瞑想

瞑想のやり方を1から学ぶ&始めるための方法【初心者向け】

黙想が多くの利点を持っているのにもかかわらず、多くの人々は黙想する方法を学ぶスタートでつまずいてしまいます。

しかし、いま現在では多くの瞑想の方法を学べる媒体が増えていますので、初心者でも簡単に瞑想のやり方を1から学ぶことができます。

瞑想はその名前の由来や意味が示す通り、誰かによって導かれることを可能にします。誰かから瞑想を学ぶということは、ただ単に瞑想を学ぶだけでなく、瞑想に必要な「精神的なイメージ」や「呼吸法」、「マントラ」を通して瞑想について深く学ぶことができます。

そこで、ポッドキャスト、ビデオ、あるいはスタジオにあるようなクラスによって、講師による瞑想を学ぶ場を見つけることで、あなたは1つ1つの段階を通してに瞑想を学ぶことができます。

そうすることで、細かいテクニックや正しいフォームの調整を講師に任せ、「瞑想する」ということだけに集中して、リラックスして瞑想を行うことができるでしょう。

瞑想を学ぶ場所や方法

今やオンラインの世界でも瞑想を学ぶことができます。さらにインターネットの発達によってオンデマンドでガイド付きの瞑想学習の場を見つけることは簡単になりました。

そこで、ここではいくつかの瞑想を学ぶ場所や方法について紹介していきます。

瞑想関連のウェブサイト

検索エンジンによって、文字または画像、もしくは両方の形式を利用した瞑想の説明を無料で公開しているウェブサイトがたくさんあります。

中には「これが無料で?」というような多様な情報量を提供するウェブサイトも増えてきています。

かいも
かいも
このサイトがそういう風に思って貰えるサイトとして運営を頑張りたいと思っています笑

アプリ

アメリカではアプリによる瞑想の学習が発達しています。その傾向から日本でも今後はますますアプリによる瞑想学習が進むと推測されるでしょう。

とある研究者は「最も人気のあるアプリ」が必ずしも「最も効果が高い」とは限らないと示しています。

もちろん、瞑想アプリが瞑想を始めるにあたっての手助けを行い、瞑想の効果を得るための手伝いをしてくれるのは否定できません。

しかし、最も人気のあるものがあなたに最も有益なものであるとは限りませんので、自分に最も合ったものを見つける必要があります。

YouTubeや動画サイト

動画による瞑想の練習方法は非常に有効でしょう。特に今はyoutubeが勢いを増してきていますが、他の動画サイトを利用する手もあります。

また、動画サイト以外にもDVD等による瞑想の練習セット販売というものも存在しています。

オンラインの音楽サービス

こちらは映像ではなくBGMと一緒に言葉による説明のサービスになります。

音楽が流れる中で、1つ1つの指示が出てきますので、それに従って瞑想を行うような感じです。

これの利点は目を閉じたまま集中して瞑想に取り組むことができる点です。

ヨガスタジオ

外に出なくてはいけないというデメリットはありますが、やはり教室で瞑想を学ぶというような形式は今でも根強く人気になります。

他の人に囲まれてガイド付き瞑想を試してみたい場合は、ヨガスタジオがおすすめになります。

瞑想を効果を効率的に得るためには

瞑想を始めることを決定したら、サイレントまたは飛行機内モードでお使いのスマホを使用負荷にするところから始めます。

に5〜10分間スマホから完全に離れる時間を取りましょう。自分自身が瞑想の利点を最大限受けるために自由になることが必要です。

そして、どこか快適な場所に座るか、または横になります。それはベッドの上かもしれませんし、居心地の良い椅子かもしれません。またはあなたの家の好みの部屋の隅に置かれているクッションの上かもしれません。

そこで、あなたは目を閉じて、自然に呼吸し、瞑想を始めます。 黙想を規則的な練習にするためにはスケジュールに黙想の時間を用意する必要があります。

一日の特定の時間に瞑想することを定期的に行うことで、瞑想を習慣にすることができます。 さらに、瞑想には練習が必要です。

誰もが最初から完璧な瞑想を行い、最大限のメリットを得られるわけではありません。瞑想の利点を効果的に受けるには練習と献身な姿勢が必要となります。

日常に瞑想の時間を用意する

瞑想を「また今度にしよう」ということで、いつまで経ってもやらなくなるといった悪循環に陥るのはよくあることです。

しかし、実際にその「また今度」ということがやってくることはありません。

あなたが瞑想を週間として、日常のの定期的な一部にしたいと考えているのであれば、ストレスを解消するために1回だけ瞑想を行うのではなく、瞑想する時間を確保することが必要です。

多くの人は朝や夕方、寝る前といった瞑想を行うための時間を確保しています。これは子供たちが眠っている時、また、夕食と料理の両方が完了して時、仕事が片付けられている時といった一日の中で最も静かな時間であることが最適です。

午前中にそれを行う利点は、瞑想によって心を晴れやかにして一日を開始できること、そして、あなたが用事、会議、および雑用の間に瞑想を行うための時間を見つけようと焦る必要がないことです。

一方で、寝る直前に瞑想をすると、熟睡に最適なリラクゼーション状態になることができます。

瞑想に従事するために、日中にできるときはいつでも数分を瞑想のために利用することは有益な場合もあります。

始めるときは瞑想プロセスのコツをつかむために短い時間を検討してください。頻繁に瞑想を5~30分程度行います。

最終的には瞑想に1時間以上を費やすことが理想ですが、現実的に考えると、忙しい中で行うことは難しいです。しかし、瞑想は短い時間であったとしてもメリットはありますので、とにかく「瞑想を行う」ということが大切です。

瞑想のプロセス

初心者は瞑想を行う際に、ほとんど精神的に不快感をに感じます。あなたの心はただ瞑想の指示を持っている場合でも心が落ち着かない場合もあります。

それはあなたが思考に意識を持っていかれることが原因になります。しかし、うまく思考を停止したり、心を空にすることも大切ですが、それをすることが瞑想の目標ではありません。

もし、そのようなことが起きた場合は「思考していること」を認めて、その後、できるだけ早く呼吸に戻ります。

瞑想後の時間はは「どのような思考が最も存在していたのか」、「なぜそうなったのか」を観察するのに最適な時間です。

練習を続けるうちに、心の中心を保つことが簡単になります。ここで注意して欲しいのは上記のようなやり方を試行錯誤している時でさえ、黙想を練習する「間違った方法」というものがないことを意識することです。

あなたが瞑想によって導かれた時間が終わったとき、すぐに日常生活の多忙なペースに戻らないようにしましょう。自分自身がゆっくりと瞑想を終了し、今この瞬間に存在したままにすることを心がけましょう。

そうすることで徐々にあなたの周りの世界をゆっくりと再認知するようになり、静かに目を開き、新たな活性化および静寂な心を保った日常生活に戻るようにしましょう。