特化型ブログ

【ブログの文字数!】特化型ブログで月10万円を稼ぐ記事の文字数は?

1記事の文字数ってどれくらい必要?
ひつじん
ひつじん
こんぶ
こんぶ
気になるところだよねぇ…
とにかく沢山書けばいいの!?
ひつじん
ひつじん
こんぶ
こんぶ
あまり長すぎてもグーグルからは評価されないよ!

特化型ブログに限らずブログの記事って1記事どれくらいの文字数を書けばいいんだろう?というのは誰しもが考えることですね。
文字数が少なすぎると駄目だし、でも記事もたくさん書かないとアクセスが増えない…。バランスって大事ですよね。そんな記事の文字数について特化型ブログではどのように考えるべきかを解説していきます。

この記事は以下のようなお悩みを持った方々向けの記事になります。

1記事何文字かけばいいんだろう?
文字数より記事数を優先すべき?
月10万円が目標なら何文字くらいが目安なの?

この記事では上記のような悩みを持っているあなたに向けて、「特化型ブログの文字数と記事数の目安」について以下の内容を中心に解説していきます。

本記事の内容

①特化型ブログの文字数の考え方
②具体的な文字数の例
③特化型ブログで10万円を稼ぐための文字数

この記事を読むことで、特化型ブログで月収10万円を目指す際の文字数と記事数を知ることができます。

今回の記事については「私自身が作成した特化型ブログ」、「基本的にこれくらい必要なんじゃないかと言われている情報」、「私がアドバイスしてブログ作成した方々の例」を中心としたデータでお話していきたいと思います。

こんぶ
こんぶ
実際に作成したものの例も紹介していますので、ぜひ参考にしていってください!

特化型ブログなら1記事で最低2,000文字は必要!

大体2,000文字以上を目安に文字数は必要になります。

必ずしも、2000文字が必要というわけではありませんが、その1記事でアクセスを集めて長期的に評価される記事になるには最低でも2,000文字は必要になってきます。

いわゆる、雑記ブログやトレンドブログと呼ばれるブログ形式であれば実はそこまで記事数は必要なく1,000文字から1,500文字でも内容がしっかりしていれば良いとされています。

実際にその文字数でアクセスを集めることはできますし、収益を出すこともできます。

しかし、雑記ブログやトレンドブログは基本的に誰も狙っていないキーワードを探し出して検索の上位表示をさせるやり方が通用するため、この程度の文字数で大丈夫なんです。

もし自分が考えていたキーワードで検索してみて、ライバルが文字数の多い記事を書いていたら、そのキーワードは諦めて次のキーワードにいくということがトレンドブログや雑記ブログでは可能です。

しかし、特化型ブログはそういったことはできません。

特化型ブログでは1記事最低2,000文字を目安にしよう!

特化型ブログはライバルとの衝突は避けれない

特化型ブログでは長期的に稼ぐことが目標となります。

そのため、ライバルがいないキーワードを探し当てて記事を書いたとしても、後からライバルが同じようにキーワードを探し当てて記事を書いてきます。

その時に自分が1,000文字程度の記事を書いてきた場合、やはりライバルが書いた2,000文字の記事には負けてしまいます。

それでは、自分が2,000文字以上の記事を書いていた場合、ライバルが3,000文字書いたら負けるのか?

実はそうとも言い切れません。

実際に上位表示されるような記事はどんなものか。それは検索してきた人のニーズを答える記事なんです。

知りたいことや悩みについての答えを書いてある記事が上位検索されます。そこで1,000文字程度だとどうしても内容が薄くなります。

そのため、2,000文字程度であれば納得のいく内容を保証できるような質の記事になります。

2,000文字というのはあくまで、一般的に言われている文字数だったり、私の経験からの文字数ですが、実際に書いてみると「これくらいかな」という風に感じると思います。

2,000文字以上書いてあれば、文字量でなく記事の質でライバルと戦える!

