奥手の恋愛

恋愛での嫉妬心をなくす6つの方法!片思いや夫婦&恋人への嫉妬を失くす!

片思い中の人でも、彼氏でも、旦那さんでも、嫉妬は誰にでもあるものです。

ちょっとした嫉妬は可愛いものですが、それが行き過ぎると良くないですよね。

今の関係を悪くするようなことをしたいと思う人はいないでしょう。

それは十分に承知しています…。

でも、嫉妬というのは無意識のうちに出てくるものです。出てくる嫉妬の存在は、その気持ちを相手に八つ当たりしなくても、自分を苦しめる原因になります。

この嫉妬心が恋愛関係の破局の原因になることもあるので、そのような状況にならないように気持ちを切り替える必要があります。

そこで今回の記事では、嫉妬心を解消する6つの方法をご紹介します。

嫉妬心をなくすための6つの方法とは?

嫉妬は、恋愛でも仕事でも私生活でも、人間関係に深く関わる感情です。

しかし、嫉妬に囚われてしまうと、自分の価値を見失ってしまうこともあります。

そこで今回は、嫉妬に囚われてしまった時の対処法と、嫉妬から解放される4つの方法をご紹介したいと思います。

話をしっかりと聞きましょう

いい人は異性から好かれるだけでなく、同性からも好かれます。

彼らに共通しているのは、何事にも前向きに考え、相手の気持ちを汲み取ろうとしながら話をすることです。

これは相手の気持ちを良くするだけでなく、その場の雰囲気を良くすることにもつながります。

このような行動が自然と出てくるのは、協調性を大切にしながらも、自分のことは自分であるという意識が強いからです。

自己中心的で押し付けがましい人とは違い、相手の話を積極的に聞いてくれるので、誤解がなくなります。

自分の話ばかりして相手の話を聞かないのであれば、会話をしていないのと変わりません。

会話は相手のことを知るために必要不可欠なものであり、思い込みで誤解を招くようなことがあってはいけません。

そのためにも、相手の話を聞いて会話をすることが大切です。

日々の不満に目を向けましょう

嫉妬や独占欲の心理には、日常生活での不満の心理も含まれています。

男性と恋人として付き合っていると、日常生活の中で様々な不満を感じることがあるでしょう。

なぜ彼はもっとあなたに愛情表現をしてくれないのか、なぜもっと優しくしてくれないのか、なぜもっとあなたに迷惑をかけてくれないのか……。

実はこのような心理が不安に変わりやすいのです。

この不安への変化が男性への独占欲や嫉妬につながるので、日常生活で男性に不満を持つことが多い人は、男性に嫉妬してしまう傾向があります。

このような心理は誰にでもあることですが、必ずしも誰もが嫉妬心を持っているわけではありません。

日頃の不満を男性に伝えることができず、自分の中で抱え込んでしまう人は嫉妬心を生み出してしまうことが多いので、注意が必要です。

愛情に頼らないこと

「あなたがいないと生きていけない」というのは、映画やドラマに出てくるようなもので、本当にそんな風にパートナーに依存していたら、今の自分のような人生を送れないかもしれません。

恋愛というのは、人間関係の中に含まれる感情の一つです。その感情に支配されてしまうと、恋愛関係を失った途端に喪失感や絶望感に襲われてしまいます。

恋愛においても自立はとても大切なことなので、自分のためにも相手のためにも自分磨きを怠らないようにしましょう。

人間は成長するたびに視野が広がり、視野が変わっていきます。恋愛ばかりに気を取られて自分磨きを怠っていると、いつの間にか周りの人も成長してしまいます。

それが原因で本当に自分を卑下するようになってしまい、自分を卑下するようになってしまうのです。恋愛以外でも、自分が熱中できる趣味などを見つけましょう。

自分の弱さと向き合う

人間関係での嫉妬を止める方法は、自分の弱さと向き合い、自分の気持ちを素直に受け入れることです。

嫉妬をやめられない人は、弱さがあるから自分はダメなんだと思ってしまうかもしれませんが、まずは自分の弱さを認めることが必要です。

自分の弱さを認めることで、「さて、これからどうすればいいのかな?」と。

まずは自分の弱さを認めて、その上で自分の長所に取り組むことが、恋愛の嫉妬心をなくす方法です。

自分勝手な想像をしないようにしましょう

人は自分のわがままを想像するのは自由ですが、思い込みで人を疑うのは問題があります。

そんな風に人を疑う人と付き合いたいと思う人の方が珍しいのではないでしょうか。

思い込みやマイナス思考で物事を見る人に嫉妬心が強くなる傾向があります。そもそも、ポジティブ思考の人は嫉妬の感情がありません。

何か気になることがあれば、自分は悪くないと思って自分を卑下するだけでなく、自分をそうさせた相手のせいにしてしまうのです。

私たちは自分自身ではなく、すべてのために相手を非難したいので、私たちは無意識のうちにトリガーを探します。私たちは自分に都合の良いようにその小さなトリガーを想像しています。

最終的には、自分がこんなに頑張っているのに、周りのせいで不幸になっていると思い込んで、悲劇のヒロインになりたいのです。

なぜ、私たちはそのようになってしまうのか、自分ではわかりません。

それは、相手の気持ちを自分に向けたいという気持ちが非常に強いからです。

自分の勝手な想像で相手を疑うのではなく、相手を信頼することが嫉妬心をなくす第一歩です。

周りの人と自分を比べないようにしましょう

何でもかんでも比較したがる人は、自分に自信がなく、「みんなと同じ」という安心感があります。そのため、個性を失ってしまうため、人を惹きつけられなくなってしまうのです。

このようなタイプの人は受け身であることが多いので、嫉妬心を感じる前に交際に踏み切れないことが多いのです。

嫉妬深い人はこのタイプではなく、常に自分よりも優位に立ちたいと思っている人です。相手のどこが自分より劣っているのかを知り、優越感を感じたいと思っているのです。

しかし、世の中のすべての人が自分よりも劣っているわけではないので、相手が自分よりも優れていることに劣等感を感じ、それに嫉妬してしまうのです。

人間関係で疎遠になっている人と嫉妬してしまう人はタイプが違いますが、結局は周りの人と自分を比べていることに変わりはありません。

あなたはあなたです。自分は自分であり、他人は他人である。

周りの人と自分を比較せず、自分の個性を大切にしている人が魅力的で好感が持てるのも頷けます。

まとめ

今回は、片思いから夫婦関係まで、あらゆる人間関係に役立つ「嫉妬心をなくす方法」について、たくさんご紹介してきましたが、いかがでしたか?

世の中に存在する噂は、人間の心の中に生まれた嫉妬心が原因だと思っています。

今回ご紹介した6つの方法ができる人は、他人を尊重する気持ちが強く、決して自己中心的で押し付けがましい人ではありません。

周りの人に引き換えに抱かれているからこそ、自然と自分を良い位置に置くことができるのではないでしょうか。

そんな状態を常に自分の中に持っていると、文句を言わなくなりますし、嫉妬心が無くなる前に嫉妬心が無くなりますよね。

この記事にはコチラもおすすめ↓
≫彼氏や好きな人が急に既読無視!?既読スルーする男性の9つの心理とは

≫恋愛や仕事に真面目すぎる人の心理や特徴とは?もしかして損してる!?

あわせて読みたい