退職の前に

会社が辛くて逃げたい時にっ…!辞めるのは勝ち逃げという人生の考え方!

「辛くて逃げたい」
「辞めたいけど辞められないから逃げたい」
「人間関係が悪いから逃げたい」
「仕事が嫌だから逃げたい」

などなど、様々な理由で会社から逃げたいと思っている人はたくさんいます。

日本では、会社から逃げることを悪いことだと思っている。日本では、会社から逃げることは悪いイメージだと思われています。

会社から逃げ出したいと思うことが悪いということではありません。それはあなたの人生であり、あなたの好きなように生きればいいのです。

逃げ方には、失敗に終わる「負け」の逃げ方と、成功する「勝ち」の逃げ方があります。

負け方」の逃げ方をしてしまうと、より良い未来を作ることはできません。

この記事では、逃げることでより良い未来が開ける「勝ち方」の逃げ方を教えていきたいと思います。

逃げるというのは正しい言葉ではありません

様々な理由で逃げ出すことに悩む人は少なくありません。しかし、「逃げる」というのは正しい言葉ではありません。

逃げるのではなく、より良い未来を切り開くための手段として考えてみてください。

より良い未来を切り開くためには、正しい方法で逃げなければなりません。

逃げる=転職という考えとは?

ネガティブな理由での転職は、逃げの転職です。

上司や同僚に不満がある、給料が安い、自分が思っているほど評価されていない、残業だらけの毎日、嫌な職場への転勤を告げられたなど、今の職場に不満がある場合は、職場を変えることで今の職場から逃げようとすることがあります。

そのような不満の中には、逃げることでしか解決できないものもあります。転職に成功して、テキパキと仕事をしている人はたくさんいます。

場合によっては、転職せずに不満を解消して今の職場で働き続けることができるかもしれません。

会社から逃げるのは負け組なのか?

日本では、転職は逃げ道という悪いイメージがあります。

確かに、多くの人が何らかの理由で転職をするのは、逃げ道の一つであることは間違いありません。

人間関係が悪くて今の職場から別の職場に転職することを、日本では「逃避」と呼びます。

しかし、逃避することは悪いことではありません。自分と会社の人間関係が気に入らなければ、別の職場に移ればいいのです。

負ける方法もあれば、勝つ方法もあります

逃げ方によって、あなたの将来が良くなるか悪くなるかが決まります。逃げたくなってもすぐに逃げてはいけません。

将来のことを考えずに逃げるのと、自分の将来を良くするために逃げるのと、どちらが良いのでしょうか?

ほとんどの人が後者を望んでいると思います。将来のことを考えずに逃げることは、決してより良い未来にはつながりません。結果として、逃げることは損をすることになります。

しかし、より良い未来をよく考えて逃げることは、決して損をしていることにはなりません。結果的に、逃げたことは勝ちなのです。

このように、逃げるには2つの方法があります。今回の記事では、「勝ち逃げ」の方法に注目してみたいと思います。

負けて逃げる負け逃げとは?

負けて逃げるのは現実逃避ですね。将来のことを考えずに今の職場から逃げたいから逃げるというのは、現実逃避ですよね。

本当に逃げたいと思っていても、我慢が必要です。今の職場を辞めずに新しい職場を探しましょう。会社にいるのといないのとでは焦りのレベルが全然違うからです。

今まで入ってきていた収入が入ってこなくなり、転職活動中の数ヶ月間は収入ゼロの状態が続きます。また、転職の際には必ず面接官から「なぜ辞めたのか」「なぜ辞めたいのか」を聞かれます。

現実逃避をしてしまうと、よく考えていないので正確な答えを出すのが難しくなります。いくら逃げたいと思っても、すぐに逃げてはいけません。

就活の準備に時間を割くことができれば、より良い未来を手に入れることができます。今の就職市場は売り手市場です。自分に合った仕事が見つかることは間違いありません。

自分の将来のことをよく考えて決断しましょう。

勝って逃げる勝ち逃げとは?

勝ち逃げすることをより良い未来を切り開きます。

転職活動をする際、面接官は必ず退職理由を聞かれます。将来のことを考えずに逃げてしまうと、長く考えていないからこそ、的確な退職理由を伝えることができません。

そのため、転職の準備をする時間を設けることが大切です。一般的に転職の準備期間は3ヶ月から半年と言われています。

この準備期間には、転職理由や自分の強み、やりたいことなどをしっかりと考えておきましょう。転職を真剣に考えていなくても、転職サイトに登録しておくと良いでしょう。

転職サイトでは、様々な企業の情報などを収集することができます。自分の将来を切り開くためには、入念な準備が必要です。

今の会社で働けなくなった場合は、数ヶ月我慢しましょう。今の会社を退職して新しい仕事を探すのはおすすめできません。

転職には数ヶ月かかりますし、会社を辞めてしまうと数ヶ月は無収入の状態が続きます。収入がない状態で転職活動をしてしまうと、焦って次の仕事を探すことになってしまいます。

自分にとってより良い未来を切り開くための手段だと考えて、辞めずに我慢しましょう。

一瞬たりとも我慢する必要はない

心がおかしくなるほど嫌なことを我慢する必要があるのだろうか。守るべき家族がいる人にとっては確かに勇気のいることですが、よく考えてほしいです。

体にストレスが溜まったり、心がおかしくなったりしたら、一番困るのは家族です。来月の給料よりも今の健康を優先して、健康であればいつでも働ける。

これらのことに気づいているのは、実際に体調を崩している人だけです。

ネットで少し検索して、心の病を抱えた夫の家族が書いたブログを読むと、より理解が深まると思います。

他者からの反対

安定していた職業を捨てるのか!と周囲から大袈裟に言われるという人はたくさんいます。

しかし、その中であなたの将来を真剣に考えてくれる人はどれくらいいるのでしょうか?転職した友人の体験談は、実体験なので参考になります。

しかし、ほとんどの人は転職したことがなく、快適で安定した仕事に就いています。このような人たちは、自分の転職が自分にとってどんな未来を切り開くのかわかりません。

相手があなたのことを心配してくれていることがわかれば十分です。

本当にあなたのことを考えてくれているのであれば、退職を促してくれるはずです。あなたが本当に悩んでいることを知ったら、誰も止めないと思います。

本当に嫌なら辞めてしまえばいいのです。仕事は今の会社だけではありません。自分の人生なんだから、他人の声に耳を貸す必要はないです。

失敗をしたくないなら転職エージェントを!

転職を本格的に考えていなくても転職エージェントに登録することは可能です。また、転職を本格的に考えている人の中には、今よりも良い会社に入る方法はないと思っている人もいると思います。

しかし、今の転職市場は売り手市場です。電車の中や日常生活の中で求人広告を目にすることになるでしょう。

転職活動で失敗しないためには、人材紹介会社を利用するのが一番です。

転職活動をサポートしてくれるだけでなく、退職しやすくするためのアドバイスもしてくれます。また、多くの退職者を扱ってきたエージェントは知識も豊富です。

まだ登録していない方は、下の記事から登録してみましょう。

まとめ

今回の記事では、失敗する「負けて逃げる」逃げ方と成功する「勝って逃げる」逃げ方について解説してきました。

先のことを考えずに逃げると、必ず失敗に終わります。しかし、余裕を持って準備をすれば、逃げを成功に変えることができます。

この記事を読んだ人が、自分自身のより良い未来のために「勝ち逃げ」の成功法を実践してくれることを願っています。