実際の例を参考にして解説していきます

以下の例は私自身が作ったブログ&作成を手伝った特化型ブログになります。

・私が作成した100記事程度の『ブログA』

・別のジャンルで作成した20記事程度の『ブログB』

・アドバイスしながら作成を手伝った『ブログC』

を参考に解説していきましょう。

サイトAについて

記事数は上に書いたとおり約100記事ですが、1記事あたりの文字数は2,000~3,000文字程度です。

さすがに100記事全てを全力でやるのは無理があるので、重要だったりアクセスの多かったりした10記事程度についてはリライトを繰り返して4,000~5,000文字程度になりました。

その外の記事についてはほとんどリライト等はしていないので、そのまま2,000~3,000文字程度になります。

ちなみに10万円までの期間はおおよそ3ヶ月程度でした、大体1日1~2記事程度書いていましたね。

サイトBについて

記事数は20記事くらいです。

かなり特化型ブログの作成にも慣れた後に作成したので、この記事数になります。

記事数が少ないため、文字数は1記事3,000~5,000文字程度になります。ただし、いきなりその文字数にしたわけでなく、あらかじめ3,000文字を目安に作成していきました。

その後に、リライトしていって文字数を増やしていくような感じです。

こちらについても大体3ヶ月くらいの期間で月収が10万円程度になりました。

サイトCについて

私がアドバイスしながら知り合いが作成した特化型ブログになります。

大体、自分でも体感で2,000文字かなという考えがありましたので、ここでも1記事2,000文字を書くようにアドバイスしました。

実際にほとんどリライトせずに2,000文字を100記事書いた状態で、4ヶ月目に月収が10万円を超えました。大体、多くても3,000文字くらいでしたのでそこまで文字数が多くなくても内容がしっかりしていればちゃんと評価はされます。

特化型ブログもライバルは増えてきているので、最低でも2,000文字を目安にした方がいいと思います。

記事数が平均的な100記事程度であれば、文字数は2,000文字で大丈夫!

あくまで目安!あまり文字数にこだわりすぎないように!

文字数と記事数の関係ですが、やっぱり記事数を増やしたくなりますよね。ただし、

検索してきた人の疑問や悩みの内容

というもので文字数も多少変わってきます。

極端な例ですが、「こんにちは」を英語でなんていうんだろう?と思って検索してきた方に対しては100文字でその疑問を解決できると思います。

しかし、「サッカーというスポーツはどのようにして生まれて、どのように進化してきたのか」といった疑問については流石に1,000文字では解決できませんし、場合によっては記事を複数に分ける必要があります。

このように2000文字以下でも満足させる情報を提供できるのであれば2000文字以下でも大丈夫ですし、逆に満足のいく詳細な答えを提供するのであれば、大体の疑問の答えは2000文字必要になると思います。

その記事で提供する情報によって文字数は変わる!

大切なのは記事の量産や文字数ではなく…

こんぶ
こんぶ
検索してきた人の答えとなる情報!

あくまで2,000文字という数字は目安として捉え、1記事の内容を丁寧に書いて質を高めていくことで月収10万円も可能になります。

とはいっても最初から質の高い記事!といってもハードルが高いので、2,000文字くらいでどれくらいの内容が書けるのかというのを、記事を作成しつつ把握していくと良いでしょう。

【ブログの文字数!】特化型ブログで月10万円を稼ぐ記事の文字数は? 特化型ブログに限らずブログの記事って1記事どれくらいの文字数を書けばいいんだろう?というのは誰しもが考えることですね...
ブログの副業は特化型がおすすめ!月10万を稼ぐための記事数と期間は? 今回は特化型ブログについてのお話です。 実際に特化型ブログを始めてみたい方、興味のある方、実際に初めてみたけど上手...

【お知らせ】アフィリエイト5年間の知識と経験を詰め込んだnoteを作りました。

このnoteは、約20名の方に月収300万を稼ぐためのアフィリエイトを教えていく中で、その手順や方法をまとめあげた作品になります。

その20名の方に教えた内容については、「私がアフィリエイトを始めて半年で月収100万円、1年で月収300万を稼いだ経験」を元にしています。

・これからアフィリエイトを始めたい!
・アフィリエイトやってるけど全然稼げない!
・凡人だけどアフィリエイトで稼いでみたい!
・社会人じゃ体験できない世界へ足を踏み入れてみたい
・早く会社を辞めて自由になりたい!

と少しでも思う方は、ぜひ参考にしてみてください。

アフィリエイトはいくら努力しても間違った方向へ進んでいると全く稼げません。このnoteは努力した人が稼げるように「正しいやり方」が分かる内容になっています。

30,000文字程度に詰め込みましたので、このnoteを読めばアフィリエイトで努力した分が無駄になることありません。約20名の実績や感想も掲載しています。

ぜひ、参考にしていってください。

>>【アフィリエイトを始めてから1年で月収300万を超えたので、凡人でも月300万稼いだブログの作り方を教えます!】