会社(仕事)を辞めたい

新卒だけど「仕事が辛くて辞めたい」は甘え?すぐ辞めるべきなのか

最近、「こんなはずじゃなかった!」と、会社を辞めたくなったことはありませんか?

そんな気持ちになったことのある人はたくさんいると思います。

それも無理はありません。

インターネット調査会社マクロミルの調査によると、新卒者の実に3割が「会社を辞めたいと思ったことがある」と答えています。

「滅私奉公」の経営姿勢が新卒者の芽を摘む!

ハラスメントやセクシャルハラスメントを受けたことがある方。

サービス残業が多すぎる。

など、辞めたい理由はいくつかあるでしょう。

会社側は「社会人なら、それくらい働いて当たり前」と言うかもしれません。

しかし、新卒者の3人に1人近くが会社を辞めたいと言っているのですから、問題は会社にあると言っても過言ではありません。

なぜ、会社はこのような無謀なことを課すのでしょうか?

答えは、社員を消耗品だと思っているか、やりたくないことをやらせないと経営が成り立たないということだと思います。

いずれにしても、その根底にあるのは、会社と従業員が主従関係にあるという前時代的な考え方です。

加えて、会社側には経済の弁として非正規労働者を増やすという都合もあります。

会社が労働者に対してどれだけ理不尽なことをしているか。

新卒で会社を辞めたいと思っている人は、その理不尽さを真っ先に感じているはずです。

強いストレスに耐え続けると、うつ病になってしまうことも…。

人間関係の悪化や厳しい仕事などで強いストレスを抱えていると…。

「新卒だから仕事を辞めたいと思うのは甘えだ。」

「新卒だから、まだ何もわからない。」

自分が何をしているのか、まだわからないだけです。

うつ病になると、腹痛や頭痛などの体調不良に悩まされます。

うつ病になってしまうと、たとえ仕事を辞めることができたとしても、うつ病の治療には多くの時間とお金が必要になります。

早期退職のは軌道修正がしやすいというメリットがある

20代であれば、まだまだ他の業界にチャレンジしやすいですし、社会も受け入れやすいでしょう。

世の中には第二新卒者を求めている企業が一定数あるからです。

漠然とした将来像ではなく、具体的な将来像を持って軌道修正することができれば、転職後もキャリアを継続しやすくなります。

会社を辞める前にバックアッププランを用意しよう

新卒で仕事を辞めたいと思っても、簡単には辞められないのではないでしょうか。

キャリアへのダメージ、収入の減少、辞めた理由をどう説明するかなど、心配する要素はたくさんあります。

心配する要素はたくさんあります。

これらは確かに妥当な心配ですが、しかし、仕事を辞めたいと思っている新卒者にとって、さらに心配すべきことは転職に成功したとしても、その会社がまだ良い会社だとは限らないということです。

徹底した業界研究や会社説明会で多くの情報を得られた就職活動の時代に比べて転職市場で得られる企業の情報は、ウェブ上に掲載されている募集情報だけということも珍しくありません。

だからこそ、今の仕事を続けながら転職活動をするためのバックアッププランを導入することをお勧めします。

例えば、人材紹介会社に登録して、新しい仕事を探すという方法があります。

例えば、人材紹介会社に登録して、自分に合った仕事を紹介してもらうという方法です。

また、独立の可能性を探ることもできます。

その中でも、最も理想的な方法は、言うまでもなく独立です。

なぜなら、独立すれば、無理なノルマや残業、嫌な人間関係に悩まされることはないからだ。

成功すれば、理不尽なノルマや残業、不快な人間関係に悩まされることはありません。

 

あわせて読みたい