考え方

気力がないときの原因&ストレス解消できない間違ったやり方とは?

「仕事に行く気力がない。やる気が出ない」
「なぜかわからないけど、なんだか無気力で頭が重い」
「朝はいつも憂鬱な気分だ」

こいった悩みについては、私自身も何度も経験しているので、その辛さはよくわかります。

一日中何かがモヤモヤしているような気がしますよね。

頭の中でモヤモヤした感覚が常に頭から離れないような気がします。

常に元気がないのは、疲れが溜まりすぎているのが主な原因です。

そして、知らず知らずのうちに疲労が蓄積された結果、「無気力」になってしまっているのです。

そこで今回は、疲れの原因の一つである「間違ったストレス解消法」について、視点を当ててお話ししたいと思います。

気力を奪ってしまう「誤ったストレス解消法」とは

情報の処理に追われて行動する

現代では、インターネットやスマートフォンの普及に伴い世の中には膨大な情報量があり、人々は様々な情報に触れる機会が飛躍的に増えています。

仕事中も、休憩中も、週末も、人々はメールをしたり、SNSでサーフィンをしたり、動画を見たりと、自分が見てきたコンテンツや自分の人生を振り返ってみると、私たちは長い時間、多くの情報にさらされていることがわかります

そのため、ストレス解消のためにメールやソーシャルメディア、動画コンテンツを見て楽しんでいる間にも行われていることが1つあります。

それは「脳による情報処理」なんです。

私たちがSNSで楽しんでいる間、私たちの脳は忙しく情報処理をしています。

仕事や学校で脳を酷使させ、休み時間や休日にも情報処理をさせるとどうなるのでしょうか?

脳に休息の時間が与えられず、急速に疲労が蓄積していきます。

疲労が蓄積した脳は、それ以上の活動を止めるために、私たちに「無気力」という信号を出します。

積み重なった「脳の疲労」が、私たちのエネルギーをゼロにしてしまうのです。

情報を処理しないようにする具体的な行動といえば、先ほども言ったように、メール、SNS、動画コンテンツを見るようなものにも当てはまります。

あなたの脳は、文字を読んだり、動いているものや音声として聞こえてくるものを聞いたりして、情報を処理し続けているのです。

そのため、自分自身のイライラが収まっても、体が十分に休んでいても、脳は決して休むことはありません。

そして、疲れた脳は「無気力」と呼ばれる危険信号を発信して行動を制限しています。

他人からの評価で行動しようとしている

やる気が出ない時、それは誰かのために行動したり、何かをやらされているような行動だったりしませんか?

例えば接客業をしている人の多くは「お客様に喜んでもらいたいという気持ちがモチベーションになっている」という人が多いです。

他人のために何かをすることは何も悪いことではありません。

しかし、それでは自信につながる自己決定感が得られないので、長く仕事を続けることができません。

一方で、自分基準の意識の持ち方は、自分の行動がうまくいっているかどうかを自分で考えています。

やる気が出ないと感じる時は、他人からどう思われているかが見えにくくなり、他人の基準を意識するようになる時です。

そこで、自分の意識の基準に書き換えて、「他人がどう思おうと、これをやるのは自分の責任だ。これは自分にとって意味のあることだし、自信になる!」と行動に移すことです。

自分の基準で物事を認識していると、「誰かのためにやっている」「自分がやらされている」と感じずに、自然とやる気が出てきます。

何事にも自分の意志を反映させることが大切です。自分の基準もしっかりと身につけていきましょう。

負の感情へと左右されてしまう行動

ネガティブな感情(不安や怒り)が生まれると、かなりのエネルギーを消費します。

詳しくは↓で詳しく説明しています。

常に疲れている原因は感情の使いすぎ?感情との上手な付き合い方とは 「いくら休んでも気分がどんよりしている」 「最近、疲れやすくて困っている」 「朝からグッタリ」 このような...

ネガティブな感情を生み出すキッカケは情報でもあります。

例えば、SNSや掲示板サイトを見ることは、ネガティブな感情を生み出すキッカケになります。

そこで行われる意見のぶつかり合いや誹謗中傷は、自分には関係ないことだとわかっていても、ネガティブな感情を生み出すきっかけになることがあります。しかし、それでもあなたは嫌な気持ちになります。

その嫌な感情は、すぐにあなたのエネルギーを消耗し、あなたを士気を落としてしまいます。

一時的に高揚感の得られる行動

倦怠感や疲れを吹き飛ばそうとして一時的にハイになろうとするのは、あまり良い考えではありません。あまり良いストレス解消法とは言えません。

一時的なハイに続いて、知らず知らずのうちに疲労が襲ってきます。

疲労が溜まると、いつものように脳が危険信号を出して無気力になってしまいます。

一時的に高揚感を与える具体的な行動は

お酒をたくさん飲む。
夜更かしして遊ぶ。

などなど・・・。

これ以外にもやってしまうことはたくさんあります。

そうこうしているうちに、嫌な気持ちを吹き飛ばしたいという気持ちから、これらの行動をしてストレスを発散しようとします。

そもそも、気分が落ち込んだり、疲れを感じることは「疲労のサイン」であり、すぐに休む必要があります。

それなのに、飲み物などの簡単なことで平気なふりをしてみたり、気を紛らわせようとしたりします。そうすると、さらに疲れが溜まってしまい、最終的には「無気力状態」に陥ってしまいます。

このようなストレス発散はそろそろやめにしましょう!

