瞑想

瞑想の効果と概要|ストレス管理のための瞑想の利点とやり方を紹介

瞑想はあらゆる人生の歩みの人々の間でストレスを和らげるための最も人気のある方法の一つとなっています。

この古くから行われている瞑想は、様々な形で行われており、多くのスピリチュアルな修行と組み合わせて行うこともあります。また、いくつかの重要な方法で使用することができます。

  • 即効性のあるストレス解消法として、体のストレス反応を逆転させ、物理的にリラックスさせることができます。
  • あなたの毎日のルーチンの一部となり、ストレスに対する回復力を構築するのを助けることができます。
  • 感情的なストレスで気分が落ち込んでいるときに、心を集中させるために使うテクニックになります。

瞑想の種類によっては、減量やより健康的な食事のために使用することもできます。

身体と心を落ち着かせることを学ぶことで、身体的・精神的ストレスは溶けていきます。

これにより、気分が良くなり、リフレッシュし、健康的な姿勢で一日の課題に立ち向かうことができます。

週または月にわたる定期的な練習によって、さらに大きな利点を経験することができます。

瞑想とは一体何なのか?瞑想の基本的な概要

瞑想はリラックスした姿勢で座り、あなたの心をクリアにしたり、1つの思考に心を集中させ、他のすべてのものをクリアにしていきます。

瞑想の際に集中する音には「単調のような音」や「あなた自身の呼吸」など一般的なものから、数字のカウント、マントラ、または全く何にも焦点を当てずに行うことができます。

多くの瞑想の技術間の共通していることは「あらゆる新しい思考を停止すること」です。

瞑想のセッションは任意の長さにすることができますが、一般的には少なくとも5~20分の時間が必要です。

長い瞑想の時間を使うことはより大きな利点をもたらす傾向がありますが、あなたが長期的な練習を維持することができるようにゆっくりと少ない時間から開始するのが最善です。

多くの人は、セッションごとに長すぎる時間をかけて瞑想しようとしたり、「完璧な練習」をしようとすると、威圧的になったり、困難になったりして、毎日の習慣として続けることが難しくなることに気づきます。

まずは習慣を作成することを目標とし、その習慣となった瞑想をより完璧なバージョンにする方がはるかに良いでしょう。

瞑想は沈黙とプライバシーを持っているのが便利ですが、より経験豊富な瞑想者はどこでもどんな場所でも瞑想を練習することができます。

瞑想の多くの実践者は瞑想に対して精神的な要素を付け加えるます。しかし、瞑想はどのような方法でも受け入れられるもんで、瞑想することに「間違った方法」というものはありません。

瞑想のよる多くの利点とは

瞑想のメリットは、特にストレス反応を逆転させることで、慢性的なストレスの影響から身を守ることができる点が大きいです。

しかし、その他にも以下のような利点が挙げられます。

  • 心拍数および呼吸が遅くなります。
  • 血圧は正常化します。
  • 酸素をより効率的に使用します。
  • 免疫機能が向上します。
  • 汗をかく量が減ります。
  • 副腎のコルチゾールの分泌量が減ります。
  • 心の老化が遅くなります。
  • 心がクリアになり、創造性が高まります。

定期的に瞑想をしている人は、喫煙、飲酒、薬物などの人生を損ねる習慣を断ち切ることが容易になります。

それは多くの人々が内なる強さの場所に接続するのに役立ちます。瞑想の研究はまだ比較的新しいものではありますが、将来性があることがわかっています。

瞑想がストレス管理のためにできることは何か?

一日中、私達がストレスを経験するとき、私達の体は自動的にストレスと戦うか、または逃走するための準備する方法に対応します。

極端に危険な場合には、この物理的なストレス反応が有効な場合になることもあります。

しかし、そのような興奮状態が長期化すると、体のあらゆる部分に物理的な損傷を引き起こす可能性があります。

瞑想はストレスとは正反対の方法で身体に影響を与え、身体のリラクゼーション反応を誘発します。

瞑想は体を平穏な状態に回復させ、体の自己修復を助け、ストレスの物理的影響による新たなダメージを防ぎます。

瞑想には、より直接的な物理的なリラクゼーションの要素も含まれているので、ストレスを回避するのに本当に役立ちます。

瞑想がもたらすことができるより大きな利益は、定期的な練習で得ることができる長期的な回復力です。

研究では定期的に瞑想を練習する人は、ストレスの多い状況からより簡単に回復し、日常生活で直面する課題からより少ないストレスを経験することができます。

また、ストレスへの応答の変化を経験し始めることが示されています。

研究によると、ポジティブな気分をより頻繁に経験する人は、ストレスに対してより回復力があることが示されています。

他の研究では、定期的に瞑想を行っている人の脳に変化が見られ、それがストレスに対する反応性の低下につながっていることが分かっています。

瞑想によってあなたの思考に焦点を合わせることを学ぶ練習は、あなたが否定的な思考パターンに陥ったときに自分自身をリダイレクトするのを助けることができます。

瞑想は1つの簡単な活動でいくつかの解決策を提供しています。

瞑想の長所と短所とは

瞑想は無料で、常に利用可能であり、短期的なストレスの軽減と長期的な健康に驚くほど効果的であるという点で長所があります。さらに、利点は1つのセッションで感じることができます。

