会社(仕事)を辞めたい

仕事に行きたくなくて夜に泣く、眠れない、朝に吐き気が…。ズル休みはありなの?

タイトルに書かれているような状態に気がついたら、それはうつ病の症状、またはその一歩手前のサインです。

実際、近年、社会人を中心にうつ病患者が増加していると言われています。

心と体に現れるうつ病の症状

うつ病の症状には、「心」と「体」の2種類があります。

心に現れる主な症状は、「抑うつ気分」と「やる気の喪失」です。

抑うつ気分とは、気分が落ち込んでやる気が出ない状態のことです。

また、やる気が低下する原因でもあります。

もちろん、やる気の低下は思考力の低下にもつながります。

次に、身体に現れる症状としては

睡眠障害
食欲異常
疲労感・倦怠感
ホルモンの異常
頭痛
関節痛
消化器系疾患
動悸
発汗、息苦しさ

これらはほんの一例に過ぎません。

真面目で責任感が強い人ほど、うつ病になりやすいと言われています

そして、うつ病になりやすい人の特徴は

真面目さ
強い責任感
自意識過剰
感情を表現するのが苦手

また、医学的な気質の観点からは

プラスとマイナスのエネルギーが交互にやってくる循環型
一つのことに没頭しやすく、責任感が強い「執着型」
仕事のルールを厳格に守ろうとする「憂鬱な親和性」タイプ

この3つのタイプの人は、病気になりやすい傾向があります。

会社が辛くて逃げたい時にっ…!辞めるのは勝ち逃げという人生の考え方! 「辛くて逃げたい」 「辞めたいけど辞められないから逃げたい」 「人間関係が悪いから逃げたい」 「仕事が嫌だから逃げたい」 ...

予防と治療のためにはどうしたらいいですか?

うつ病の原因のほとんどはストレスに関連していますので、うつ病を予防するには、心身ともにストレスを溜めないように心がけるしかありません。

具体的には

仕事を抱え込みすぎない。
頑張りすぎないこと。
積極的に休息をとる。
食生活の改善

といったことを意識して行う必要があります。

また、うつ病の治療法はいくつかあります。

薬物療法、精神療法、心理療法などがあります。

多くの場合、根本的な原因を取り除くために「長く休む」ことが推奨されています。

しかし、実際にはそんなことは不可能ですし、仮に治ったとしても、会社が復職させてくれるかどうかもわかりません。

そのような不安をなくすためには、いつでも会社を辞められるように、会社に頼らず自分で稼ぐ力を身につけるのが一番です。

仕事に行きたくないから会社を休んだことがありますか?

ドリームニュースモニターの調査によると、「仮病を使って休んだことがある」と答えた人は55%。

実際には、仕事に行きたくないだけでなく、実際に休んだことがある人が半数以上と、かなり大きな割合を占めています。

毎日、仕事で憂鬱な気分になったら、対処法を考えよう。

誰でも仕事で憂鬱になることはあります。

どんなに優秀な人でも、どんなに情熱的な人でも、仕事で憂鬱な気分になることはあります。

しかし、問題はその落ち込みが毎日続くことです。これが問題なのです。

毎日、毎日、仕事で憂鬱な気分になる。仕事に行きたくない。

仕事を辞めたいと思っている。そんな不安や苦しみを抱えている人は、この状況を打開するために、早急な対策が必要です。

仕事を休みたいときは

本題に入る前に、「会社に行きたくないから休みたい」と思うのはどんなときか考えてみましょう。

理由は人によって異なるかもしれませんが、主な理由としては

そもそも仕事がつまらない。
仕事でミスをしてしまった
仕事で結果が出せない
通勤時間が長くてつらい
人間関係がうまくいかない

これらは、理由のほんの一部です。

これらの理由以外にも、「ブラック企業だから」「体調が悪いから」など、根本的な理由で会社に行きたくないために休むケースもあります。

では、会社に行きたくないとき、あなたはどんな理由をつけていますか?

圧倒的に多いのは、「風邪をひいて熱が出た」という理由です。

最も多い理由は、発熱や腹痛などの一時的な病気を利用するものです。

そのほかにも、家族の不幸、子供や親の病気など、緊急性の高いものがあります。

また、自分以外の人に緊急事態が発生したという言い訳もできます。

ただし、この方法は何度も使えるものではありません。

家族が災難に見舞われたり、親が回復したのに何度も病院に行かなければならなかったりすることはよくあることです。

親が何度も病院に行かなければならないのは不自然なことです。

親戚の結婚式、友人の結婚式、免許の更新、資格試験などを理由にしているサイトもあります。

しかし、これらはすべて事前に計画されていたはずのことなので、休む理由にはなりません。

会社に行きたくないから休む、というのは許されるのでしょうか?

次の質問は、「会社に行きたくない」という理由で休むことは許されるのかということです。

仕事に行きたくない場合は、休職することができます。

有給休暇の資格を持たないパートタイム労働者の場合は、欠勤扱いになります。

交代要員が見つからない場合は、無理をしてでも出勤してもらうことがあります。

この時、「無理をしてでも」出勤するか、出勤を拒否するかは、あなたの判断に委ねられます。

ひとつは、休んでしまうとさらに出勤が困難になるということです。

もうひとつは、有給休暇の取得が可能かどうかです。

労働基準法によると、会社には忙しいときに有給休暇の時期を変更する権利があります。
しかし、有給休暇を拒否する権利はありません。

つまり、始業時間前に電話しても、会社は有給休暇の申請を拒否することはできません。

言い換えれば、始業時間前に電話をすれば、会社はあなたの要求を拒否することはできません。この場合、申請の理由は問われません。

しかし、明確な法的根拠があるわけではないので、後々問題が発生する可能性も否定できません。

インターネット上の専門家の意見は、それぞれ異なっています。

即日出勤したいなら、そのための準備が必要です。

会社に行きたくない、有給を当日に申請しても会社がどう対応するかが心配な方へ

もし、会社に行きたくないし、有給休暇を申請したときの会社の対応が気になるのであれば、今の仕事を辞めて別の活動を始めることをお勧めします。

つまり、仕事に行きたくないからといって休むのはやめましょう。

そんな会社なら辞めてしまえばいいのです。

自分でお金を稼げるようになれば、嫌な仕事で毎朝会社に行く必要もなくなります。

会社に行きたくないから仕事を休む、という行動を繰り返しても何も変わりません。

一番大切なのは、その根本的な原因を見つけることです。

仕事が辛い!辞めたい!泣く!ストレスで耐えられない!時の乗り越え方日刊SPAの報道によると、「サラリーマンの8割がうつ病になりかけている」ようです。 ということは、仕事を辞めたいと思う人が増えても...
仕事を辞めたいと思う気持ちは甘えなの?そんなことは絶対にない!サラリーマンをしている以上、仕事を辞めたくなる時があるのは当然です。 仕事を始める時間にうるさいくせに、残業は当たり前にしている。...
あわせて読みたい