会社(仕事)を辞めたい

みんなが仕事を辞めたいと思ったときの理由とは?ランキング形式で紹介

厚生労働省の「令和2年雇用動向調査」の結果によると、仕事を辞める具体的な理由のランキングは以下の通りです。

なお、以下のランキングは男性を対象としたものです。

以下のランキングは主に男性を対象としていますが、各理由の男女の割合にはかなりの差があります。

男女の価値観の違いを考えてみるのも面白いと思います。

1位 労働時間などの労働条件が悪い
男性:10.4% 女性:15.2

2位 収入が少ない
男性:10.1% 女性:8.3

3位 会社の将来性が不安
男性:8.6% 女性:3.5

4位 会社の利便性
性:7.9% 女性:7.3

5位 職場の人間関係
男性:7.8% 女性:11

これに加えて

仕事に興味が持てない
男性6%、女性5.6

能力・個性・資格を生かせない
男性4.6%、女性5.1

が目立ちました。

リクナビNEXTの「上司・経営者の仕事ぶりが気に入らなかった。上司・経営者の働き方が気に入らなかった」といった抽象的な回答よりも現実的だと思います。

退職理由のトップ5に「会社の将来への不安」と「会社都合」が入っていることに驚きました。

つまり、「会社はいつ倒産してもおかしくない」と思われているのです。

しかも、「会社都合」となると、仕事を辞めたいからというわけではない。

馬鹿げた話です。

辞めたい理由が今だけのものかを考える

辞めたい理由が一時的なものかどうかを考えてみましょう。

新しい会社に転職すると、自分が思っていたこととのギャップを感じてしまうケースが多々あります。

そのため、転職直後にも「辞めたい」という気持ちが出てくるのです。

しかし、ここで大切なのは、本当に辞めたいのかを冷静になって考えることです。

一時的な感情だけで辞めてしまうと、後悔することになるかもしれません。

会社に頼るのではなく、自分で守る

この結果から、「仕事を辞めたい」と思わせる会社は、仕事を辞めたいと思うなら、劣悪な労働条件や低賃金で、いつ潰れるかわからないような会社で働かなければなりません。

いつ会社がつぶれて、自分がクビになるかわからない。

それがあなたの描く絵です。

まあ、ほとんどの会社がそうなんですけどね。

仕事を辞めたいと思うのも無理はありません。

私の場合、かつて上記の内容にぴったり当てはまるブラック企業に勤めていました。

このような状況は、私も他人事ではありません。

ある日、突然、仕事をクビにされました。

理由は「お前が嫌いだから」というだけでした。

部署の中で一番いい仕事をしていたのに、おかしいですよね。

繰り返しになりますが、ほとんどの会社がそうなのです。

これに対抗するにはどうしたらいいでしょうか?

自分の知恵を使って、会社に頼らずに自分で稼ぐ方法を身につけることです。

自分で自分の居場所を作るしかありません。

ところで、私を解雇したブラック企業ですが…。

ところで、私をクビにしたブラック企業は、今、息をひそめてかろうじて営業しています。

「天網恢恢疎にして漏らさず」とはこのことだ。

あわせて読みたい