仕事が辛い

仕事が辛い時に泣くのはなぜ?ストレスが原因なのか&解決策は?

当たり前のことですが。仕事がつらくて泣きたくなるのは心にストレスが溜まっている証拠です。

しかし、ここからが本題です。

仕事がつらいときに泣くのは

リラックスの効果が得られること

落ち込みのサインになること

という2つのパターンが考えられます。

仕事が辛くて泣いてしまう心理とは

仕事で辛いことがあって泣いている人は、どんな心理が働いているのでしょうか。

相手が泣く理由を知ることで、最適な対処法を選ぶことができます。

ここでは、仕事がつらくて泣く人の心理と、共通する原因についてまとめてみました。

自分がこのような状況に陥った場合、きっと理解してもらえると思います。

また、仕事で泣いてしまう人を知っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

弱っている人に優しくすることで、自分も心の底から温かくなるでしょう。

仕事に真面目すぎる

自分が真面目に仕事をしていればしているほど、仕事ができないと苦しくなるものです。

おそらく、あまり真面目に仕事をしていない人は、仕事ができなくても泣くほど悔しくはないでしょう。

それは、あなたがもっと成長したい、もっと認められたいという気持ちの表れです。

仕事ができなくて悔しいとか、上司に叱られてつらいというのは、まだまだ頑張れるということです。

真面目に努力を重ねていけば、必ず本物の仕事力が身につきます。

泣くことはストレス発散になる

まずは、肯定的な意見からご紹介しましょう。

ニュースサイトによると、泣くことには以下の5つの効果があると説明されています。

リラックス効果
ストレスの軽減
安らかな眠り
やる気が出る
美しくなる

これらはすべて、副交感神経を落ち着かせる効果があり、また、ホルモンの分泌を促す効果があります。

泣くことは、うつ病の初期症状かもしれません

次に、仕事がつらくて泣くのは、うつ病の初期症状ではないかという意見があります。

うつ病の初期症状はたくさんありますが、些細なことで泣くのもその一つです。

同様に、「涙が止まらない」、「理由もなく泣いてしまう」というのも、多くの場合、うつ病の症状です。

仕事がつらくて泣いてばかりいる場合は、うつ病の初期症状の可能性があります。
また、うつ病の初期症状の可能性もあります。

解決策は何なのか?

考えてみれば、仕事がつらいときに泣くのはよくありません。

そこで、解決策としてよく言われるのが

休日は自然の中でリラックスして過ごす
好きな映画や音楽を楽しむ
自分の趣味に没頭する
おいしいものを食べる

というものです。

なるほどね。

そうだけど、本当にできたら、仕事が辛くて泣いたりしないよね?

では、今の仕事を辞めればいいのでしょうか?

そう簡単にはいきません。仕事を辞めると経済的な問題が出てきますからね。

これでは根本的な解決になりません。

それよりも、会社以外の収入源を作って会社を辞める方がよっぽど現実的です。

いくら仕事が大変だと泣いても、会社は助けてくれません。

某アニメの有名なセリフのように、「悲しみを怒りに変えて戦うしかない」のです。