仕事が辛い

仕事が辛くて泣きたい、辞めたい…と鬱になる前に。対処法や考え方

仕事が辛いと思うことは誰にでもあります。

それも、死にたくなるほどの辛さで、それはうつ病の第一歩です。

ここでは、気持ちを落ち着かせる方法をご紹介します。

大人の2人に1人が「いつかは死にたい」と思ったことがある

調査ニュースサイト「しらべぇ」の発表によると、全調査対象者の45.7%が「死にたいと思ったことがある」と回答しました。

その理由は仕事です。

死にたいと思う人は、仕事への満足度が低い傾向にあります。

つまり、仕事が辛ければ辛いほど、「死にたい」と思う可能性が高くなるのです。

何もしないでいると、そのままうつ病になってしまいます。

なぜ、仕事がつらくて死にたいと思うことがあるのでしょうか。

第一の理由は

与えられた仕事のやり方がわからない。

そのため、遅くまで仕事をしてしまい。

その結果、ミスを連発してしまいます。

これでは、スキルの問題の悪循環に陥ってしまいます。

2つ目は、

  • 人間関係がうまくいかない。
  • 苦労の割には給料が安すぎる。
  • 休みが取れない

といった、会社の組織文化や雇用条件が原因であることです。

仕事が辛くて死にたいと思っている人は、ブラック企業に勤めている可能性が高いと思います。

その場合は、別の方法をとるべきです。

現状を救おうとすること

仕事を辞めたいと思ったら 行動する前に考えること。

どこかで働いていると、仕事の内容や残業の多さ、プレッシャーの総量だけでなく、人間関係など、ストレスになる要因はたくさんあります。

医療機関に助けを求めることは、状況が深刻であることを意味しません。

まず、カウンセリングや心療内科に行くことは「深刻な状況にある証拠」だと思っていませんか?たしかに医療行為を受け、病名をつけられるかもしれませんが、病名をつけられてもつけられなくても、あなたの状態は同じです。

風邪をひいたとき、病院に行くか行かないかで病状の重さが変わるでしょうか。

心も同じで、カルテに書かれているだけのものです。

それが重篤な状態であれば、適切な治療を受けるべきなのです。

会社を辞めてもいいし、逃げてもいい。

仕事でトラブルに遭遇したときに自責の念が強いと、「自分はダメだ」「最後までやり遂げなければならない」と、自分を責めたり追い込んだりしがちです。

もちろん、自分を責める気持ちは仕事をする上で大切なことですし、苦しい経験もそれを乗り越えれば良い経験になることもあります。

しかし、死にたくなるほど苦しいのであれば、会社を辞めたり逃げたりすればいい。

自分を犠牲にしてまで、会社や上司、お客様のために頑張る必要はないのです。

仕事がつらくて死にたいと思ったときの対処法

さて、「仕事がつらくて死にたくなる」という問題の当面の解決策は何でしょうか。

即効性のある解決策は、自分の気持ちを和らげることです。

それも、うつ状態になる前にです。

そのための具体的な方法をご紹介しましょう。

自分を客観的に見てみましょう

何が自分を「仕事で死にたい」と思わせているのか。

それが本当に自分のせいなのか、客観的に考えてみる。

何が自分を駆り立てているのかがわかれば、個別に対策を講じることができます。

心に余裕を持って仕事をする

仕事は給料を得るための手段と考えることが大切です。

私生活が充実していれば、週末の仕事にも意欲的に取り組めるはずです。

仕事に完璧を求めてはいけません

仕事を完璧にこなそうとすると、時間がいくらあっても足りません。

仕事をしようとして苦しむことはありません。

100点の仕事をしようとして苦しむよりも、合格点ギリギリの60点の仕事をすればいいと思って気楽に考えましょう。

いつでも会社を辞めるつもりで仕事をする

自分を責めるのではなく、仕事が辛くて死にたいと思った時には、会社を責める。

自分を責めるよりも、自分の問題をすべて会社のせいにしてしまえばいい。

いつでも辞められる状態になっているので、これが一番心強いのです。

しかし、そのためには事前の準備が必要です。

仕事を辞める前に、会社以外の収入源を確保しておく必要があります。

いつでも仕事を辞められるのであれば、精神的に追い詰められることはありません。