会社(仕事)を辞めたい

公務員なのに仕事を辞めたい!民間への転職のメリットと難しさとは

公務員の離職率については、正確なデータがありません。

しかし、「はてブ」のある投稿によると、全体の1割程度と言われています。

だから、それほど高くはないでしょう。

それにしても、公務員が仕事を辞めたという話は、ウェブ上にたくさんありますね。

“こっそり仕事を辞めたい公務員 “は意外と多いのかもしれませんね。

仕事を辞めたいと思う理由の多くは贅沢な悩みである

公務員が仕事を辞めたいと思う理由で最も多いのは、「やりがいを感じられないから」というものだそうです。

まあ、俗に言うお役所仕事と呼ばれるような楽なルーチンワークが多いですからね。

理想が高ければ高いほど、仕事はつまらなくなります。

私の知人も、公務員の仕事がつまらないと感じていました。

公務員の仕事がつまらなくて、週末のイベントアシスタントの仕事に充実感を覚えている知人もいました。

また、「給料が安い」というのも辞めたい理由の一つです。

確かにそうかもしれませんが、公務員は定年後も手厚い年金がもらえます。

民間企業と違って身分が安定していますし、倒産することもないでしょうから、贅沢ですよね。

しかし、公務員であれば、定年後に手厚い年金を受け取ることができます。

やむを得ない理由は、人間関係に疲れているからです。

10時のおやつの取り分けを手伝わなかったために、仲間はずれにされた」というような話を聞いたことがあります。

私の友人の地方公務員は、職場でのいじめが原因で統合失調症になってしまいました。

また、地方公務員が職場でのいじめが原因で統合失調症になり、人間として立ち直れなかったというひどい例もあります。

転職すると自分の好きなタイプの仕事を選ぶことができます。

民間企業に勤めていると、自分の好きなタイプの仕事ができる可能性が高い。

日勤や夜勤など勤務時間が区別されている会社に転職すれば、自分の好きな時間に働くことができます。

また、副業ができる会社の正社員に転職すれば、余暇を利用して副業のアルバイトをすることもできます。

公務員を辞めても、新しい仕事を選ぶことで、生活環境に合わせて働く環境を整えることができると言えます。

高い目的意識を持って働ける

民間企業に転職すると、個人のスキルやパフォーマンスが評価されるため、より高い目的意識を持って働くことができます。

民間企業では、社員が利益を上げることを最終目的として協力し合うため、社員のモチベーションや達成感が高まる傾向にあります。

そのため、目標達成のための努力が必要な民間企業では、仕事にやりがいを感じることができるでしょう。

転職しても民間企業になじむのは難しい

結局、この問題を解決するには、公務員を辞めるしかないのです。

私は、このように考えています。

どうすればいいのかわからないですよね。

仮に民間企業への転職に成功したとしても、仕事のスピードや同年代の他の社員が身につけている技術や知識にはついていけないでしょう。

また、公務員の態度は民間企業のそれとは異なります。

また、公務員の姿勢は、民間企業のビジネス感覚とはかなり異なる場合があります。

また、公務員の態度は民間企業のビジネス感覚とはかなり異なることがあり、民間企業の社員とのコミュニケーションが難しくなるというリスクもあります。

では、どうすればいいのか。

まず、公務員以外の収入源を確保することが大切です。

最初は、アルバイトから始めてもいいでしょう。

十分な収入が得られると感じたら、仕事を辞めるかどうかを決めればいいのです。

このような生き方は、つまらない仕事から目をそらすだけではありません。むしろ、

無限に広がる開拓地が自分の未来にあることに気づくでしょう。

あわせて読みたい