会社(仕事)を辞めたい

会社の仕事を辞めたい理由ランキング!理由が分からない時に整理しよう!

会社を辞めたいと思う理由は人それぞれである。

仕事が嫌だから辞めたい人、人間関係が嫌だから辞めたい人、職場環境が悪いから辞めたい人、などなど。

挙げればキリがありません。

そこで、仕事を辞めた人のデータがないか調べてみました。

実は、とても簡単に見つけることができました。

仕事を辞めたホンネの理由トップ10

以下の結果は、リクナビNEXTが調査した「ホンネの辞めたい理由トップ10」です。

第1位 上司・経営者の仕事ぶりが気に入らなかった 23%
第2位 労働時間・環境に不満があった 14%
第3位 同僚、先輩、後輩とうまくいかなかった 13%
第4位 給料が安い 12%
第5位 仕事が面白くなかった 9%
第6位 社長が独裁者だった 7%
第7位 会社の文化が自分に合わなかった 6%
第8位 会社の経営方針や経営状況が変わった 6%
第9位 自分のキャリアを向上させたかった 6%
第10位 昇進・評価に不満があった 4%

これらの要因に共通しているのは、「待遇の割には仕事がきつい」ということだ。

個人的には、会社を辞める理由で一番多いのは「ブラック企業」だと思っています。

しかし、個人的に言えば、「ブラック企業に入ってみたらブラック企業だった」というのが、会社を辞めたい理由のリストに入っていないのは理解しがたいです。

なかなか出てこない本当の会社辞めたい理由

一方で、上記の理由が「もっともらしい」にせよ「甘い」にせよ、ほとんど観念的なものであることに違和感を覚える人も多いのではないでしょうか。

例えば、「上司・経営者の仕事のやり方が気に入らない。

上司・管理職の仕事のやり方が気に入らない場合、それは単に仕事の手順や方法が自分の考えているものと違うからだと思いますか?

例えば、「上司・マネージャーの仕事のやり方が気に入らなかった。」

など、誰もが思いつきそうな退職理由が挙げられます。

回答者の真意が見えてこない。

リクナビNEXTは、その立場上、もっと過激な回答を用意できなかったのかもしれません。

「辞職理由の本音ランキング」といっても、核心に迫ることはできません。

そこで、もしあなたが会社を辞めたいと思ったら、外部の調査で理由がどうなっているかは関係ないと考えることが大切です。

最終的には、各個人が会社での自分の立場を測り自分の仕事とは何か、会社を辞めるべきかどうかを自分で判断する。

ということなんですよね。

これが、各個人が仕事

辞めた後の生活を明確にイメージしておこう

実際に今の仕事を辞める前に、辞めた後に直面するリスクについて考えてみましょう。

すでに上述したように、仕事を辞めることの最大のデメリットは、収入がなくなることです。

ある程度の貯金があれば乗り越えられるかもしれませんが、貯金がなく、次の仕事が決まっていない場合は非常に危険です。

特に家族がいる人は慎重に行動してください。

養うべき家族がいる場合、仕事を辞めるのはとても大変です。

転職が成功するまで、今の生活を維持して問題なく暮らせるかどうかなど、考えなければならないことがたくさんあります。

だからこそ、本当に仕事を辞めることができるのかを真剣に考えなければなりません。

最初は理想的な会社を見つけたと思っていても、実際には前の会社よりも労働環境が悪く、さらに困難な状況になっていることもあります。

現状に不満があって辞めたいと思っても、改善できることであれば、まずは会社に相談してみましょう。一時的な感情で辞めてしまうのはもったいないですよ。

それでも辞めたいという場合は、新しい仕事を探し始めるのもいいでしょう。

ただし、体調不良が理由の場合は、休職して心身ともに休めてから辞めた方がいいでしょう。

休んでいる間に気持ちを落ち着かせ、本当に辞めたいのかどうかを考え直すことができます。

あわせて読みたい