奥手の恋愛

彼氏や彼女&恋人に嫉妬しない方法を理解して恋愛を楽しもう!

今、あなたの恋愛は苦しいですか?

願い事をした彼氏や彼女に片思いしていた時よりも、願いが叶った後の方が苦しくなっていませんか?

その思い込みの原因は嫉妬です。

相手の気持ちがわからず、今まで気にならなかったことが気になってしまうのです。

・もしかしたら、気になる人がいるのかも?
・自分と一緒にいるよりも、その人と一緒にいる方が楽しいのかな?
・もしかしてその人のことが好きなの?
・もしかして、他に好きな人がいるから連絡してこないのかな?

このような「もしかしたら」が頭をいっぱいにして、好きだし、一緒にいたいと思っているのに、全てを疑ってしまう。

そうすると不安になってしまいますよね。できればこんな気持ちにはなりたくないですよね。

そこでここでは、言葉の意味から嫉妬心の特徴や原因を探り、嫉妬心の正体を形にしていきましょう。

嫉妬って一体なんなの?

嫉妬の意味を辞書で調べることはできますが、それは言葉の意味だけです。

嫉妬が自分の中にどのように存在し、どのように悩んでいるのか、その言葉の意味だけでは知ることはできません。

多くの人は恥ずかしくて誰かに相談できなかったり、相談しても励まされたり同情されたりして終わってしまい、嫉妬の苦しみは消えません。

本当に嫉妬の意味を理解したいのであれば、まずは嫉妬をする状況や原因、特徴を見極める必要があります。

そして、本当に嫉妬の意味を理解した時には、もうその人に嫉妬することはありません。

嫉妬の辛さを本当に理解してこそ、嫉妬から自由になれるのです。

しかし、嫉妬の意味を知らずにそのままにしておくと、嫉妬は次第に妬みや憎しみなどのネガティブな思考に変わっていきます。

嫉妬を防ぐための第一歩は、嫉妬の原因と特徴を理解することです。

本当の嫉妬の原因は?

恋愛関係では、嫉妬というのは苦しいものです。そして、嫉妬というのは、したくないのにしてしまうものです。

嫉妬の原因は何でしょうか?

人は自分の好きなものや興味のあるものに自分を使ってしまいます。

自分を使うということは、自分が持っているお金や時間など、自分が持っているすべてのものを使うということです。

「好きな人のためなら何でもできる」というのは、そういうことです。

聞こえはいいですが、嫉妬心の原因はこの言葉にあります。子供の頃、親に「お前のために言ってるんだよ」と言われたことはありませんか?

それと同じことです。

確かに相手のためになることもありますが、それには自分の欲求も含まれています。あなたは「こうしてほしい」「こうしてほしくない」という自分の価値観を相手に押し付けているのです。

これは、自分の支出と引き換えに何かを求めていることの表れです。

自分の欲求が自分の思い通りに満たされていないために、相手にイライラしてしまうのです。

もし相手が自分の望むようにすべてを扱ってくれていたら、あなたは相手に嫉妬することはないでしょう。

嫉妬の原因は、自信のなさや心配性など数え切れないほど挙げられています。

もちろん悪いことではありませんが、根本的な問題ではないので、解決することはできないと思います。

「心配するのをやめればいいじゃないか」
「大丈夫だよ、もっと自分に自信を持て」

これができれば、誰も苦しまなくて済むし、嫉妬に悩む人も減ります。

それなのに、恋愛になると必ず嫉妬がついてくるのは、根本的な原因に目を向けていないからです。

嫉妬の原因はこれを中心に展開しています:やりたいことをやりたいという欲求。

嫉妬深い人の特徴

嫉妬の原因は、自分の思い通りにしたいという欲求だと考えると、理解しておきたいことがいくつかあります。

まず、恋愛には理想の自分像があります。このイメージがはっきりしていればいるほど、恋愛はこうあるべきだというパターンができあがってきます。

もちろん、理想の自分像を持つことは何も悪いことではありません。

問題なのは、自分が作り上げた型に当てはまらないと、恋愛に満足できないということです。そうでないと満足できず、悩むことになります。

その型から逸脱しているところがあれば、相手に嫌な思いをさせてしまいます。理想像を型にはめてしまうということは、物事を法則化してしまう傾向があるということです。

自己啓発でもよく使われますが、これは可能性の話であり、どうやったら成功するのかということではなく、そのように考える柔軟性がないということです。

つまり、嫉妬深い人の特徴は、自己中心的で、すべてが自分を基準にしているような客観的に物事を見ることができないということです。

自分を他人と比較すること

自分にとって最高の男でなければならないと思っている トータルでは自分が一番だと思っていても、些細な部分でも一番になろうとしたり、その多くの部分で負けていると感じたりすることで、劣等感を生み出してしまいます。

その結果、接する人を減らそうとし、自分の世界には自分しかいないという状況を作り出し、安定したベストを目指そうとしてしまうのです。

自分の興味や関心が偏っている

あなたの興味が恋人だけだとしたらどうでしょうか?

彼が何をしているのか、誰と会っているのか、私のことをどう思っているのか、いつも気になってしまうでしょう。

人にはそれぞれ生活があるので、異性との関わりが強すぎたり、忙しくて連絡を取り合えないこともあると思いますが、常に気になって考えていると、嫉妬心が芽生える可能性は十分にあります。

原因と特徴を踏まえて、嫉妬心を改善する方法を考えてみましょう

嫉妬の原因である「やりたいことをやりたい」という気持ちと。

嫉妬し合う人の特徴である、自己中心的で物事を客観的に見ることができないというのは、ここでは嫉妬の本質と表現してもいいかもしれません。

これを見て、多かれ少なかれ心のどこかで「自分はそういう人間ではない」と感じていませんでしたか?

それはあくまでもあなたの主観的な解釈であって、否定が強ければ強いほど、嫉妬心が強くなりやすく、良くなるどころか悪くなりやすいのです。

まずは、自分と同じような人はこの世にいないということを念頭に置いてみてください。そして、自分が何をしてほしいかではなく、相手が何を望んでいるかを第一に考えるようにしましょう。

人間関係もそうですが、人間関係も一人でできるものではありません。必ず一緒に創ってくれる相手がいることを忘れずに行動し続ければ、痛みは改善されていくはずです。

結論から言うと

皆さんはどう思いましたか?

今回は、人間関係における嫉妬心の様々な原因と、その改善方法についてご紹介しました。

恋愛でも仕事でも、人間関係がある限り、嫉妬は必ず存在します。

嫉妬の原因、特徴」でも書きましたが、嫉妬は自分の欲の現れです。

相手にして欲しい、して欲しくないと心の中で思っていても

相手はその思いに心を動かされる必要はありません。

恋愛関係は恋人同士で成り立っていますが、お互いに全てを共有する必要はありません。

なので、今はお互いの思いを共有するのは難しいと思いますが

少しずつ、あなたの思いに共感できるようにしていきましょう。

この記事にはコチラもおすすめ↓
≫プライドが高い人の特徴・心理9つ&付き合い方を学んで上手に対応する方法

≫他人と比較をする人・やめられない人の特徴や心理とは?

あわせて読みたい