会社(仕事)を辞めたい

給料が安いから仕事を辞めたいと思っているあなたへ。転職よりも副業のすすめ。

自分の仕事に対して給料が低すぎると嘆いている方。

何とかして収入を増やさなければと、事あるごとに考えていることでしょう。

今の仕事で大幅な昇給が望めない場合、収入を増やす方法は2つしかありません。

7割以上の人が自分の給料に不満を持っている

エン・ミドル転職の調査によると、20代~50代の会社員のうち、現在の給与に満足している人は27%しかいません。

彼らの多くは、自分の給料が低いと感じています。

給料が低い理由のトップ4は

自分の仕事の成果がきちんと反映されていない。
自分の脳力が評価されていない。
労働時間に見合っていない
責任や地位に見合っていない

であり不満の主な理由は、会社があなたのことを理解していないことです。

脱サラに失敗する人と成功する人の違い!カフェ・パン屋・飲食店の開業がNGな理由とは?脱サラをしている人でも、すでに失敗している人と、成功している人がいます。 この違いはどこから来るのでしょうか。 新規事業に失敗す...

給料が安いことによる悪循環

給料が低ければ、残りの人生を苦労して過ごすことになります。

給料が低ければ、「働いても働いても生活が楽にならない」という状態になってしまいます。

正社員として働いていても、生活は厳しい…. そんな人たちが増えています。

お金がないからこそ、生きていくためにいろいろなことを我慢しなければならない。結婚していれば、奥さんや子供も苦労を背負うことになる。

このように、給料が安いからといって、豊かな生活を送ることはできません。

生活を豊かにしたいと思っても、お金を貯めるだけではできません。

今の給料ではやっていけないので、給料を上げるための努力をしなければなりません。

仕事がうまくいっているのに、給料が上がらないということは、会社から正当な評価を受けていないということです。

やる気や意欲が失われ、不満が募っていくでしょう。

転職による給与アップはハードルが高い

低い給料を大幅に上げるために転職することは、必ずしも間違いではありません。

実際、エン・ジャパンとDODAが行った調査によると、転職した人の約半数が収入を増やしています。

しかし、よくよく考えてみると、転職した人の残りの半分は、低い給料に甘んじているのです。

給料が上がった人の中で最も割合が高いのは、企業から「スカウト」を受けた人です。

自分で給料を上げられる会社を探すのは難しい。

かといって、給料の低い仕事を続けていくのも難しいでしょう。

では、どうすればいいのか?
副業をしてみましょう。

収入を増やすための3つの副業

冒頭でご紹介したように、こうした不満を解消するためには、副業を始めるのも一つの手です。

サラリーマンの副業として、比較的簡単にできるものとして以下のものがおすすめです。

ネットオークション
せどり
アフィリエイト

この3つである。

言うまでもなく、ネットオークションとはネットオークションとは、「ヤフオク!」に代表されるオークションビジネスのことです。 思わぬ高値がつくこともあり、マニアにとっては魅力的です。

また、「せどり」とは、インターネット上で古本を安く仕入れて高値で転売する手法のこと。

希少な漫画は高値で取引される可能性が高い。

アフィリエイトとは、自分のホームページやブログに広告を掲載し、売れた分だけ報酬を得るというものです。

いずれも、PCとインターネット環境が必要です。

しかし、どうしても手に入らない場合は、代わりにスマートフォンを使うこともできます。

同世代より稼げていないって本当?

他の人と比べて給料が低いので、仕事を辞めたいと思っているあなたへ。

あなたは自分の給料が本当に低いと思っていますか?

皆さんの給料は本当に低いのでしょうか?

平均給与は、性別、年齢、業種、職種などによって異なります。

まずは、それぞれの条件の平均給与を知り、その上で悲しむべきかどうかを判断する必要があります。

全体の平均給与に達しているかどうかを判断する

国税庁が発表した「令和2年民間給与実態統計調査」によると、給与所得者の平均年収は、男性が514万円、女性が272万円、全体で415万円となっています。

年齢による違いはあるものの、今回の調査では、男性の平均年齢は45.4歳、女性の平均年齢は45.6歳となっています。

40代、50代の方の平均年収はこのくらいの水準です。

つまり、この世代に属する人がこの金額以上の収入を得ていれば、その人の給料が低いとは言えない。

逆に、あまりにも給料が低ければ、仕事を辞めるには惜しいと言えるでしょう。

自分の給料が同世代の平均給料に達しているかどうかの判断する

では、各世代の平均年収はどのくらいなのでしょうか。

DODAの調査によると、業種・職種を問わず、以下のようになっています。

20代 全体平均349万円(男性平均368万円/女性平均324万円

30代 平均456万円(男性平均488万円/女性平均384万円

40代 平均572万円(男性平均:616万円/女性平均:433万円

50代 全体平均708万円(男性平均:742万円/女性平均:479万円

国税庁の調査と比べると、平均値がかなり高くなっています。

これは、調査対象の違いによるものと思われます。

国税庁の調査では、従業員1人の小企業から5,000人以上の超大企業までを対象としています。

どの数字を参考にするにしても自分の給料がこれらと比較できないほど低ければ、仕事を辞めたいと思うのは当然のことです。

しかし、そのためには周到な準備が必要です。

ただ毎月の安い給料から逃れようとするのではなく、自分で稼げる収入源を用意するべきです。

頑張って昇進して、その分の給料をもらうだけではダメです。

出世のために頑張って残業代をもらっても、自分が疲れるだけです。

給料が安いから仕事を辞めたいと思ったら、会社に頼らずにお金を稼ぐ方法を学ぶのが一番です。

副業でまずは一歩を

今、サラリーマンやOL、主婦、学生などの間で「副業」が大人気です。

特に給料に満足していないサラリーマンは、副業を始めてみてはいかがでしょうか。

手軽にできる
収入を増やすことができる
将来性がある
自宅でできる

上記の理由で副業をおすすめしていますが、自宅でできる副業であれば、サラリーマンであっても帰宅後に取り組むことができます。

これからの時代、定年まで働くことは難しくなります。

リストラや早期退職、倒産などの準備をしている人は、すでに副業を始めて収益を分散させています。

現状に満足していない人、将来に不安を感じている人は、すぐにでも副業を始めるべきです。

退職理由で嘘つくのはあり?おすすめの理由と円満退職したい時のコツとは?会社を退職する際には、ほとんどの場合、上司から退職理由を聞かれます。 会社によっては退職理由を聞かれない場合もありますが、ほとんど...
ブラック企業に入ったらすぐに転職して脱出すべき?通報すべき?入社した会社がブラック企業だった場合、すぐに転職すべきかどうかは非常に難しい問題です。 新卒なのか中途なのかによっても答えは違うか...
あわせて読みたい