人見知り

一番楽しめるのどれ?人見知りの人におすすめの趣味とは!

コミュニケーションが苦手な人見知りの人にとって、休日の過ごし方はインドア派であるというケースも多いと思います。

大人数で旅行に出かけたり、飲み会やイベントへ参加するという人はあまり多くないのではないでしょうか。

しかし、中には趣味が少なく、家の中にいても時間を持て余してしまうという人も少なくありません。

そこで今回は、人見知りの人に最適な趣味をいくつかご紹介していきましょう。

趣味を通じて仲間ができたり、さまざまな人との交流が生まれて自然とコミュニケーションができるようになるかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

人見知りは趣味に没頭する人が多い

人見知りの人は自分の時間を大切にする傾向があります。

もともとコミュニケーションが苦手で、人と接すると疲れを感じてしまう人も多く、そんな時には必ず一人の時間を作り自分と向き合います。

一人の世界に没頭し興味のあることに強い執着心を示すことも多く、特に趣味を持つと何時間でも没頭する傾向があります。

それはアニメやゲーム、映画や音楽など、自分の興味のあることであれば何でも時間を惜しまずに集中します。

一方、中にはそもそも趣味が少なく一日中テレビを眺めて過ごしたり、寝て過ごすという人も少なくありません。

しかし、せっかくの休日、自分の好きなことをして有意義に過ごしてみるのも良いのではないでしょうか。

自分が興味のあることに熱中できることで心がリフレッシュされ、仕事に取り組むモチベーションアップにも繋がるはずです。

趣味が少ない人へのおすすめの趣味

音楽

一口に音楽鑑賞といっても、その楽しみ方は無限大です。

最近ではYouTubeなどの動画サイトに多くの楽曲がプロモーションとしてアップロードされており、より手軽に新しい音楽に触れることが可能になりました。

気になるアーティストの楽曲を再生すると、そこから同じようなジャンル・テイストのアーティストがピックアップされ、「おすすめ動画」として表示されます。

また、ライブやフェスといった楽しみ方も増えており、インドアな趣味と思われがちであった音楽も大きく様変わりしてきています。

コアなファンが集うライブ会場には、そこで交流が生まれることも少なくありません。

音楽という共通の趣味を通じて、それまで苦手意識のあったコミュニケーションが楽しいと感じられるようになるかもしれません。

楽器

音楽にも共通する趣味といえますが、ギターやベースなどの楽器を始めてみるのもおすすめです。

最初は地道な練習も必要ですが、上達してくるとバンドを組んで音を出したくなるものです。

楽器の経験がある人は意外と多く、学生時代にバンドを組んでいたり現在もアマチュアバンドとして活動している人も少なくありません。

「楽器をやっている」ということであなたを見る目も変わってくる可能性もありますし、バンドに誘われることもあるかもしれません。

その人の意外な一面を魅せる方法として、楽器を趣味にするということは非常に有効です。

スポーツ全般

家の中にいて特に何もすることがない、でも興味のある趣味も多くないといった人には、とにかく体を動かしてみることがおすすめです。

「スポーツ」と書きましたが、野球やサッカーなどの球技でなくてもジムに行って筋トレをしたり、プールに行って泳いでみるのもおすすめです。

また、そもそも運動に慣れていない場合は近所を2030分程度散歩したり、自転車でサイクリングに出かけてみるのも良いです。

体を動かすことによってポジティブな思考に変わり、さまざまなことに対して興味・やる気が沸いてくるはずです。

ゲーム

自宅で一人黙々とプレイするイメージのあるゲームも、近年大きく様変わりしてきています。

オンライン上で共同プレイが可能なものも多く、あなたの身近な周りにもプレイヤーがいるかもしれません。

会社や学校で「最近◯◯のゲームを始めた」と言えば、誰かが食いついてくる確率は高いです。

一人で黙々とプレイするものよりは、オンライン対戦や共同プレイが可能なソフトを選ぶことがおすすめです。

人見知りにとっての趣味の楽しみ方

インドアからアウトドアまで多趣味の人もいれば、仕事が忙しく趣味に時間を割く暇もないという人もいるかもしれません。

「これから趣味を探してみたい」という人には、できるだけ人と関わるようなものを選ぶことがおすすめです。

特に人見知りの人にとってはさまざまなジャンルの人とのコミュニケーションを図ることによって内気な性格が改善されるかもしれません。

まずは興味を持ち、どのような趣味でも始めてみるということが重要です。

始めてみなければ分からないことも多くありますし、新たな発見に繋がることもありません。

人見知りの人は一度興味を持ったことに対してトコトン突き詰める人が多いです。

少しでも興味のあることをピックアップし、存分に楽しんでみましょう。

趣味に共感する友達を作る方法

趣味を突き詰めることによって人脈が広がってくることは多いものです。

仕事では知り合うことのない人との人脈は、あなたの人生において大切な財産となるはずです。

趣味にもよって変わりますが、共通の趣味を持つ人達のコミュニティはさまざまな場所で存在しています。

スポーツであればジムの常連客、楽器であれば行きつけの楽器店や楽器教室、音楽であればライブハウスなど、そこに集まる人達は少なくとも共通の趣味を持つ同士でもあります。

もしかすると相手から話しかけられることもあるかもしれませんし、そこから趣味以外の共通項が出てくるかもしれません。

身近にそのような場は無いという場合であっても、SNSなどで共通の趣味を持つ人達のオンライン上のコミュニティも存在します。

「いきなり面と向かって人と話すのは気が引ける」という場合は、まずはオンライン上のコミュニティに参加して交流を深めてみるのも良いかもしれません。

コミュニティによってはオフ会などを定期的に開催しているところも多く、実際に気が向いたら自分のタイミングでオフ会に参加してみると良いでしょう。

今回ご紹介してきたように、趣味を持つということは人脈を広げるということにも繋がる重要なものです。

「人見知りだし、ずっと家に引きこもってできる趣味がいい」と考えるよりも、「自分の興味のある趣味を通じて人見知りを改善してみよう」とポジティブに考えてみるのも良いのではないでしょうか。