食べ物

生大根置き換え法の効果と栄養!食べ過ぎ&ジュースなどの食べ方を紹介!

生大根置き換え法は本などもいくつか出されている方法ですが、その効果ややり方というのはいろんな情報があります。

また、手軽にできますし、生大根自体が安いので自分も一時期ハマっていた食べ物になります。

まとめましたので参考にしてください。

生大根置き換え法に関する概要

生大根置き換え法のやり方のポイント

生大根置き換え法のやり方のポイントとして、まずは守らないといけないものとしては生で食べるということ。

生大根置き換え法はの特徴の一つに酵素をしっかりと体内に取り入れるというものがあります。

酵素は熱によって壊されてしまうので、生大根置き換え法をするときは生で食べるようにしましょう。

生大根置き換え法の効果は?

生大根置き換え法の効果としてはどの程度のものを期待できるのでしょうか?

生大根には多くの食物繊維がたくさん含まれています。

その分便秘の解消に良いということを考えると、ポッコリお腹の人が便秘が解消されることによって体重が減る、というのはそんなに長い時間がかかることはないでしょう。

また、体内に酵素を取り入れることで太りにくい体質というのも、継続していけばできてくると思います。

太りにくい体質については体質の改善に必要な時間は数か月程度かかってくるものと思われます。

生大根置き換え法を継続させるポイント

生大根置き換え法を継続していけばそれなりの効果は期待できると思いますが、そのためには継続していくとが大切ですね。

コツというかポイントとしては料理のレパートリーをできるだけ増やすことです。

生大根置き換え法では基本的にはおろしにしたり、輪切りにしたり、ジュースにしたりと、手軽なものでいいと思います。

おすすめはジュースにすること。

ジューサーやミキサーでジュースにして飲むようにすれば、手軽に生大根置き換え法を続けていくことができます。

ジュースにした時に少し自分で味付けをするなどすれば、さらにつづけやすくなると思います。

生大根置き換え法の大根は新鮮なものを

生大根置き換え法をしていくうえでできるだけ大根は新鮮なものを選ぶようにしましょう。

とれたてピチピチでなければいけない、ということではないですが、あまり古い大根、ちょとシワがでて、しなってしまっているようなものよりは新鮮な大根の方が生大根置き換え法に適しています。

生で食べることによって食物繊維や酵素をたくさん取り入れるためには新鮮なものの方がベターです。

生大根置き換え法のやり方!

生大根置き換え法のやり方を知る!

生大根置き換え法を実践していくうえで大切なことがいくつかあります。

それを知らないでやってしまうと、せっかくの生大根置き換え法が意味のないものになってしまうので気をつけましょう。

やり方|生で食べる

生大根置き換え法をするときは生で大根を食べるようにしましょう。煮たり、焼いたりするのは厳禁です。これは間違ったやり方です。

生大根置き換え法のポイントの一つである酵素を取り入れるということができなくなってしまいます。

酵素は熱に弱く、熱処理されてしまうと壊れてしまうので、せっかく生大根置き換え法をしようとしても意味がなくなってしまいます。

やり方|すぐ食べる

生大根置き換え法で生で食べることに意味があります。

それは生大根に含まれている食べ物から摂れる酵素をしっかりと吸収する必要があるからです。

すぐに食べないとその酵素が壊れてしまうので(酸化してしまって)すぐに食べるようにしましょう。

逆にいうとすぐに食べない生大根置き換え法はやり方としては間違っています。

因み、お弁当などに入れることはNGです。

確実に酸化してしまいます。おろしを水筒などの入れ物に入れるのもNG。

やり方|朝はジュース

朝は生大根をミキサーやジューサーを使ってジュースにすると続けやすいです。

ジュースにすることによって手軽にできる、酵素も増えます。

生大根置き換え法のやり方としてはかなりおすすめ。

やり方|1日の量

生大根置き換え法のやり方としてよく言われることですが、1日にどれだけ食べればいいの?と疑問に思う人も多いです。

生大根置き換え法のやり方としては大きく2つのやり方がいろんなところで紹介されています。

1日に300g(2回にわけて)、1日に半分食べるというやり方です。

どっちにしていいかわからないという人もいるようですが、そこまで考え込む必要はないかと思います。

大切なことは継続することですから。

ただ、1日半分という量は1日300gよりも量的には少ないので、頑張ってみようかと思う人には1日300gがいいのでは?という感じです。

やり方|料理

毎日生大根置き換え法をしていると必ずどこかで飽きが来てしまうシーンがでてきます。

ですので、料理のやり方やレパートリーはできるだけ多く持つようにしましょう。

といってもちょっとした工夫でレパートリーは増えると思います。

おろしにしても、ざく切りにしても少し味を変えるだけでも全然違いますから。

生大根置き換え法の方法をチェック!

