仕事が辛い

仕事のストレスで涙が止まらない!限界!辞めてしまいたいと思った時の対処法

仕事でストレスがたまり、涙が止まらなくなったとき、突然、過換気症候群に陥ることがあります。

この発作は、直接命を脅かすものではありませんが、放置しておくと、発作が悪化して倒れてしまうことがあります。

泣くことも過呼吸発作の引き金になります

過呼吸発作は、緊張や不安、恐怖などの精神的ストレスが引き金となって起こります。

仕事で常にストレスを感じている人は、いつでも過呼吸発作を起こす可能性があります。

また、過呼吸発作は、涙が止まらないときにも起こります。

精神的に不安定になることに加え

泣くことで呼吸中枢が刺激されるとも言われています。

過呼吸発作にはいくつかの症状がありますが、日本呼吸器学会によると、代表的な症状としては

息苦しさ
動悸や頻脈
手足のこわばり
口の周りや四肢のしびれ
めまい

などがあります。

より深刻なケースでは、痙攣や失神が起こり、さらに「二酸化炭素濃度が過度に低くなることにより、呼吸が停止することがあります。

過呼吸発作の緊急時の対処法を知りたい

「過換気発作」の場合は、仕事のストレスで涙が止まらなくなることがあります。

倒れてしまうほどの「過呼吸発作」が起きた場合、どのような緊急措置をとるべきでしょうか?

ゆっくり呼吸する

過呼吸発作が起きているときは、酸素が足りていないどころか、二酸化炭素も足りていません。

このバランスをとるために、ゆっくりと呼吸をすることをおすすめします。

腹式呼吸

上記の方法のバリエーションの一つで、腹部を伸縮させることで横隔膜を上下させる方法です。

様々な健康法と結びついています。

また、常に意識することで他の健康効果も期待できます。

紙袋法を試す

紙袋法とは、大きな紙袋を口に当てて、袋の中の空気を吸ったり吐いたりする方法です。

注意点としては、長時間行うと低酸素症になる危険性があることです。

これは医学的に推奨される治療方法ではありません。

これらはすべて応急処置であり、過呼吸発作で倒れてしまった場合は、できるだけ早く病院に行って診察や治療を受けてください。

まずは涙が止まらない原因となるストレスを解消することが大切

その前に、涙が止まらないことが過呼吸発作の引き金にならないようにすることが大切です。

一番大切なのは、過呼吸になって倒れないようにすること。

そのためには、仕事のストレスを軽減する必要がありますね。

しかし、ストレスを抜本的に解消するのはなかなか難しいものです。

しかし、ストレスを徹底的になくすことは非常に難しい。なぜなら、仕事のストレスは会社に所属している限り、必ずついて回るからです。

会社を辞めなければ、ストレスから解放されることはありません。

では、どうすればいいのか。

一番いいのは、会社に頼らず自分の力でお金を稼ぐ方法を身につけることです。

経済的に自立することができれば、ストレスの多い仕事とは必ず別れを告げられます。
それが一番の解決策です。

そもそもストレスとは何か?

外部からの刺激に対する心と体の反応のことです。

社会の一員として、仕事でストレスを感じるのは当然のことです。

しかし、同じストレスでも、受け手の生物学的条件によって、良いストレス(eustress)にも悪いストレス(distress)にもなります。

良いストレスと悪いストレス

カナダの生理学者であるハンス・セリエによると、良いストレスは次のようなものです。

お風呂やシャワーを浴びる
熟睡・良質な睡眠
美味しい食事と軽い飲酒
成功感、達成感、満足感

悪いストレスの代表例は

厳しい寒さや暑さ
不眠症
過食、飢餓
失敗、うつ病、破産

その他、良くも悪くもなるストレス要因としては

運動(エクササイズ)
仕事やノルマ

などがあります。

つまり、仕事でストレスを感じているということは、仕事のストレスが悪い方向にシフトし、極限まで高まっているということです。

具体的にはどんなストレスが良い&悪い?

例えば、何かを成し遂げたいという目標がある場合、新しいことへの挑戦には必ずストレスが伴います。

また、仕事での充実感や達成感は、適度なストレスがあってこそ感じられるものです。

ストレスが全くないと、脳が鈍くなり、体の機能も哀れになってしまいます。

定年を迎えて社会的なストレスから解放されると、急に老け込む人が多いのはよくある話です。これらは、良いストレスの影響です。

一方、そのストレスが自分ではコントロールできないものであったり、その状況が慢性的で苦痛を伴うものであったりすると、それは悪いストレスとなります。

一方で、ストレスが自分でコントロールできないものであったり、状況が慢性的なものであったりすると、悪いストレスになることもあります。

同じ量のストレスであっても、その捉え方やコントロールの仕方によって、良いストレスにも悪いストレスにもなります。

限界を迎える前に、ストレスと上手に付き合う方法

仕事のストレスへの対処法はいろいろありますが、代表的なものとしては

こまめに休憩をとる
ストレスの内容を書き出し、自分の気持ちを整理する
趣味やスポーツなどをしてストレスを解消する
心に余裕を持って仕事をする
問題を解決するために根本的な対策をとる

以上、ほんの一例をご紹介しました。

しかし、結局、上記の方法では、一時的な効果しか得られません。

これは、ストレスを限界まで溜め込みやすい人が

真面目で責任感の強い人
繊細な神経の持ち主
人からの頼みごとを断ることができない

といった、真面目で責任感が強いという傾向があるからです。

このタイプの人は、何事も完璧にこなさなければならないと自分を追い込み、それがまたストレスの原因となります。

これもストレスの原因です。他人の行動を気にして、「自分ならこうするのに」と言ってしまうのです。

これは、自分自身のストレスを増やすことにつながります。

あるいは、「ノー」と言えないために、さらにストレスが溜まってしまう。

その結果、負のスパイラルに陥ってしまうのです。

このような性格の人は、対症療法ではストレスを解消することができません。

だから、仕事でストレスを感じて辞めたいと思った時には、根本的な解決策をとるしかありません。

具体的には、転勤を願い出たり、転職したりすることです。

さらに効果的なのは、会社以外の収入源を確保することです。

いつでも仕事を辞められる経済的な状態になれば、限界を感じる仕事の悪いストレスにも対処できるようになります。

いつでも仕事を辞められる経済状態であれば、限界を感じる仕事の悪いストレスを、前向きに乗り越えられる良いストレスに変えることができます。

あわせて読みたい