モチベーション

行動力がない人に当てはまる特徴&モチベーションが上がらない原因とは?

行動力がある人って憧れますよね。

仕事もバリバリこなせたり、プライベートも充実できたりするので、行動力があるかないかの違いだけでも人生に充実感が持てるようになります。

ですので、行動力がない人にとっては何か思い立ったらすぐ行動に移せる事が羨ましく思うかもしれません。

ですが、行動力がないとお悩みの方でも行動力がない原因をきちんと把握できれば、意識的に行動するよう心掛ける事ができるようになります。

そこで、今回は行動力がない人にはどういった特徴があるのか具体的に紹介していきます。

その次に、モチベーションが上がらない人に共通する原因を解説していきます。

行動力のない人とはどんな人?

皆さんは、行動力がない人にどういったイメージをお持ちでしょうか?

毎日だらだら過ごすことが好きで、現状に満足しているタイプだと思うかもしれません。

ですが、もし現状に満足しているのであれば「行動力がない事」に悩む事もないと思いませんか?

だらだら過ごすことが好きで特に不満がなければ、現状を変えてまで行動力を持ちたいと思う事もないでしょう。

おそらく、この記事をご覧の方は少なくとも現状に満足していない方ではないでしょうか。

現状に満足していないからこそ、行動力を持って仕事やプライベートを充実させたいと考えるのだと思います。

なので、行動力がない人というのは、少なからず自分を変えようと努力しているはずです。

ただ、それが継続できないあまり、自分には行動力がないと思い込んでしまっているのかもしれませんね。

行動力がない人に共通する特徴とは?

他人の意見を気にしすぎる

周りの意見を気にしすぎると、気持ち的にも不安定になりますよね。

例えば、自分がこれからやりたい事を親や友人に相談してみた時、応援してくれる人もいれば反対に否定的な事を言われる事があるでしょう。

または、世間的な風潮ばかり気にしすぎると自分のやりたいことを抑えてしまう事もあるかと思います。

ただ、実際に行動に移すのは自分自身であり、否定的な意見が必ずしも正しいとは言えません。

むしろ、周りの意見を気にしすぎて行動に移せなくなる方が時間も人生も勿体ないことです。

ですので、あまり周囲の意見は鵜呑みにせず参考程度に受け止めるくらいにすると自分で行動力を抑えず前向きになれるでしょう。

慎重派タイプ

行動力がない人はおそらく何事にも慎重に考えるタイプかもしれません。

何か新しい事を始めようとするとき、大抵の人は抵抗感を持ちます。それは、ある意味本能と言いますか、新しいことにチャレンジするとき、少なからず抵抗感が出てくるものです。

たとえ行動力がある人であっても新しいことに挑戦することに少なからず躊躇します。

ただ、あまりに慎重な性格の方であると、失敗を避けるように物事を考えるため、その抵抗感がより高まってしまうのです。

逆に行動力がある人の思考は、行動してから失敗を修正しようという考えを持っているので、そこで最初の一歩がスムーズに踏み出せるかが分かれてくるのです。

自信がない

自信がないあまり、行動力がない事も考えられます。

行動に移す前にマイナスのイメージが思い浮かんでしまい、「失敗に終わるのでは?」といった漠然とした不安感があるのかもしれません。

過去に体験した失敗や挫折があると、自信を失い、行動力が抑制されている事が考えられます。

ですが、自信とはある意味、経験値とも言えるため、行動することである程度経験を積むことが出来れば自信は自ずとついてくるので、過去の失敗を克服できるようになれば行動力が出てくるようになるでしょう。

行動力は純粋さでもある

行動力は言いかえれば「純粋さ」です。

興味、関心という純粋さがあれば、人は行動に移すことができるのです。

また、純粋さはどんな人にも備わっているため、行動力がない人はただその純粋さを忘れているだけなのかもしれません。

子どもの頃の事を思い出してみてください。おそらく、何も考えず自分が興味ある事があったらすぐ行動に移していたかと思います。

ですが、成長するにつれ、周囲の大人や環境からある程度行動を抑制されることもあり、人間に本来備わっている純粋さも抑制されてしまうのです。

行動に移すことに抵抗感を持つ事や失敗しないようにする事は自然なことではありますが、純粋さも抑制して行動もおろそかになってしまっては本末転倒というものです。

ですので、純粋さを頼りに何も考えずにとりあえず行動に移してみると行動力は自然と出てくるようになるでしょう。

モチベーションが上がらない原因とは?

仕事、勉強、家事、掃除など、やらなければいけないのはわかっているのになかなかモチベーションが上がらない事はありませんか?

