会社(仕事)を辞めたい

兼業主婦(パート)だけど仕事を辞めたい…と言えない時におすすめの在宅ワーク!

パートタイムの主婦は大変ですよね。

ご主人が「専業主夫」でない限り、家事や育児などの家庭内の仕事はすべて主婦がしなければなりません。

仕事を辞めたいと思う主婦が増えているのも不思議ではありません。

主婦と会社の間に挟まれた中間管理職の悩み

小さな子どもがいなくても、仕事をすることはできる。

小さな子供がいなければ、一人暮らしの延長でもなんとかなるでしょう。

問題は、共働きの主婦で未就学児がいる場合です。

幸いにも保育園に預けることができたとしても、延長保育は夜8時までしか利用できません。

運よく保育園に預けることができても、延長保育はせいぜい8時までしか利用できません。

病院や介護施設に併設されていない限り、24時間体制のケアは望めません。

通勤時間が1時間であれば、残業せずに定時に帰らなければなりません。

子育て支援に熱心な企業ではそんな主婦のために、子育て支援に熱心な企業では、勤務時間を短くしたり

場合によっては定時に帰れるように仕事量を調整してくれることもあります。

しかし、中間管理職である私から見ると、これは不当な優遇措置です。

時間制限があるため、高度な仕事を任せることができません。

毎日、定時に帰れるようにしなければならないのです。

そうはいっても、仕事と子育ての両立は難しいようです。

自分は、部下が休暇を申請してきたので、(半分は喜んで)それを受け入れました。

それでも、主婦が子育てのために仕事を辞めたいと言っても、なかなか話が進まないようでした。

申し訳なさそうな顔をしていたのを今でも覚えています。

上司の中には、基本的にはアウトソーサーとして自宅で仕事をしてはどうかという意見もあった。

しかし、私は反対しました。

締め切りのある月刊誌だったからです。

家庭の事情で締め切りまでに納品できないというのは許せませんでした。

人間関係で今の会社の仕事を辞めたい…ストレスで辛い&疲れた時にこのサイトを見ていると、職場の人間関係が嫌で会社を辞めようかと悩んでいる人が結構います。 これは当然のことです。 なぜなら「...

家事・育児に追われる日々

共働きが当たり前の時代になっても、家事や育児の負担はまだまだ女性の方が大きいようです。

よく耳にするのは、「夫が何もしてくれない」「家事と仕事で休みが取れない」という愚痴です。

特に専業主婦の方は、朝から晩まで働き、家に帰れば食事の支度、掃除、洗濯、子どもの世話などで、休む暇もありませんよね。

若いうちは多少無理をしても構いませんが、年齢を重ねるごとに体力的に厳しくなり、ストレスが溜まりすぎると体調を崩すこともありますので、注意が必要です。

仕事に対するモチベーションの低下

家事や仕事に追われて自分の時間が取れないと、楽しくないし、何のために仕事をしているのかわからなくなりますよね。

仕事がやりがいのある楽しいものであれば仕事を続けられますが、全くやりがいのないものであれば、辞めたくなるのも無理はありません。

クラウドソーシングはバラ色に見えるが・・・

では、仕事を辞めたいと思っている主婦たちの助けになるような、新しいビジネスはないのでしょうか?

仕事を辞めたいと思っている主婦を助けることができる新しいビジネスがないわけではありません。

その一つが、今流行りの「クラウドソーシング」です。

ご存知の通り、これはインターネット上でビジネスの注文を受ける方法です。

特に日本の場合、「IT・プログラミング」や「ライティング・デザイン」などの「クリエイティブ」な分野に注目が集まっています。

そのため、ある程度のスキルがあれば、仕事を辞めたいと思っている主婦でもこれらの仕事に挑戦しやすいのです。

ただし、気をつけなければならないことがあります。

IT系の仕事の場合、契約書に納品後のメンテナンスが含まれていないことがあります。

仕事を辞めたいと思っている主婦が「クラウドソーシング」に戸惑っている悲劇は多いです。

では、どうすればいいのか?

この問いに対する答えは一つしかありません。

自分でできるインターネットビジネスを見つけることです。

無茶な要求をするクライアントはいません。

無茶な要求をするクライアントもいなければ、何を求めているのか不明瞭なクライアントもいません。

インターネット・ビジネスに興味のある方は、以下のページをご覧ください。

給料が安いから仕事を辞めたいあなたへ。転職で辞める前に考えたい方法とは?自分の仕事に対して給料が低すぎると嘆いている方。 何とかして収入を増やさなければと、事あるごとに考えていることでしょう。 今...
仕事を辞めたい!ストレスやプレッシャーで吐き気を催す時の対処法とは?日刊SPA!の記事によると、日本のサラリーマンの8割がうつ病予備軍だそうです。 私は以前、健康診断の問診票に「眠れない」「毎朝調子...
あわせて読みたい