方法|新鮮な大根

生大根置き換え法を実践する方法としてはまずは新鮮な生大根を手に入れるところからはじまります。

といってもそんなに意識することもないかもしれませんが、スーパーなどでなるべく新鮮なものを選ぶというぐらいでいいと思います。

大切なのは、ちょっと古くなっているような感じのものを選ばないということ。

新鮮なものを選ぶことで、酵素もしっかりとることができます。

方法|調理方法

生大根置き換え法の調理方法としては、基本的にはおろし、輪切り、ざく切り等、ジュースの3種類ぐらいです。

この3種類の調理方法で自分が継続しやすいものを選ぶのが良いです。

料理が得意な方は生大根置き換え法のいろんなバージョンを作ってみるのもいいですね。

調理が楽しくなれば、それだけ続けられるようになるし、生大根置き換え法が成功する確率も高まります。

方法|2週間続ける

生大根置き換え法の方法として、まずは2週間続けてみることをお勧めします。

特に今まで置き換え法に成功した経験がない方ほどまずは2週間、生大根置き換え法を続けてみてください。

それでお通じが以前よりよりよくなってきたら、少しずつではありますが、体質が改善されてきている証拠。

置き換え法に成功したことがない人ほど、まずは2週間。

方法|食べる順番を工夫

生大根置き換え法の方法として意外に工夫されている人が少ないのがこの生大根置き換え法をしているときの食べる順番。

食べる順番を少し工夫するだけで、満腹感も違ってきます。

コツとして生大根置き換え法に限った話ではないですが、最初に汁系のものを食べたあとに、次はサラダなど(ちなみに、生大根置き換え法の場合だとここで生大根がおすすめ)。

そして最後におかずやご飯などのメインとなる食事をすると満腹感も違ってくるので、食べる量を抑えることにもつながります。

つまり、食べる量が同じでも満腹感が違う、ということです。

生大根置き換え法の危険性はある?

生大根置き換え法の危険性について

生大根置き換え法には特に健康を害するような危険性はないですが、生大根置き換え法中の偏った食生活というのは確かに危険な場合があります。

(生大根置き換え法に限った話ではありませんが)

偏った食生活の危険性についていくつかまとめてみましたので参考にしてください。

また、生大根置き換え法にいくつかの「危険であるという噂」もあるようですので、そのへんの誤解についてもまとめました。

消化不良、便秘・下痢の項目も参考にしてみてください。

生大根だけ食べる

生大根置き換え法をすればある程度は痩せる効果は期待できると思います。

ですが、そのなかにひそむ危険性としては生大根だけばかりを食べること。

置き換え法に必死になりすぎて生大根だけをとるのは栄養バランスが偏ってしまいます。

他の食事もバランスよくとりいれることが必要です。

低カロリー

生大根置き換え法で生大根を食事に取り入れることは置き換え法をする人にとってはすごくいいことですが、生大根は100gに含まれるカロリーは18キロカロリーです。

1日に600キロカロリー以下の食生活というのは栄養学的に危険な水準といわれています。

つまり、生大根は低カロリーではあるけれども、栄養としての必要なカロリーはしっかりととらないといけない、ということです。

リバウンド

先ほどの低カロリーの話につながることですが、あまりに低カロリーな食生活を続けていると、どこかで体がカロリーを必要とするため大きなリバウンドにつながる可能性がでてきてしまいます。

適度なカロリー摂取は生大根置き換え法にも必要、ということになります。

消化不良

生大根置き換え法をすると消化不良になるのではないか?ということが言われることがあるようですが、生大根置き換え法では酵素を体内に取り入れることができます。

この生大根の酵素は消化不良を引き起こすのではなく、逆に消化不良にならないようにしてくれる作用があります。

消化不良についてはマイナスになることはないので、その点については心配する必要はないかと思います。

胃もたれ

生大根置き換え法で胃もたれにはなりません。

もし胃もたれになるようなことがあれば、それは生大根と一緒に食べた他の食事が原因です。

人それぞれ個人差があるのは当然ですが、胃がもたれるということはないでしょう。

便秘、下痢

生大根置き換え法で便秘や下痢などの腸の環境が悪いことが原因で起こる症状がないといっていいと思います。

むしろ、生大根の食物繊維は腸内の環境を改善してくれる効果があります。

ただ、冷たい大根おろしを大量に、しかも一気に食べればお腹が冷えて下痢になってしまうかもしれませんが、普通に生大根置き換え法をしていればそのような心配はないでしょう。

生大根置き換え法で成功するには?