そんな時ほど会社に行くことも勉強するのに机に座るのも億劫になってしまいますよね。恐らく、誰しも経験がある事でしょう。

ですが、全くやる気がないという事ではなく、行動が伴わない事が多くの人が抱える悩みではないでしょうか。

その結果、何とかモチベーションを上げようと必死に考える事に繋がっていくのかと思います。

ただ、モチベーションが上がらないのにはしっかりとした原因があるため、まずはどういった事がモチベーションを妨げているのかをしっかりと理解していきましょう。

そこで次は、モチベーションが上がらない原因をいくつか紹介していきます。

何とかモチベーションを上げようと意識しすぎている

先ほど書いた原因「行動ができていない」ことに話が繋がりますが、モチベーションは行動することによって上がってくるものです。

なので、モチベーションを上げようと意識して行動しようとしなくても、行動すれば自ずとモチベーションは高まってきます。

なので、モチベーションが上がらない原因として意識しすぎている事も考えられますので、あまり意識せずとりあえずやってみようと手を付ける方がモチベーションを上げるには効果的なのです。

モチベーションが上がらない環境にいる

モチベーションが上がらない原因として考えられるのが環境です。

例えば、仕事のモチベーションが上がらない場合は、仕事内容そのものがルーチン化している可能性があります。

また、勉強に関しても毎日場所で同じやり方で同じ問題を解いていては先に進みませんし、先が見えないのでモチベーションが上がりにくいです。

やはりモチベーションを上げるには仕事や勉強、家事など、生活環境に何かしら変化をつける必要があり、日頃の生活を見直し少し変化をつけることでモチベーションが徐々に高まってくるようになります。

なので、毎日同じような環境で過ごしているのであれば、一日の生活の中に何か変化を付けるようにしてみましょう。

いつもとは違うお昼のメニューを頼んでみたり、カフェに行って勉強をしてみたりと、環境を見直してみる事でどういった事がルーチン化してしまっているのかがわかってくるようになります。

モチベーションと環境にはきちんと関係性がありますので、モチベーションが上がらない方は環境から見直し、変化をつけてみる事をおすすめします。

行動することが出来ていない

モチベーションが上がらない原因として一番の要因が「行動ができていない」事にあります。

多くの人が「モチベーションが上がらないから行動することができない」と考えてしまうのですが、実は逆で「行動ができていないからモチベーションが上がらない」のです。

おそらく、モチベーションが上がらないと悩んでいる方の多くは、考える事に時間を費やすことが多いのではないでしょうか。

「どうしてやる気が出ないのか」、「モチベーションが上がらないのか」と必死に考えるも、考える事に時間を費やしてしまうため、結局行動できずに終わってしまう。

その結果、また同じようにモチベーションが上がらないと悩んでしまうのです。これではまさに悪循環ですね。

モチベーションは行動に起こすことで徐々に高まってくるものです。言い換えれば行動なしにモチベーションはないと考えてもいいでしょう。

なので、モチベーションが上がらないと悩む前にとりあえず手を付けてみるようにしましょう。行動に起こしてモチベーションが上がる感覚が実感できれば、行動に起こすことも苦ではなくなります。

目標が明確ではない

目標には一時的なものと長期的なものの二つがあります。

一時的な目標は先ほど紹介した小さな達成感や成功体験の事を指しますが、長期的な目標は最終的にどこに辿り着くのかを指します。

この一時的、長期的な二つの目標にはバランスがあります。

どんなに小さな達成感が実感できたとしても最終的にどこに辿り着くのかが明確でなければ、徐々にモチベーションは下がってしまいます。

逆に、最終的にどこに辿り着くのかがはっきりしていてもその間、小さな達成感が実感できなければ、モチベーションがなくなり、最後までたどり着けない結果に終わってしまいます。

目標はモチベーションを維持する助けとなりますが、きちんとしたバランスが保てなければ次第に崩れてしまうのです。

特にモチベーションが上がらない原因には「最終的な目標が明確にできていない」事も考えられますので、実際に行動に移す前にどういった目標を持って行動するのかを明確にしてみましょう。

達成感、成功体験がつかめてない

モチベーションを維持するためには、達成感、成功体験は必要不可欠です。

達成感や成功体験は行動した結果であるため、これもまた行動する事と関わりがあると言えます。

ただ、何かしら行動に移しても現実とは違った結果に終わってしまう事はよくあります。

その結果、せっかくモチベーションが上がってきたのに、現実にぶつかりモチベーションが下がってしまう事になるのも事実ではあります。

ですが、行動していく上ではモチベーションの上がり下がりはつきものです。それよりも達成感をどうやって感じるのかを考える方がモチベーションの維持に繋がってきます。

なので、最終的な結果よりも行動に移して小さな達成感を繰り返し実感できるようになれば、モチベーションも維持できるようになるでしょう。

まとめ

どうでしたか?

モチベーションが上がらない原因をいくつか紹介していきましたが、やはり一番モチベーションと関わりがあるのが「行動する事」にあります。

ですが、多くの人は「モチベーションが上がらない事」について必死に考えてしまいがちです。

ただ、皆さんが目指しているのはモチベーションが上がらない原因を追究する事より、いかに持続的に行動する事が目的ではないでしょうか。

なので、モチベーションが上がらないとあまり悩まず、今回紹介した原因をしっかりと理解していただき、コツコツと目標に向かって行動していきましょう。