会社(仕事)を辞めたい

脱サラ起業で成功しやすい人の特徴!おすすめ職種&資格とは?農業は厳しい?

脱サラの、その意味とは?

端的にいうと「サラリーマンを辞めて、自分のビジネスや商売を始めること」です。

これには2つの方法があります。

一つは、職業を変えて独立することです。

もう1つは資格を取得して独立する方法です。

脱サラに適した資格とは?

医師、弁護士、税理士、司法書士、行政書士などの国家資格から、様々な種類の資格があります。

また、簿記検定やデジタル技術検定などの公的資格もあります。

また、民間団体や個人が設立した情報処理技能検定や臨床心理士などの民間資格もあります。

ここで注目したいのは、民間資格です。

たとえば、損害保険業界では、実質的に独占的な資格が存在します。

一方で、資格講座を提供している会社の中には、いわゆる「資格商法」を行っているところもありますので、十分に注意が必要です。

ちなみに、「資格商法」とは、社会的評価のない独自の資格を「就職・転職・独立に有利」という謳い文句で取得させる商売のことです。

これらは、内容があまり良くないのに、高い教材費を払わせるビジネスです。

社会人から抜け出すために国家資格や公的資格を取得しようと思ったら、信頼できる会社を選ぶ必要があります。

それを踏まえた上で、脱サラして独立するための資格とは、業務独占資格として認められている国家資格が一番でしょう。

代表的な資格は以下の通りです。

弁護士
弁理士
公認会計士
税理士
司法書士
社会保険労務士
行政書士
宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者

しかし、これらの資格を取得しても、独立するまでには、見習いとして何年も実務経験を積む必要があります。

脱サラに向いている仕事とは?

免許を取るよりもずっと簡単なことは?

例えば、アフィリエイトやYouTuber、クラウドソーシングの在宅ワーカーなどになって、副業から本業へと徐々に移行していくのです。

アフィリエイトで成功すれば、月に50万円から100万円の収入を得ることができます。こ

れはお金を稼ぐのに最適な方法です。

起業して成功する人と失敗する人の違いはどこにある?

