メンタル・思考

職場の人間関係に疲れた時の改善する方法&対処法とは?

「人間関係に飽きた」と思ったことはありませんか?

人間関係に嫌気がさしてしまうことは、特に仕事ではよくあることです。

仕事を辞めてしまう理由のほとんどは、人間関係の問題が原因のようです。

会社で働いているのであれば、人間関係を大切にすることはとても大切なことです。

しかし、時には自分の価値観を共有していない人と付き合わなければならないこともあり、それがストレスの原因になっているかもしれません。

もしかしたら、会社ではそういった場面が多いので、人間関係に疲れてしまうのかもしれませんね。

そこで今回は、仕事上の人間関係に疲れないように、適度な人間関係を築けるような対処法や人との付き合い方をご紹介します。

人間関係に疲れてしまうのはなぜ?

ネットで人間関係を検索してみると、「人間関係に飽きた」「めんどくさい」などの言葉が出てきます。

人間関係を中心とした悩みが非常に多いようです。

そもそもなぜ人間関係に疲れてしまうのか、疑問に思ったことはありませんか?

家族以外の人と交流している時の普段の自分と、家庭での自分を比較してみてほしいのです。

人と接するとき、私たちは緊張状態にあります。

たとえ親しい友人であっても、私たちは無意識のうちに警戒心を持っています。

特に職場では、同僚や上司に嫌われないように、どう接したらいいのかを考えなければなりません。

いつも以上に緊張感のある状態になってしまいます。

そうなると、ストレスが溜まってしまい、人間関係に疲れてしまう可能性があります。

そこで、気をつけるべきことをご紹介します。

人と接するときには、ストレスや緊張感には事欠かないものです。

正直なところ、このストレスや緊張感を全て取り除くのは難しいです。

なので、これから紹介する人との付き合い方で、このストレスや緊張と上手に付き合ってみてください。

仕事の人間関係に疲れた時の人との付き合い方

人間関係に完璧を期待しないようにする

結局のところ、理想と現実が違うと人はストレスを感じます。

特に人間関係で疲れれば疲れるほど、人は無意識のうちに完璧を求めてしまいます。

相手に期待しすぎたり、期待通りの対応をしてくれなかったりすると、ストレスが溜まってしまいます。

あれだけやったのに、これだけやったのに。

と心のどこかで思っているはずです。

おそらくあなたは無意識のうちに、自分が与えたものと同等かそれ以上の見返りを期待しているのでしょう。

このようなマインドセットがあると、良い人間関係が築けず、人間関係に疲れてしまうことがあります。

しかし、人それぞれ反応が違うので、期待に応える人もいれば、そうでない人もいます。

人間関係に限らず、何事にも完璧を期待するのは難しいですよね。

特に人は性格や感情が違うので、自分が思っているような相手ではなかったということもよくあります。

なので、相手に期待しすぎたり、完璧を期待するのはやめて、7割程度にしてみましょう。

仕事で友達を作ろうとは考えていません

仕事を通して、友達のような親しい関係がありますよね?

