたいほど辞めたい」という気持ちも消えていきます。

しかし、現実には、この5つをすべて実践できる環境などありません。

「会社に行きたくない! 死にたいくらい辞めたい」と思っています。

肩の力を抜いて仕事をしたいと思っても、大量の仕事とノルマがそれを許しません。

簡単な仕事から始めても、最後には大変な仕事が待っています。

60点満点で乗り切ろうとしても、その基準が分からないのです。

それに、アドバイスを求めるほど信頼できる上司もいない。

結局、これらの要素がすべて障壁になってしまうのです。

仕事に行きたくない。死にたいくらい辞めたい。

死にたいほど辞めたい。

では、死にたいほど辞めたい場合はどうすればいいのでしょうか?

死にたいほど辞めたいのであれば、むしろ会社に頼らずに自分で稼げる方法を探すべきです。

収入源を会社に頼らなければ、自分の力でお金を稼ぐことができます。

“収入源を会社に頼らなければ、辞めたいと思ったときにいつでも辞めることができます。
備えあれば憂いなしです。

人間関係で仕事のストレスが辛くて辞めたいと思った時に考えるべきことこのサイトを見ていると、職場の人間関係が嫌で会社を辞めようかと悩んでいる人が結構います。 これは当然のことです。 なぜなら「...
仕事を辞めたいと思う気持ちは甘えなの?そんなことは絶対にない!サラリーマンをしている以上、仕事を辞めたくなる時があるのは当然です。 仕事を始める時間にうるさいくせに、残業は当たり前にしている。...
あわせて読みたい