会社(仕事)を辞めたい

看護師の仕事を辞めたい。辛くてできない時に転職と副業をやるべき理由。

看護師の給料が比較的高いのは当然のことです。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」などによると、2021年の看護師全体の平均年収は478万円であり、一般労働者の平均は415万円となっています。

かなり大きな開きがありますね。

看護師が仕事を辞めたいと思うのは当然のことです。

しかし、日本医療労働組合連合会が2019年に行った調査結果によると、

仕事を辞めたいと思った主な理由は、「慢性疲労」が74%、「健康不安」が60%、「切迫流産」が60%でした。

3人に1人の看護師が「切迫流産があったから」と答えています。

では、なぜそのような状況に追い込まれているのか。

夜勤回数の増加、勤務間隔の短縮、妊娠中の看護師の夜勤を免除しない

という現状が改善されていないからです。

また、職場の人間関係に悩んでいたり、場合によっては、セクシャルハラスメントやパワーハラスメントを受けていることもあるからです。

仕事を辞めたいと思うのは当然のことです。

要するに、医療現場では必要なスタッフの数を確保できておらず、労働環境は昔のままなのです。

その背景には、労働人口が減少する一方で、超高齢化社会が進んでいることがあります。

労働人口が減り、超高齢化社会が進み、プロであるがゆえに職場が閉鎖的になっていることが原因です。

人間関係で仕事のストレスが辛くて辞めたいと思った時に考えるべきことこのサイトを見ていると、職場の人間関係が嫌で会社を辞めようかと悩んでいる人が結構います。 これは当然のことです。 なぜなら「...

自分は看護師に向いていないのではないかと感じる

1年目はお世話してくれる先輩方、直属のメンターがいたので、ミスを未然に防ぐことができました。

2年目以降は自分で気をつけてミスを防がなければなりませんでした。

数年経つとになると、どうしても1年目に起こらなかったミスが増えてしまい、「自分は看護師に向いていない」と思ってしまうのです。

また、中堅になると、教えてもらう側から教える側になります。

自分の仕事で精一杯なのに、新人に教えることができるだろうか」という不安や焦りから、自信を失ってしまう看護師も少なくありません。

給料が低い、仕事量に見合っていない

給与の低さは、看護師を辞めたいと思う理由の中でも最も多いものの一つです。

都心の大病院ならまだしも、地方の小さな病院で働いていると、給料が低すぎてモチベーションが上がらず、辞めたいと思う看護師も多いのではないでしょうか。

看護師は人の命を預かる仕事であり、その責任は重大です。

しかし、その負担に見合うだけの給料が支払われていないと感じる瞬間も多く、転職情報で見つけた現状よりも有利な条件の職場に移る看護師が増えています。

新人の頃に比べて仕事量が増え、中堅と言われる立場になっても報酬がそこまで上がらないとなると、看護師の離職者はどんどん増えていきます。

新しいことに挑戦することで、心の平穏を取り戻す

もちろん、看護師の仕事が嫌になって辞めた人もいます。

中には携帯電話ショップの店員になった人もいます。….

しかし、この人の場合、安心したのも束の間、肉体労働と給料の安さに嫌気がさした。

老人ホームの看護師に復帰しました。

ブランクが長かったことと、比較的楽な仕事に就けたことの2点である。

彼女は二重の意味でラッキーです。

看護師のような国家資格を持っていても、一度仕事を辞めてしまうと再就職が難しいのは事実ですよね。

そうなると、看護師の仕事を辞める前に、将来を見越してダブルワークをして自分を守るしかありません。

しかし、看護師のような不規則な勤務体系では、定期的に休みを取ることは難しい。

そこで注目されているのが、インターネットを使った新しいビジネスです。

パソコンさえあれば、いつでも好きなときに作業ができます。

相手のスケジュールに合わせる必要もありません。

一人で仕事を辞めることを心配する必要はない。

仕事を辞めることに悩むよりも、新しい生きがいとして試してみてはいかがでしょうか。

今の仕事を辞めたいと思った時に誰に相談すべきか?家族や同僚はあり?仕事を辞めたいと思ったときの相談相手として。 インターネットで検索すれば、仕事を辞めたいときに相談できる人がたくさんいることがわか...
仕事を辞めたいと思う気持ちは甘えなの?そんなことは絶対にない!サラリーマンをしている以上、仕事を辞めたくなる時があるのは当然です。 仕事を始める時間にうるさいくせに、残業は当たり前にしている。...
あわせて読みたい