人見知り

人見知りでも大丈夫!コミュニケーションが苦手な人へお勧めの職業5選

人見知りの性格の人にとって仕事選びは非常に重要です。

職種によっては人とのコミュニケーションが重要なものも多く、自分にとって肌に合わない環境は仕事のモチベーション維持に大きく影響してきます。

あまりにも他人からの干渉が大きかったり、飛び込み営業のようなハートの強さが求められる職種に就いてしまうと、人見知りの人にとって毎日が憂鬱なものとなってしまいます。

その結果、仕事が長く続かなかったり精神疾患に陥ってしまうなど、その後の人生に大きな影響を与えることも考えられます。

今回はコミュニケーションが苦手な人見知りの人におすすめの職業をいくつかご紹介していきます。

コミュニケーションが苦手な人におすすめの職業5

介護職員

主に老人介護施設やデイサービスなどの介護の現場で活躍している介護職員

お年寄りと簡単なコミュニケーションは必要ですが、そこまで深刻に悩む必要はありません。

気さくに話しかけてくれるお年寄りも多く、コミュニケーションが苦手な人見知りであっても比較的打ち解けやすいはずです。

人見知りの人の中には、同年代もしくは年下の世代とのコミュニケーションが苦手という人も多いのではないでしょうか。

一方で、お年寄りとの会話は安心して交わすことができるという場合が多いと思います

。そのような人にとって介護という仕事はまさに最適です。

介護の現場では夜勤などのシフト交代制の職場も多いのですが、従業員の中には家庭の事情などにより夜勤での勤務が難しい人も少なくありません。

そのため、夜勤を積極的に受け入れてくれる人は介護業界で歓迎されやすい傾向にあります。

また、できるだけ人との関わりを避けたい人見知りの人にとっても、夜勤は働きやすい環境であるともいえます。

このように、介護職員をおすすめする理由は「お年寄りとのコミュニケーションがメイン」ということと、「夜勤シフトがある」という2点が挙げられます。

工場勤務(製造業)

自動車や電子部品、食品に至るまで、工場で生産されるものは多岐に渡ります。

当然、自動車のような大きなものを生産する場合、配属先によっては体力も要求されることも少なくありません。

また、工場でのライン作業は立ち仕事が基本です。

精神的には楽でも、肉体的にキツい仕事を要求されることもあるので、体力面に自信のある人には最適な職種です。

ただし、自動車の組み立てに代表されるような「ライン工」の場合、その多くは流れ作業であることがほとんどです。

そのため、自分が何かミスをしてしまうと一時的に製造ラインが止まってしまい、周囲の従業員に迷惑をかけてしまうことも少なくありません。

また、「コミュニケーションは苦手だけど単純作業も苦手」という人にとってもおすすめできません。

ほぼ毎日同じ作業を淡々とミスなくこなすことが要求されるため、集中力が途切れやすい人は要注意です。

このように、工場勤務(製造業)をおすすめする理由には「一人で黙々と作業する」という仕事上の特性が挙げられます。

自動車整備士

カーディーラーやカー用品店などで活躍する場面の多い自動車整備士

ディーラーで車を購入したことのある人であれば分かると思いますが、顧客との対応は営業が行い、自動車整備士は売り場へ出てくることはほとんどありません。

「整備士」のため基本的にはピット内での作業がメインとなり、車のメンテナンスや修理など、専門的な知識を活かしたエンジニアとして働いています。

顧客の要望やオーダーを営業担当から引き継いだり、自動車整備士同士での作業についての相談など、最低限のコミュニケーションはありますが、顧客と会話を交わすということはそう多くありません。

もしあったとしても、修理前に行う問診や作業完了後の説明であったりと、ごく普通の仕事上の会話に限られます。

人見知りの人の中には「雑談が苦手」という人も多いと思います

営業のような顧客相手の職種とは違い、自動車整備士は専門的知識を活かしたエンジニアであるため、顧客と一から関係を構築していくという必要もありません。

また、顧客の立場に立って考えてみると、営業のような口が達者で話し上手な人よりも、無口でも腕のある自動車整備士のほうが信頼できるという人も多いです。

もともと車が好きで自動車整備士の道を選ぶ人が圧倒的に多いことから、従業員には車という共通の趣味があります。

そのため、人見知りの人であっても比較的職場に馴染みやすいはずです。

このように、自動車整備士をおすすめする理由は「技術力で顧客の信頼を得ることができる」という点が挙げられます。

営業職

人見知りの人の多くが避けがちな職種が「営業職」ではないでしょうか。

営業ノルマに追われ、顧客と良好な関係を築くためコミュニケーションをうまく取りながら、相手の顔色をうかがうようにして商談を進めていくというイメージを抱く人も多いと思います。

しかし、一口に「営業職」といってもさまざまな種類が存在します。

今回、人見知りの人におすすめしたいのは「ルート営業」という職種です。

ルート営業とはあらかじめ担当の顧客を持ち、その顧客に対して自社の新製品や既存製品の追加購入を促す仕事です。

ルート営業の場合、既に顔を合わせている顧客とのやり取りのため、コミュニケーションは取りやすいはずです。

また、ルート営業は顧客との深い信頼関係が重要です。

口が達者で押しの強い営業よりも、しっかりと話を聞きながら共感してくれるような人のほうが顧客も安心できます。

このように、営業職をおすすめする理由は「顧客と深い信頼関係が重要」とされる点にあります。

WEBライター

スマートフォンの普及にともない、インターネットを利用する人口は爆発的に増え、いつでもどこでもネットに接続できる時代になりました。

例えばヤフーのトップページに出てくるようなニュース記事やコラム記事など、インターネットの世界にはありとあらゆるジャンルの「記事」が存在しています。

それらを執筆しているのがWEBライター」とよばれる人たちです。

まさに本記事もWEBライターによって執筆されているのですが、実はWEBライターとして名乗るために必要な資格や経験は全く必要ありません。

最近ではクラウドソーシングなどの台頭によって、普通の主婦や学生、会社員の副業として始める人も多く、その数は年々増加しています。

WEBライティングのジャンルはさまざまで、自分のスキルや専門性を活かしたものや取材記事、ネット上の情報や書籍からの情報を参考にして書くものなど多岐にわたります。

基本的にインターネット上でのやり取りがほとんどで、在宅勤務であるためコミュニケーションの能力が低くてもほとんど問題ありません。

WEBライターをおすすめする理由は、「自宅でストレスなく仕事を続けられる」こと、「クライアントとのやり取りはメールなどが中心」であることの2点が挙げられます。

コミュニケーションが苦手な人でも安心して働き続けることができる環境作り

今回ご紹介してきた職種以外にも、コミュニケーションが苦手な人見知りの人にとって働きやすい職種は数多くあります。

また、「始めは苦手意識があったけれど、働いてみたら意外と自分に合っていると思った」という人もすくなくありません。

自分にとってどんな仕事が向いているかも重要ですが、その前に人見知りでも安心して働き続ける環境を作るということが何よりも重要です。

ぜひ参考にしてみてください。