経験豊富な講師が有用である場合もありますが、絶対に必要ではありません。本からまたはここのようなサイトから多くの有効な瞑想の技術を学ぶことができます。

最終的にはあなたがしばらくの間、現在の時間または何か1つのことに対し、呼吸に焦点を当てることができれば、あなたは瞑想することができます。

瞑想はしばしばいくつかの練習が必要であり、最初は「理解する」ということが難しいと感じる人もいます。

また、瞑想には少しの忍耐力が必要で、自由な時間が少ない人には難しいかもしれません(小さな子供からプライバシーをほとんど得られない留守番のお母さんなど)。

ただし、学び、練習するのにかかる時間および努力によって得られるものは、十分な価値があります。



瞑想と他のストレス解消方法との比較

  • 薬物療法やハーブ療法とは違って、瞑想には潜在的な副作用はほとんどありません。
  • 物理的な制限の人々は、ストレス解消のための激しい物理的な運動よりも瞑想の練習をする方が容易であると感じるかもしれません。また、特別な装置は要求されません。
  • 専門家の助けを雇うこととは違って、瞑想は自由です。
  • 瞑想を規則的な習慣にするためには規律が必要です。多くの人々は瞑想を始めることよりも、それを習慣として維持することが困難であると感じています。(そのため、瞑想のグループを見つけることが完璧な解決策になるかもしれません。)
  • 一部の人々はそれが一日の思考から自分の心を解放することがより困難であると感じるかもしれません。これはイベントに向けて集中する方法や運動などにより心をケアする方法よりも困難になることがあります。

瞑想について心に留めておくべき4つのこと

長時間の1回の練習よりも、一貫した練習の方が重要です。

つまり、週に1回30分瞑想するよりも、週に6回5分瞑想する方が良いということです。

前者は週に何度かあなたの体のストレス反応を落ち着かせることができますが、後者はより深いリラックス状態にあなたの体を落ち着かせることができます。

さらに、練習するために長いセッションのための時間を見つける必要があると感じる場合よりも、毎日の短いセッションから始めることができれば、定期的な瞑想の練習に固執する可能性がなくなります。

前者は瞑想の時間を見つけることができないというストレスにつながる可能性が高く、その後、瞑想を続ける意欲を失うことになります。

完璧な練習よりも、定期的な練習が重要です。

つまり、どのような姿勢で座るか、座るときにどのようなテクニックを試すか、どのくらいの時間座るか、何時から何時まで座るかなど、あまり気にするよりもただ座って瞑想するべきだということです。

瞑想を開始する場合にこれらの詳細を検討する必要があると感じてしまった場合、瞑想を始めるのが難しくなります。

とにかく瞑想する「間違った方法」はありませんが、どんな瞑想であってもやらないよりは良い結果が得られます。

あなたの心がさまよっていることに気づいたら、それは良いことです。

瞑想は一部の人々、特に完璧主義者にとっては難しい場合があります。

瞑想を「正しく」したいという思いに陥ってしまうと自分自身に不満を感じるようになります。

覚えておくべきことは、あなたが上記のような想いになっていることに気づいた場合、それは良いことだということです。

自分の考えに気が付き、自分の瞑想(あなたの呼吸、現在の瞬間、またはあなたの焦点として選択しているもの)に戻すことは、瞑想の真のポイントです。

とにかくあなたの心がさまよっているのを防ぐことは事実上不可能です。

瞑想の熟練者でさえ、瞑想は挑戦的であると感じています。

これは驚くべきことかもしれませんが、長年瞑想している人でも、瞑想によって現在(今この瞬間)に滞在・集中することが難しいと感じています。

しかし、これは誰にとっても正常なことです。そういった要素さえも瞑想の一部となっているので落胆してはいけません。

瞑想を始めてみましょう

これらの素晴らしい利点を持っている瞑想には多くの形態があります。

形態によっては練習する際に快適さに差を感じるかもしれません。そのため、いくつかの形態を試して、自分に最適と思われるテクニックを繰り返すことをお勧めします。

ストレスの多い状況にないときに瞑想を実践すると、必要なときに落ち着くテクニックとしてそれを使いやすくなります。

毎日のエクササイズとしてではなく、必要に応じてそれを使用することを計画している場合でも、圧倒されていると感じたときに初めてそれを試すのではなく、特にストレスを感じていないときに瞑想を練習(実践)しておくことをお勧めします。

覚えておくべき最も重要なことは、1日に数分の瞑想を練習し、各セッションで少なくとも5分間座ることを試みることです。

どこから始めればよいかわからない場合は、単に5分間あなたの呼吸を聞くことに集中することができます。

そのためには、体をリラックスさせ、楽な姿勢で座り、自分の呼吸に注目してみましょう。もし他のことを考えていることに気がついたら、自分の呼吸に注意を向けるだけです。

もう一つの簡単な方法は、呼吸を数えることです。息を吸うときは、頭の中で「1」を数え、吐くときは「2」を数えます。

他の考えによって気を取られるようになったことに気づいたら「1」で呼吸し、最初からやり直すように行き続けて下さい。

これは、単純な呼吸瞑想よりも練習が簡単な人もいれば、難しい人もいます。覚えておいてく欲しいのは「あなたの最高の瞑想法は、あなたに共鳴するものだということです。」

あなたが求める瞑想を見つけてください。