気力を回復させるためのストレス解消法とは

自分のやりたいと思えることをやる

やりたいことをやっているときは、そこに「やりがい」や「価値を感じている」と認識しています。

しかも、それにのめり込んでいくうちに、「疲れ知らず」状態になっていくこともあります。

逆に、やりたくないことを我慢してやっていると、「面倒くさい」「無意味だ」と思ってやる気が失せてしまいます。やりたくないという気持ちが増幅されて、どんどん力が抜けていきます。

一挙手一投足を「やりたいこと」に変えるのはとても難しいので、「やりたいこと」のためにできるだけ多くの時間を確保して、「やりたいこと」に全力を注ぐようにしましょう。

そうすれば、「やりたいこと」をやる時間が増えるだけでなく、「やりたくないこと」をやって我慢するような時間も減ります。そのため体力を消耗することもありません。

ただし、「やりたいことをやる」ということに関しては、睡眠時間が少なくなるまでやるのはやめましょう!。

脳を休ませる時間を減らすと、回復していない疲労が蓄積され、最終的には無気力になってしまいます。

瞑想を利用する

私たちは「瞑想」という言葉を聞くとき、何か宗教的または精神的なものを考える傾向がありますが、そんなものはありません。

科学的に効果があることが証明されており、イチロー選手などの有名人も行っているほどです。

瞑想とは、簡単に言えば、出てきた思考を見て、それを止める行為です。

自分の「意志」で脳の無駄な動きを抑え、脳に効率的な休息を与えることができるようになります。

睡眠+瞑想の力であなたのエネルギーが急激にアップします。

やる気が出てきて、心の余裕と生きる余裕が出てきます。

瞑想の効果と概要|ストレス管理のための瞑想の利点とやり方を紹介瞑想はあらゆる人生の歩みの人々の間でストレスを和らげるための最も人気のある方法の一つとなっています。 この古くから行われている瞑想...

まずは少しずつ物事を始めて見る

やる気が出ない時でも、とにかくやるべきことをやり始めてみましょう。

人は無気力になって立ち止まってしまうと、脳内のが活性化が停止してしまいます、しかし、人間の脳は、何かを始めることで再度活性化する傾向があります。

やる気が出るのを待つのではなく、行動を起こせば、だんだんとやる気が出てきます。

モチベーションが上がらない状態が続くと、仕事だけでなくプライベートでもパフォーマンスが低下してしまいます。

そして、一日中パフォーマンスが低下し、時間に余裕がなくなってしまいます。

このストレスは体調不良にも繋がります。

さらに体調が悪いと、仕事の効率や集中力、発想力が低下し、仕事と私生活のサイクルが乱れてしまって無気力に…という悪循環に陥ります。

そして、知らず知らずのうちにストレスが溜まり、さらにやる気がなくなります。

まずは一歩踏み出して、少しずつ行動してみましょう。

しっかりと睡眠を取る

一番効果的なのは、睡眠をしっかりとることです。

信じられないほど単純なことのように思われるかもしれませんが、元気がないと悩んでいる人の大半は、実は睡眠が足りていないのです。実は寝ることをおろそかにしているのです。

現代人は多くの情報を処理しなければならないにもかかわらず、私たちは脳に十分な休息を与えていません。そうしないと疲労が溜まってしまいます。

そうなると、エネルギーが底をついたままになってしまいます。

エネルギー不足に悩んでいる人は、まず、しっかりと睡眠をとることです。

睡眠を徹底することで、脳がしっかりと休まるようになります。

脳が休まれば、あなたのパフォーマンスを最大限に発揮することができます。

気力を取り戻す以外にも

  • いつも以上に仕事ができるようになります
  • 自分の性格が明るくなる
  • 充実した生活が送れるようになる

このようなメリットを受けることができます。

質の良い睡眠をとって、明るく充実した生活を送りましょう!

疲労を残さない「最高の睡眠」を手に入れるための6つの行動!「寝れない。」 ちゃんと休みたいのに、明日に備えたいのに。 なかなか寝付くことができないのは辛いことです。 でも大丈夫...

寝る時間が確保できないという場合は、昼寝することもおすすめです。

まとめ

まとめになります。

あなたの気力を奪ってしまう間違ったストレス解消法とは、

  • 情報の処理に追われて行動する
  • 負の感情へと左右されてしまう行動
  • 一時的に高揚感の得られる行動

そして、あなたの気力を回復させてくれるストレス解消法とは、

  • 自分のやりたいと思えることをやる
  • 瞑想を利用する
  • しっかりと睡眠を取る

になりました。

この記事を利用して、あなたが元気一杯の明るい日々を過ごせることを期待しています!