ドライフルーツ

新登場の果物フリーズドライ&セミフリーズドライ製法とは?栄養成分やおすすめの買い方を紹介!

ドライフルーツは英語の記載ではDried Fruit。

その言葉通り、乾燥させた果物のことです。

日本では、干した野菜やナッツ類も含めた総称としてドライフルーツと呼ぶことが一般的です。

干し柿や梅干しなど、日本人にも馴染みの深いものもありますが、最近ではその美味しさ、栄養価の高さ、手軽さで話題となり、製法も日進月歩で開発されてきたため、たくさんの種類のドライフルーツが販売され、手に入るようになりました。

このページではそんなドライフルーツについて基本情報を紹介した後に、最近話題になっているフリーズドライ製法とゼミフリーズドライ製法の栄養と効果、選び方・買い方についてお話ししていきます。

ドライフルーツの歴史

ドライフルーツの起源は、古代にまでさかのぼります。

代表的なデーツ(ナツメヤシ)は、紀元前5000年前の旧約聖書の中にも登場しており、「生命の樹」のモデルだと言われています。

日本だとナツメヤシを食べたことがない人って結構多いのではないかと思いますが、ヨーロッパや中東諸国、特にイスラム教徒の食べ物としてムスリムの多い国や地域では街中のスーパーでも必ず目にするような一般的なドライフルーツです。

干し柿そっくりの味で濃厚な食感が病みつきになります!

話を戻しますと、今のように大規模な農園で作られる以前は、自然の中で木になった実や果物が、そのまま乾燥して甘さが凝縮し、栄養たっぷりで美味しいドライフルーツとなり、貴重な保存食として重宝されてきました。

人間だけでなく、鳥獣類にとっても命をつなぐ貴重な食材であり、その保存方法を引き継ぎ今日にいたります。

最初は自然発生的にたまたま生まれたものが現代でドライフルーツと呼ばれるものになったのですね。

フリーズドライ製法で作られたドライフルーツ

ドライフルーツと言えば、保存のために使われている添加物や農薬が心配になりますが、最近では、新しい製法としてフリーズドライという製法が使われるようになりました。

それにより、これまでは不可能とされていた素材もドライ化することができるようになり、品質にこだわった良品もたくさん販売されています。

見た目もカラフルで、パッケージも素敵な工夫がなされた商品が手に入るようになるにつれ、人気に火がつき、注目されるようになったというわけです。

ドライフルーツで話題になるのは、美容効果や健康効果。

毎日、仕事や家事・育児で忙しく、健康のことは気になるけれど時間がないという働く女性が、とりわけ熱い視線を送っているようで、最近では若い女性向けの雑誌でも紹介されたりして、静かなブームが起こっています。

チョコレートやあめに変わり、会社のデスクの引き出しに入れておいて、すばやく栄養補給したり、いろいろなお料理に使って日ごろの食卓をバージョンアップさせてみたり、その使い方と魅力は無限大です。

フリーズドライフルーツの栄養と効果

ドライフルーツは、栄養たっぷりな食材です。

もともと食物繊維やミネラル、抗酸化物質や糖分など、たくさんの栄養素が含まれている果物から水分を蒸発させ凝縮したものですので、忙しい現代人にとって頼もしい健康食材と言えます。

残念なことに、ビタミン類は、乾燥する過程で失われてしまうことも多く、フリーズドライ製法などで研究が進められています。

天日干しにしたり、熱風を与えることで水分を飛ばして作られるこれまでのドライフルーツとは違ってフリーズドライ製法では圧縮して熱を加えることなく果物を加工するので、生の果物のビタミンをそのまま摂ることができるのが最大の強みと言えるでしょう。

糖分については、女性にも男性にも気になるところですが、悪いことばかりではありません。

良質の果糖は、脳の疲れをとり活性化する作用があります。

午後のコーヒーブレイクとして食べるのにぴったりの大人のおやつと言えそうです。

人気とともに、パッケージも工夫され、小分けして食べるのに便利な商品なども出てきています。

オフィスで、さっと取り出してドライフルーツを食べている姿は、健康に気を配る、知的な人というイメージで、一目置かれることになるかもしれません。

ドライフルーツの製造方法の研究が進められたことにより、たくさんの商品が販売され、その種類も豊富になってきました。

取り扱うお店も増えて充実してきた半面、お店に行ったものの目移りして、どれを選んだらよいか分からなかったという意見もありました。

ここで少し、代表的なドライフルーツとその効用を見ていきましょう。

視力回復効果の高いドライブルーベリー

ブルーベリーは、パソコンや携帯電話で目を酷使する現在人にとっては、もっとも注目したい果物ですね。

甘味と酸味が絶妙で、ドライにするとさらにうまみが増して、おいしく感じられるようになります。

視力回復効果だけでなく、美容効果も高く、ビタミンEが豊富なことから、血行促進で血液がサラサラになり、冷え性対策にもなります。

特に、ワイルドブルーベリー種には、たくさんのアントシアニンが含まれているとされていますので、購入時には産地や種類も確認してみるとよいですね。

美肌効果の高いドライラズベリー

ラズベリーは、テレビで放送されてからスーパーなどでもよく見かけるようになりました。

ラズベリーに含まれるケトンという香り物質には、脂肪燃焼効果があり、成分の20パーセント程度が食物繊維でできていますので、非常に効果抜群!