それはそれでいいのですが、それはあくまでも職場での同僚関係です。

同僚というのはあくまでも仕事上の関係です。

友達と混同されてしまうと、自分と相手との適度な距離感を保つことができなくなってしまいます。

逆に、同僚の関係をよく理解していれば、それはあくまでも仕事のための関係であることが理解できるでしょう。

学生の時はそういった目標はあまり気にせず、自然と仲良くなれるのですが、職場での人間関係はチームワーク、同僚関係なので、仕事中心の関係で接する必要があります。

そうすれば、職場の学生のように親しみを持って接することもありませんし、適度な距離感を保ちながら関係性に飽きることもありません。

ですから、職場で友達を作ることを考えすぎるのではなく、仕事を通して良い人間関係を築くことを考えてみてください。

誠実に仕事をしましょう

どんなに頑張っても、みんなに好かれようとするのは難しいです。

全ての人と性格が合うわけではありません。

些細なことで誰かに好意を持ってもらえないこともあるでしょう。

そんな時でも、素直に素直に仕事をしましょう。

自分の仕事をしっかりやれば、自然と周りの人からの評価も高くなります。

誰かに悪いことをされた時、一番悪いのは相手と同じ立場になることです。

周りの人のことを気にしないようにする

人間関係で疲れてしまう原因の一つに、周りの人のことを気にしてしまうことが挙げられます。

特に仕事では、他人との争いは少なからずあるでしょう。

“あの人には負けたくない “とか “誰よりも早く結果を出したい “とか。

このような葛藤や他人との比較は、自分のモチベーションを上げたり、闘争心に火をつけるのには良いのですが、実は疲労の原因にもなります。

仕事上の人間関係でライバル関係があると、毎日のようにそのことを考えてしまい、ストレスや不安に悩まされてしまいます。

そもそも、仕事で一番大切なのはチームワークです。

会社はお金を稼ぐための場所と勘違いされがちですが、会社にはもう一つの意味があり、社会に貢献するという意味があります。

チームで仕事をして、人の役に立つ商品やサービスを開発する。

これが仕事のあり方だと思います。

誰かに戦ってもらいたい、誰かに褒めてもらいたいというのは、ただの自己満足です。

ですから、職場に落ち度があると思う前に、自分にその闘争心がないかどうか、自分自身を見つめ直してみるといいでしょう。

そして、周りのことを気にしすぎず、自然体でいるようにしてみてくださいね。

少しの距離を置くようにする

人間関係に飽きてきたら、その人と少し距離を置いてみるのもいいかもしれません。

しかし、仕事の関係であれば、なかなか距離を置くことができずに悩んでしまいますよね。

そういう場合は、「仕事だけの関係」として割り切ってみてください。

仕事のための付き合いだと思ってください。

仕事帰りに飲みに誘われても「断る」だけにしておきましょう。

何事にも「疲れた」時に必要なのは「休憩」です。

人間関係に疲れたら、少し時間を置いて疲れを取りましょう。

人付き合いのしすぎが人間関係の疲れの原因になっているのではないでしょうか。

そんな時は、無理をせずに距離を置くようにしましょう。

二人の間に適度な距離感

人間関係に疲れるというのは、仕事だけでなく、プライベートにも言えることです。

学生時代の友人との距離が近くなると、人間関係に疲れてしまうことも珍しくありません。

今の時代はSNSでのコミュニケーションが可能なため、24時間誰かと連絡を取り合うことが可能になっています。

その過剰なまでの人との接触こそが、人間関係に疲れてしまうのではないでしょうか。

それは仕事でも同じです。

会社に勤めている人であれば、毎日のように職場の人と顔を合わせているのではないでしょうか。

飲みに誘われることも珍しくありません。

それを毎日繰り返していると、どうしても疲れてしまいますよね?

確かに職場の人間関係は大切です。

でも、疲れてしまうほどの扱いをする必要はありません。

職場での接し方と私生活での接し方がごっちゃになってしまう人もいますよね。

飽きてしまわないように、職場での人間関係はほどほどにしておいてもいいと思います。

そのためには、仕事でもプライベートでも適度な距離感を保つようにしましょう。

相手に期待しすぎないようにしましょう

相手に期待しすぎて疲れてしまったり、自分の思い通りにならなかったりすると、相手に何かを期待してしまいます。

人間関係に疲れてしまうと、相手に期待することがあるのかもしれません。

自分の理想を相手に当てはめて、その見返りに何かを得られると信じているようなものです。

期待通りの反応が得られなかった時にストレスが生まれるのだと思います。

例えば、自分が丁寧に教えた仕事を期待通りにできない部下がいたとしたら、「どうしてこの人は自分が教えたことを理解してくれないのだろう」とイライラしてしまうのではないでしょうか。

なぜ私が教えたことを理解してもらえないのか?と。

逆も同様で、相手の期待に応えようと必死になるのはストレスになります。

ですから、期待して期待に応えるのは良いことですが、期待しすぎず、適度に抑えておきましょう。

まとめ

今回は、仕事で人間関係に疲れている人に役立つ社交辞令や対処法をご紹介しました。

職場での悩みといえば、たいていは人間関係が関係しています。

社会人であれば、家にいる時間よりも仕事場にいる時間の方が長いでしょうから

人間関係に疲れてしまうのはわかります。

でも、それを理由に仕事のやる気をなくしてしまったり、辞めてしまうのはもったいないですよね。

あなたがその仕事をしようと決意したのは、あなたがその仕事をやりたいという気持ちが十二分にあるからだと思います。

なので、人間関係をできるだけ重視せず、その仕事への熱意を損なわないように対処するようにしましょう。

職場の環境を変えるのは難しいことですが、自分を変えることは誰にでもできます。

人間関係に疲れない方法を身につけておけば、仕事上の人間関係でイライラすることはありません。

今回書いた記事が参考になれば幸いです。

この記事にはコチラもおすすめ↓
≫人間関係がめんどくさい時の8つの対処法!仕事や職場&社内で使おう!

≫文句ばかり言う人の対処法&職場や仕事で愚痴をこぼす心理と聞き方とは?

あわせて読みたい