成功のポイント|300g

生大根置き換え法では1日に食べる生大根の量は300gは必要と言われます。

300gというのは輪切り大根でいうとだいた6枚前後になりますが、大根おろしにするなど、ちょっとした工夫をするとつづけやすくなります。

もちろん、この300gというのは最低ラインなので、それ以上生大根を摂ってはいけないということではありません。

成功のポイント|1日2回

健康的で痩せやすい体質にしていくためには加熱されていない食べ物と加熱された食べ物を食べる割合は加熱されていないものが6で加熱されたものが4、というのが理想的だそうです。

この比率で生大根をとろうとすると朝と昼版のどこかに生大根を2回取り入れるとうまくいくでしょうね。

成功のポイント|汁も一緒に

生大根置き換え法で大切なのは生で食べることですが、生大根をおろして食べるような時はお汁も一緒に飲むようにしましょう。

お汁だけを残してしまうとそのなかに含まれている生大根のエキス、食物繊維がそこに残ったままにするよりは、もちろんそのエキスや食物繊維をしっかりと体内に取り入れた方が効果的。

成功のポイント|すぐ食べる

生ものの野菜は切ったり、おろしたりするとすぐに酸化が始まります。

これは栄養素が低下してしまうこともありますし、生大根置き換え法の一つの大きなポイントである酵素が減少してしまうことになるので、調理したあとはすぐに食べるようにしましょう。

生大根置き換え法で痩せない場合とは!

毎日食べないでいる

生大根置き換え法は基本的に毎日生大根を食べることになります。

1週間に1回、2回だけ生大根置き換え法をしても痩せることは厳しいでしょう。

逆にいえば、毎日しっかりと生大根を食べることで徐々に効果を実感できると思います。

すぐ食べないでいる

生大根置き換え法で摂る生大根は調理後すぐに食べないといけません。

すりおろした生大根を容器に入れて持っていったりして、あとで食べる、というやり方は間違ったやり方です。

生大根に含まれる酵素、イソチオシネート、といった置き換え法にとても大切なものが空気に触れる事により酸化してしまい、壊れてしまいます。

生大根は調理したらすぐ食べる。これが重要です。

ここを間違うと痩せない可能性大です。

加熱している

生大根置き換え法は生大根というだけあって加熱してはいけません。

加熱処理してしまうと酸化したときのように、酵素などの置き換え法に必要な要素が台無しになってしまいます。生大根置き換え法をしてるのに痩せない原因になってしまいます。

ただ、50°程度の温度で2分まで、という条件付きであれば加熱してもいいようですが、それでもやっぱり加熱せずに摂るようにした方がいいかと思います。

酵素というのはすごく熱に弱いですから。

動物性タンパク質をとっている

生大根置き換え法中はできるだけ、動物性のタンパク質は控えるのがベスト。

せっかくの生大根置き換え法も動物性のタンパク質をたくさんとると痩せない原因になってしまいかねません。

もちろん、適度に食べることはいいことですが、できれば抑える方がいいです。

特にお肉は3日に1回ぐらいのペースにする方がいいようです。

続けることが大事

生大根置き換え法も他の置き換え法もそうですが、最低でも数か月は続けて欲しいところ。

いろんなメディアでは1週間、2週間で痩せたみたいなことがいわれていますが、実際には2ヶ月、3ヶ月続けてこそ生大根置き換え法も効果がでてくるものと思います。

もちろん体質は人それぞれですから、効果がでるのが早かったり、遅かったりとなることもあります。

痩せない時期をなんとか乗り越えてこその置き換え法だと思うので、2ヶ月、3ヶ月は続けて欲しいと思います。

生大根置き換え法が失敗するケース

失敗するケース|煮る、焼く

生大根置き換え法ではあくまで生のまま大根を食べる必要があります。

間違って煮たり、焼いたりした生大根を食べていると置き換え法効果は減少してしまいます。

生大根置き換え法で一つのポイントとなるのは酵素を豊富に取り入れるということです。

酵素は非常に熱に弱い性質があるので、煮たり、焼いたりすると壊れてしまいます。

失敗するケース|酸化

生大根置き換え法では生大根をおろしにしたり、輪切り・乱切り、ジュースにしたりして食べますが、その時に時間をおいてから食べるとその時は空気に触れる事によって生大根は酸化してしまいます。