メラニンを抑制する酵素も含まれており、色白美肌になれる、まさにアンチエイジングな果物として、アメリカではスーパーフルーツと呼ばれています。

生活習慣病に効くドライマンゴー

生活習慣病にはマンゴー。

マンゴーのドライフルーツは、ハワイやグアムのお土産にいただくことも多く、よく知られています。

甘酸っぱい南国の香りや、独特の色が印象的です。

常夏の地で栽培されるマンゴーですから、抗酸化作用たっぷり。日焼けした肌への頼もしい味方です。

ビタミンAが多く含まれるのも特徴で、活性酸素から体を守ってくれる働きがあります。

活性酸素は人体に悪影響を及ぼし、ガンなどの病気や動脈硬化を引き起こす原因と考えられていますから、病気を予防してくれる果物とも言えそうです。

南国風味のドライマンゴー栄養と効果とは!おすすめの美味しい食べ方などを紹介!ドライフルーツの中でも甘くて人気の高い果物として知られるドライマンゴー。 生のマンゴーも美味しいですが、どうしても値段が高いためお...

日本のドライフルーツも負けていない!さつまいもと梅干しの効能

日本のドライフルーツといえば、さつまいもや梅干し。

さつまいもは干し芋として、日本産のものが手に入るのが魅力です。

食物繊維が豊富で、栄養もたっぷりの干し芋は、災害時の保存食としても活用できます。

そのまま食べてもよいのですが、ひと手間かけて火であぶると甘味が増し、いっそう美味いただけます。まさに日本のおふくろの味。

梅干しは、薬とも称される食べ物で、殺菌効果が高く、夏のお弁当などにも重宝しますね。

クエン酸などの有機酸が豊富に含まれていて、疲労回復効果が高いのも特徴です。

甘いものから、塩分多めのものまで、たくさん出回っていますので、好みの味を選ぶことができます。

このように、たくさんの種類があり、奥が深いドライフルーツですが、まずは身近にある好みの合うものから、生活に取り入れて、楽しんでみましょう。

フリーズドライフルーツの賢い選び方と買い方

ドライフルーツには、そのまま乾燥させる従来通りの製法をつかったものとフリーズドライ製法により作られたもの、その中間にあたるセミフリーズドライ製法のものがあります。

従来のドライフルーツは、生の果物とは食感が異なり、乾燥させて旨みを凝縮したものです。

フリーズドライ製法は、生に近い食感と、含まれる栄養素にこだわった製造方法で、果物本来が持つ食物繊維や栄養素が損なわれず、また形や色もそのままに近い形で残すことができます。

手に取ったときに、より美しく、見た目に美しいのも特徴です。

ドライフルーツには、日本以外の生産地から輸入されてきたものがたくさんあります。

そのため中には、果物の栽培時に多くの農薬が使われているものや、保存のための添加物が含まれているものもあります。

購入時には、生産地や輸入ルート、含まれる添加物表示などが分かるよう表示されているお店で、確認しながら買うことが大事です。

ドライフルーツの選び方とは?成分表示を見て添加物の摂取に気をつけようドライフルーツは生の果物より長い間保存ができたり、栄養成分を効果的に摂取できる健康食品として人気があります。 特に砂糖や着色料を使...

オーガニック食品や健康食品などを扱うお店でも、よく目にするようになりました。

百貨店や果物専門店、こだわり食品販売店でも販売されています。

誠実に消費者の健康を考え、知識のあるスタッフが相談にのってくれるようなお店を探しておけば、正しい情報を得たり、食べ方を教えてもらえたりすることができて安心です。

モデルおすすめのオーガニックドライフルーツで最高の効果と美味しさを手に入れよう!ドライフルーツは健康的なおやつとして女優さんやモデルさんも良く食べていると聞きますよね。 モデルとして活躍中のローラさんも大好きな...

ドライフルーツの食べ方とこれだけは気をつけてほしい注意点

栄養たっぷり、美容・健康効果抜群のドライフルーツですが、注意しておくべきポイントもあります。

ドライフルーツは、フリーズドライ製法などにより、随分ビタミン成分を残す技術も発展してきました。

しかし、生の果物と比べると、ビタミンCなどの含有量にはかないません。

いくらドライフルーツが万能と言っても、頼りすぎることなく、フレッシュな野菜や果物、タンパク質や炭水化物など、色々な食べ物をバランスよく摂取することが大切です。

糖分を多く含むものもありますので、一度に大量に摂取せず、毎日少量を継続して食することで、より良い効果が得られます。

ヨーグルトに入れたり、紅茶の中に入れてフルーツティーを楽しんだり、自分なりの食べ方を工夫してみることで、一層豊かな食生活を送ることができそうです。

まずはお気に入りの一品を見つけみてはいかがでしょうか。

ドライフルーツの効果や食べ方、各種類フルーツへの記事一覧まとめ!みなさんはドライフルーツを食べていますか? この記事は「かいもの気まぐれサラダ・ドライフルーツカテゴリ」内の、各種ドライフルーツ記...