仕事が辛い

仕事のストレスで体調不良に!?眠れない・不眠症・吐き気・頭痛・胃痛の対処法とは?

ストレスが多くの病気を引き起こすことはよく知られた事実であり、精神的な疾患だけでなく、様々な内臓疾患を引き起こすこともあります。

もし、あなたが仕事のストレスで体調不良を感じていて、吐き気、蕁麻疹、頭痛、腹痛などが起きた場合、それは自然な症状です。

ストレスの段階と解決策

仕事のストレスに対する反応には、さまざまなレベルがあります。

ストレス反応にはいくつかのレベルがあり、誰もが感じる軽度のものから、あなたが経験しているような明らかな身体的問題を引き起こす重度のものまであります。

誰もが感じる軽度の症状

日曜日の夜、次の日の仕事のことを考えると憂鬱になってくる。

朝、会社に行くときに、「災害が起きて会社に来なくてもいいのでは?」なんて考える。

これは「サザエさん症候群」や「ブルーマンデー症候群」と呼ばれている症状です。

このような気持ちを持っていても、あまり苦にならずに出勤することができます。

しかし、あまり痛みを感じずに出勤できているのであれば、まだ大丈夫だと思います。

少し注意が必要な症状

朝、起きるのがつらい。
無理して出勤しても、帰ることばかり考えてしまう。
仕事や人間関係で、いつもイライラしたり悩んだりしている。

そろそろ具体的なストレス解消法を実践してみてはいかがでしょうか。
一休みして、仕事をしましょう。
休みを取って仕事をし、できるだけ快適に仕事ができるように周囲の環境を整えることです。
ストレスが深刻な問題になる前に、可能な限りストレスを解消するようにしましょう。

限界の一歩手前の状態

仕事のことが気になって眠れない。

寝ても悪い夢を見る。

食欲が全くない。

このような症状が出ている場合は、ストレスが溜まっている証拠です。

いろいろなストレス解消法を試してみるのもいいですが、そろそろ転勤の申請や新しい仕事を始めるなど、根本的な解決策を見つけてみてはいかがでしょうか。

ストレスの限界を感じたときの症状

食欲がない、無理しても食べられない。

吐き気がする。頭痛や腹痛。

体の重さ、だるさ。蕁麻疹が出る。

これらの身体的症状は、あなたが抱えているストレスが限界に達していることを示しています。

言い換えれば、あなたの体が現在のライフスタイルを拒否しているということです。

この場合、小手先の対症療法では十分ではありません。

抜本的な解決策が必要です。

転勤や転職活動をするのもひとつの方法です。

しかし、会社に頼るのではなく、自分の力でお金を稼ぐのが一番です。

異動の申請をしても、100%の回答が得られるとは限りません。

また、新しい職場でも同じようなストレスに押しつぶされないという保証もありません。

自分の力で会社を辞めるしかありません。

それよりも、自分の力で会社の枠を飛び出し、仕事でストレスを感じない生活を目指す方が良いでしょう。

今の時代、会社が一斉に「病気です」と言っても通用しません

だから、1日も休めない。そして、心の中の罪悪感からくるストレスで、心は荒れ、体は悪くなる。体調を放置したままストレスを抱えて仕事に行く。

では、これはどういうことでしょうか?

そうなんです。ちょっとした体の不調でも、見過ごせば大変なことになります。

腹痛は胃炎や腸炎の原因にもなります。

今の時代は、自分に対しても世間に対しても、「病気」という言葉を軽んじています。

病気とは、れっきとした病気です。この病気と日々付き合っていくという現実を、自分で直視したほうがいいと思いませんか?

今抱えているストレスが、現実の取り返しのつかない健康問題になる前に、自分を解放する方法を知っておく必要があります。

仕事のストレスで眠れない!?

とある調査会社のデータによると、「ストレスで眠れなくなったことがありますか」という質問に対して、約半数の方が「はい」と答えています。

長期間にわたって眠れない状態が続くと、集中力や判断力が低下したり、ミスが頻発したりと、仕事に悪影響を及ぼすだけではありません。

持続的な疲労感や倦怠感など、身体的な不調を引き起こすこともあります。

前日リズム睡眠障害で眠れない場合の対処法

仕事のストレスが原因で眠れない場合の睡眠障害には2つのタイプがあります。

日頃から仕事に振り回されているストレスが原因で眠れない場合。

日内リズム睡眠障害の場合です。

これを解決するには、以下のことが必要です。

朝、20分以上日光を浴びる。
日中、軽い運動をする。
夜10時以降はパソコンやスマホを使わない。
午後10時以降の仕事や考え事を控える。
夜はカフェイン入りの飲み物を控える。
これらはほんの一例に過ぎません。

しかし、これらの対策を実践しても一向に良くならないという場合は専門医を受診して治療を開始する必要があります。

不眠症で眠れない場合の対処法

一方、同じように「眠れない」という悩みを抱えている方は、以下のようなことが考えられます。

入眠障害:ベッドに入ってから30分~1時間以上寝付けない
途中で目が覚める。眠りについた後、夜中に何度も目が覚める
早朝に目が覚める。早朝覚醒:起床時間よりかなり早く目が覚め、その後眠れない
熟睡障害:眠りが浅く、熟睡感が得られない。

これらの症状に当てはまる方は、仕事のストレスが原因で不眠症になっている可能性があります。

このような場合、すぐにできる対処法は以下の通りです。

就寝時間と起床時間を一定にする

体内時計のリズムを一定に保つために、

平日はもちろん、休日も同じ時間に寝て、同じ時間に起きることを習慣にしましょう。

適度な運動をする

適度な肉体的疲労によって入眠を促す方法です。

軽く汗をかく程度の運動がよいでしょう。

寝酒を避ける

アルコールの摂取は、眠りを浅くします。
寝酒の習慣があると、耐性がついてしまい、過剰に飲んでしまう可能性があります。

ぬるめのお風呂に浸かる

体をリラックスさせる効果があります。

適度な疲労感が得られるので、リラックス効果も期待できます。

寝る前に脳を刺激しないようにする

寝る直前までパソコンをしたり、スマホを見たりしていると、脳が刺激されたままになり、入眠を妨げることになります。

寝る数時間前にはそれらを遠ざけて、脳を休ませましょう。

改善が見られない場合は、専門医を受診してください。

“睡眠 “を義務化してはいけません

適切な睡眠時間は、人によって異なります。

日中に眠気を感じなければ、自然な睡眠は十分に取れています。

一度横になってみて、眠気を感じなかったり、目が冴えたりする場合は、ベッドから出たり、布団に入ったりしてみましょう。

我慢して横になっていると、不眠症が悪化したり、熟睡感が得られないなどの不眠現象が起こることが知られています。

睡眠リズムを改善するためには、前日の睡眠時間にかかわらず、できるだけ体を動かすことが有効です。

このような対策をしても、まだ仕事のことが頭から離れない時

それでも眠れず、重度の不眠症に悩まされているのであれば、すぐに専門医を受診してください。

すぐに専門医を受診してください。

仕事のストレスによる不眠症を放っておくと、次はうつ病になってしまいます。

そうなる前に、一刻も早く受診して、適切な治療を受ける必要があります。

また、ストレスの多い仕事を一刻も早く辞めるためには、収入を減らすための他の方法を探すことも重要です。

ストレスの多い仕事を一刻も早く辞めるためには、他の収入源を探すことも重要です。

あわせて読みたい