退職の前に

退職理由で嘘つくのはあり?おすすめの理由と円満退職したい時のコツとは?

会社を退職する際には、ほとんどの場合、上司から退職理由を聞かれます。

会社によっては退職理由を聞かれない場合もありますが、ほとんどの場合は聞かれると思っておいた方が無難です。

部下が退職すると、上司は自分のマネジメント能力のなさを疑ってしまうことがあります。

そのため、上司から退職理由を聞かれたときには、上司を納得させられるような理由を用意しておく必要があります。

この記事では、円満に退職するための退職理由をご紹介します。

退職理由と伝える時に嘘はあり?

円満に退職するためには、本当の退職理由を述べるべきなのか、嘘の退職理由を述べるべきなのか悩んでいる人もいるかもしれません。

退職する人の中には、上司から退職理由を聞かれた時に、溜まっていた不満を吐き出してしまう人もいます。

しかし、今一度考えてみて、あなたも上司も「大人」であることを考えてみてください。子供同士であれば、お互いに不満を発散することができるかもしれません。

しかし、大人は子供と同じように不満を発散してはいけません。大人同士の交流は本音だけでは成り立たないため、円満退職には嘘も必要です。

円満に退職するためには、嘘をついても何も問題はありません。どのような理由で会社を退職するかはあなた次第です。

会社を辞めたいと思っている方は、会社を辞めたいと思っている方のみ、続きを読んでみてください。

会社を辞める理由

退職を伝えるべき理由と伝えてはいけない理由があります。退職は個人の選択なので、嘘をついても何も問題はありません。

しかし、理由によっては円満に退職できない場合もあります。円満に退職したい場合は、おすすめの退職理由を参考にしてみてください。

おすすめする退職の理由

他の会社に行ってみたい

一般的におすすめの退職理由です。相手があなたのことを真剣に考えてくれているのであれば、サポートしてくれるはずです。

頑なに反対してくる場合は、応援するのではなく、自分の保身のために応援してくれるかもしれません。

個人的な家庭の事情で…

上司から人の私生活に口出しされないようにしたいと思っている人は、このような理由で会社を辞めてしまうのが良いでしょう。

親の介護、家庭の事情、家業の承継

代表的なのは、「親の介護をしている」「家業を継いでいる」「家庭の事情で実家に帰らなければならない」などです。

家族の事情を持ち出してしまうと、上司や会社は対応してくれません。

これらの理由で退職するのであれば、会社に解決策があるわけではありませんし、引き留めるのも難しいでしょう。

会社を辞める時の悪い理由

会社への不満

会社の不満を全部言って満足するのはあなただけです。良好な関係を築くためには、ある程度の嘘をつく必要があります。

そして、人間関係を悪化させるだけでなく、引き留められる可能性も高くなります。

理由が「担当する仕事が多すぎる」「人間関係が悪化している」などの場合は、「問題を解決してくれるから残ってほしい」と改善条件を提示して、引き留めてくれる可能性があります。

上司にとっては、管理能力が不足するから止めてほしいということです。残ってしまうと、会社を辞めようとした事実が残り、今後のキャリアにも影響が出てしまいます。

嘘をついて言うこと

結婚する」「重い病気になった」など、すぐにわかるような嘘をつかないようにしましょう。

退職するにしても、知っている人に嘘つきだと思われるような嘘をつかないようにしましょう。

会社との関係が良好なうちに退職するのがベストです。

退職でのデメリット

会社側のデメリット

従業員を退職させたくない会社はありません。社員は企業にとって必要不可欠な存在であり、一人の社員の退職をきっかけに退職が相次いでしまっては困ります。

一人の社員が次々と退職してしまうのは問題です。

上司視点でのデメリット

辞令が出ている場合は、管理能力が不足していると評価されます。

伝えるタイミング

退職届の提出時期は、1ヶ月前までに提出しなければならない会社もあれば、2ヶ月以上前に提出しなければならない会社もあります。

就業規則を確認してから退職の意思を伝えましょう。

会社は人手不足や仕事の引き継ぎなどで忙しくなるため、退職希望日までに退職届を提出しないと、会社から止められてしまう可能性があります。

会社の繁忙期を考慮して、最低でも1ヶ月前には退職届を提出するようにしましょう。

辞表の提出が滞った場合の対処法

あなたが優秀だから必要と言われたら?

上司の中には、感情に訴えて説得しようとする人もいます。

しかし、感情に流されてはいけません。決断力があれば、感情に振り回されることはありません。感情に流されて決断しないようにしましょう。

退職理由を述べる前に、自分の決意がどれだけ固いかを認識しておくことが大切です。

雇用条件を改善するから…

人間関係がうまくいっていなかった場合、人事異動の申し出があるかもしれません。

この時には、自分が望んでいることではないことを明確にしておきましょう。

給料に不満がある場合は、昇給を提示されるかもしれませんが、一時的な昇給にとどまったり、約束が守られないこともあります。

会社に迷惑をかけるのか!と脅してくる

脅迫することであなたを引き留めようとする上司もいますが、全くあなたのことを考えていないことがわかります。

「スタッフを補充するまで待て」と言われたら、辞表を提出する時間を十分に確保しておきましょう。

問題を起こさずに退職するのに必要なこと

辞表を余裕を持って提出する

会社の人員補充には時間がかかります。円満に退職するためには、会社の事情を考慮する必要があります。

引き継ぎを行う

会社の経営が停滞しているのは好ましくありません。そのため、しっかりと引き継ぎの準備をしておきましょう。

上司が納得できる退職理由

理由が嘘でも本当でもどちらでも構いません。会社が良くなることを期待して、不満を発散して正直に言う人もいるかもしれませんが、円満な退職を望むのであれば、あまりお勧めできません。

退職するためには、嘘をつく必要があります。

退職理由を嘘をつくことは法律違反ではありません。

辞められない仕事なんてない

仕事を辞めるときに嘘をつく理由の一つに「引き止められたくない」という心理があります。

しかし、安心してください、辞められない仕事なんてないですよね!

とはいえ、「ブラック企業だからそう簡単には辞められない」という人も少なくありません。

実際、私も会社を辞めるのに2年かかりました。

でも、今は便利なサービスがあるから別にいいんです。

転職エージェントを使うとスムーズに転職できる

転職エージェントと聞くと、仕事を辞めることと何か関係があるのかと思ってしまうかもしれません。

しかし、転職エージェントはただ転職者をサポートするだけではなく、転職がスムーズに進むようにアドバイスをしてくれます。

また、多くの退職者を扱ってきたエージェントは、豊富な知識を持っています。転職活動で失敗しないためには、転職エージェントを利用するのが一番です。

まだ登録していない方は以下の記事からから登録してみましょう。

まとめ

別れた理由に嘘をつくことは何も悪いことではありません。大人同士の交流を円滑にするためにも嘘は必要です。

会社を退職するのは個人の自由ですが、退職すると会社は大きな損失を被ることになります。その損失を最小限に抑えるためには、自分のことだけでなく会社のことも考える必要があります。

会社のためにも、自分のためにも、しっかりと仕事を辞められるといいですね。