端的に言うと、成功する人には共通点があります。

それは自分の哲学や理念を持って起業する人。

反対に失敗する人の共通点は、思いつきで起業し、成功者の真似をして簡単に儲けようとすることです。

成功する起業家の資質

起業家として成功するために必要な資質としては、以下のようなものが考えられます。

強い意志

物事を成し遂げるために必要なことは何でもするという不屈の精神を持つ。

頑固とは違い、徹底的に調べて行動することが必要である。

また、常に客観的に物事を見ることができます。

時には、状況に合わせた対応ができることを意味します。

ポジティブシンキング

これができる人は、ちょっとした挫折もポジティブな経験ととらえ、新しいことに挑戦する意欲を持っています。

当然、何事にも積極的に行動できるようになるのです。

意思決定が早い

ペースの速い現代社会では、ちょっとした意思決定の遅れが、ビジネス上の大きな損失につながることもあります。

迷走して他の会社や人に仕事を奪われないためにも、素早い決断ができることが重要なのです。

失敗から学ぶ

成功した起業家のすべてが、最初から利益を上げているわけではありません。

彼らは皆、試行錯誤しながら成功への道を歩んできたのです。

ですから、失敗を忘れるのではなく、なぜ失敗したのかを考えたり、むしろ、なぜそうなったのかを考えて、次の改善のきっかけにするべきです。

成功した起業家のスキル

起業して成功するために必要なビジネススキルをまとめました。

オンリーワンの製品やサービスを考え出すスキル

今の世の中には、たくさんの商品やサービスがあります。

成功するためには、誰もやっていないことを考える力が必要です。

まだ誰もやっていないこと、自分にしかできないことを始める必要があります。

マーケティング力

たとえ、まだ誰もやっていないこと、自分にしかできないことをやっていても需要が無ければ意味がありません。

「売れるはずだ」「売らなければならない」といった結論は、必ず失敗につながります。

自分のサービスが誰に向けられているのか、どれくらいの需要が見込めるのかを知る必要があります。

もちろん、最低限のマーケティングが必要なのは言うまでもありません。

お金を管理するスキル

ここでいうお金の管理とは、金融や会計のことではありません。

収入がいくらあって、支出がいくらあったのか、という現金の流れを把握する能力です。

つまり、キャッシュフローを把握する能力が求められるのです。

底なし沼を持ち続ける起業家は、いつか必ず失敗します。

まずは、創業資金を会社以外の収入源から確保すること。

この資質・能力を身につける前に

これらの資質やスキルを身につける前に、前提条件があります。

言うまでもなく、起業するためにはお金を貯める必要があります。

もちろん、給料やボーナスを貯めて起業に投資するのは正当な方法です。

しかし、さらに良いのは、スタートアップのために会社以外の副業をすることです。

日常生活での出費や消費財の購入などで、起業のための資金を確保するのは容易ではありません。

給料やボーナスから起業資金を捻出するのは難しいかもしれません。

そんな時は、会社以外の収入源を作り、その収入を起業資金に充てるべきでしょう。

会社以外に収入源を作り、その収入を起業資金に充てた方がよっぽど効率的だと思います。

農業企業で田舎暮らしはそんなに甘くない?

経済新聞の調査によると、20~30代の若者の半数近くが「田舎暮らし」に憧れているそうです。

その中で、「田舎暮らし=農業」と思っている人も多いのではないでしょうか。

実際、ボイスノート誌の調査では、「農業」と答えた人は16%を超えています。

では、田舎暮らしは本当に魅力的なのでしょうか?

憧れだけで始めると痛い目に遭う

脱サラして田舎に住み、農業と読書の毎日。

これはスローライフの典型的な例です。

しかし、田舎での農業はそう簡単ではありません。

憧れだけで農業を始めてしまうと、とんでもない失敗をしてしまいます。

田舎で農業を始めようとする人が陥る失敗には、次のようなものがあります。

農地がなかなか見つからない
そもそも農業の知識や経験がない
作物の売り方がわからない
農場が安定するまで収入がない

考えてみれば、とても合理的なことばかりですが、しかし、田舎に憧れて田舎暮らしを考えているだけだと、これらの問題を見過ごしてしまいがちである。

一番失敗するのは、安易な気持ちで農業を始める人です。

例えば、農地や農機具を導入するには、時間もお金もかかるし、販路を確保するのも大変なことです。

また、「農業後継者育成資金で農機具を購入したが、結果的に大きな借金を抱えてしまった」というケースもあります。

このような問題を解決するためには、まず田舎暮らしを始める場所として、自治体や農協に問い合わせてみることが大切です。

自治体や農協が他地域からの就農者を歓迎し、十分な支援体制が整っている地域を選ぶことが必要です。

新規就農者への土地の貸し出し、現地での農業指導、販路開拓の支援などが地域全体で期待できる地域であれば、このリスクをある程度軽減することができるでしょう。

そのためには、十分な資金を用意することが必要です

農業経営が安定するまで収入がないという問題については、十分な自己資金を準備することが重要です。

この問題を避けるためには、脱サラする前に十分な自己資金を用意しておくしかありません。

仕事を始めるときには、当面の生活費に加えて、以下のようなお金が必要です。

当面の生活費に加えて、最低限の機械や、肥料や農薬などの資材を購入する必要があります。

また、農業の場合、収穫量は天候に左右されますし、出荷時の市場価格も収入に影響します。

だから、もしあなたが十分なお金を持っていなければ、あっという間に廃業してしまい、田舎での農家生活は完全に失敗に終わってしまうでしょう。

社会人を辞める前に、会社以外の副収入で自分を支えられるだけの資金があるかどうかを確認してください。

会社以外に十分な収入源があれば、趣味で田舎暮らしをすることができます。

あわせて読みたい