先ほどの加熱してしまうことと同じようなことなのですが、酸化してしまうということは酵素が酸化することで壊れてしまいます。

失敗するケース|食べる量

生大根置き換え法は1日に300gは食べることが必要です。

これがあまりに少ないと体のなかに取り入れる酵素の量も減ることになります。

酵素の量が減るとうことはそれだけ生大根置き換え法の効果が薄まるといってもいいほど重要なことです。1日に300g以上は食べるようにしましょう。

失敗するケース|食べ過ぎ

生大根置き換え法をしているからといって他の食事をどれだけ食べてもいいというものではありませんね。

腹8分目という言葉がありますが、できることなら腹7分目、6分目ぐらいにする方が体が消化に使うエネルギーを代謝のアップなどに使うことができるので、くれぐれも注意を。

失敗するケース|飽きる

生大根置き換え法では生大根を毎日食べることになります。

そうなれば、当然「また生大根か」となってしまいます。

これは料理のレパートリーを増やすことで防げます。

生大根を食べるパターンとしておろし、輪切り・乱切り・スライス、ジュースといろいろあると思いますが、それぞれにいくつかのレパートリーを持っていると飽きずに続けやすいです。

生大根置き換え法で便秘解消できる理由!

理由|食物繊維

生大根置き換え法には食物繊維が豊富に含まれています。

生大根置き換え法の一つの特徴ともいえる部分で、毎日生大根を食べることは便秘の解消に効果的。

便秘で困っている人は食物繊維をとっているようで、とれていないケースも多いようです。

生大根置き換え法では生大根を食べることで、豊富な食物繊維を取りれることができるので便秘の解消に役立ちます。

理由|酵素

食べ物がしっかりと消化されずに未消化の時間が続くと体内の消化酵素を浪費してしまうことになります。

体内の消化酵素を浪費してしまうと細胞に脂肪も溜まりやすくなり、太りやすい体質に。

そして、消化不良の状態では腸に老廃物も溜まりやすく有害物質も溜まりやすくなります。

こういう状態が腸のなかで起こってしまっていると当然便秘になってしまうことも多くなってしまいます。

生大根置き換え法をすることではこの消化酵素をサポートする酵素を取り入れることができ、消化不良で起こってしまっている腸の中の状態を改善してくれる効果が期待できます。

そして、この酵素を簡単に摂る方法としては生大根をジュースにするのがおススメ。

ジュースにすることで量的にもたっぷりと摂ることができ、また、生大根自体の消化もよくなります。

理由|食物繊維と酵素

生大根置き換え法が便秘の解消によいといわれるのはこれらの食物繊維と消化酵素をとりいれることができるからです。

そして、生大根置き換え法のこの食物繊維と酵素のバランスがとても良いといわれます。

この食物繊維と酵素(消化を助ける酵素)を同時にとれる、ということは便

秘の解消にはかなり強力なサポートをしてくれます。

生大根置き換え法に関するおすすめの商品

最後におすすめの生大根を…

といってもなかなかネットで生大根は売ってませんよね。

普通にスーパーで購入しても良いのですが、自分の場合は「ハマった」という風に書いてある通り、今は続けていません。

生大根は一時期すごくハマって、そこから色々と手軽にできるものはないかなって試して以下のものを試したりしました。

どれも手軽なのでおすすめですね。生大根から得られるメリットを「手軽さ」を優先して試したものになるので、ぜひ参考にしていってください。

created by Rinker
こだま食品 広島県産有機千切り大根 50g

まずは生大根を良いするのが面倒臭くなり、干し大根に移動しました笑。

つぎに干し大根を戻す作業がめんどうくさくなり、野菜ジュースでサクッと飲んで栄養を取れるように移行しました。

このつぶより野菜はCMでもおなじみのカゴメの商品なので、見たことがある人は多いんじゃないでしょうか。

最後に「とりあえず食物繊維を直で取りたい!」と思って、食物繊維に移動しました笑。

ちなみにこの食物繊維はいまだに続けています。

溶かすだけで手軽なのでおすすめですね。