人見知り

赤ちゃんの人見知りは遺伝で起きる?その後の性格への関係も解説!

子育てにはさまざまな苦労がありますが、中でも多くの親を悩ませるのが「人見知り」です。

家族以外の他人に対して心を開いてくれず、なかなか打ち解けることができずにいると、「将来暗い性格の人間に育つのではないか」と不安になってしまいます。

また、親があまり社交的な性格ではない場合、「人見知りは遺伝なのではないか」と心配になる人も少なくありません。

そこで今回は、赤ちゃんや子どもの人見知りは、その後の成長においてどのように関係してくるのかを詳しく解説していきます。

赤ちゃんの人見知りは遺伝によるものではない

結論から言ってしまえば、赤ちゃんの人見知りは親からの遺伝とはほとんど関係ありません。

人間の性格は生まれ育った環境や人間関係などから影響を受け、形成されることが多く、親や祖父母から遺伝によって受け継がれるということは稀です。

もちろん、親が人付き合いが苦手で人と会わせる機会が極端に少ない場合、赤ちゃんも人見知りになってしまう傾向があります。

赤ちゃんの人見知りがどうしても気になるようであれば、意識的に人に触れ合う機会を増やしてみるというのも一つの方法です。

ただし、嫌がって泣いていたり極度に怯えた様子を見せるようであれば、無理に人に会わせないようにしましょう。

幼少期に体験した恐怖心がトラウマとなってその後ますます人見知りが強くなってしまう可能性もあります。

始めは挨拶程度でも良いので、徐々に人と触れ合う楽しさを体験させていきましょう。

赤ちゃんはなぜ人見知りをする?

そもそもなぜ赤ちゃんは人見知りをすることが多いのでしょうか。

赤ちゃんが成長してくると、自分の目の前にいる人間が誰なのかを判断できるようになってきます。

毎日一緒にいる親や家族などの場合、自分に対して危害を与えない人であると認識することができるようになりますが、初めて会う人間の場合はその人がどのような人なのかが分かりません。

自分に危害を与えるかもしれないという恐怖心や警戒心が根底にあり、身を守る能力が低い赤ちゃんは目線を合わせなかったり親の後ろに隠れるといった行為に移るのです。

現在では赤ちゃんだけではなく大人であっても人見知りをする人が少なくありません。

コミュニケーションが苦手で人付き合いが思うようにうまくいかないと悩んでいる人も多いことでしょう。

大人になってからの人見知りは日本人に多いといわれていますが、子どもの人見知りは国籍に関係なく多く見られます。

大人が人見知りをするのは対人関係への恐怖心からくるものであり、いわば後天的なものといえます。

対して赤ちゃんや子どもの人見知りは、成長過程に見られる先天的なものであり、人間の本能に近いものといえます。

そのため、赤ちゃんの人見知りは成長するうえで誰にでも起こりうるものであり、成長過程の一つであると考えましょう。

大人になってからも人見知りになるとは限らない

子どもの頃に引っ込み思案で人見知りの傾向が強かったとしても、大人になってからもその性格が続くとは限りません。

冒頭でも説明したように、人間の性格は周囲の環境や人間関係によって形成されることがほとんどです。

赤ちゃんや子どもの頃の性格がそのまま大人になってからも引き継がれるとは限らないのです。

しかし一方で、赤ちゃんや子どもは親という身近な大人の真似をすることも多いもの。

明るく社交的に振る舞う親のもとで育った赤ちゃんは、同様に社交的な性格になることも多いため、子育ての段階で子どもの手本になるようなコミュニケーションを見せてあげるということも非常に重要です。

また、赤ちゃんの頃に気になっていた人見知りも、いつの間にか直っていたということも少なくありません。

特に幼稚園や小学校など、多くの子ども達と触れ合う環境の中で自然と社会性が身に付き、積極性が出てくるということも多いです。

どうしても人見知りが気になるという場合は、できるだけ早くから幼稚園や保育園へ通わせてみるというのも有効な方法かもしれません。

家族に対して人見知りをする場合

祖父母や親戚などであっても、普段は顔を合わせることの少ない大人に対して人見知りをする赤ちゃんは多いものです。

しかし、同じ理由で父親に対して人見知りをしてしまう赤ちゃんもいます。

朝早くから夜遅くまで仕事に追われ、いつも我が子を見るのは寝顔だけという人も多いはず。

そのような場合、赤ちゃんにとって父親と触れ合う機会が少なく、実の親子であるにも関わらず人見知りをしてしまうことがあります。

家族のために一生懸命仕事をしているにも関わらず、我が子に人見知りをされてしまうというのは切ないものです。

平日5日間のうち1日だけでも良いので早めに帰って子どもと触れ合う時間を大切にしたり、思い切って育児休暇を取得してみるのも良いかもしれません。

最近では働き方改革によってさまざまな取り組みを行っている企業も多い中、場合によっては根本的に働き方を見直してみるというのも良いかもしれません。

最後に

今回は赤ちゃんや子どもの人見知りについて解説してきました。

幼少期の「人見知り」は成長過程で見られる一般的なものであり、決して異常なものではありません。

むしろ順調に成長しているということの証でもあり、社会性を身につけるうえでの第一歩でもあるのです。

大人になってからの人見知りがクローズアップされがちで、ネガティブな印象を抱く人見知りですが、赤ちゃんや子どもの人見知りとは根本的に違うものであるということを正しく理解しておきましょう。

そして、人見知りという性格は親などからの遺伝によるものではなく、成長過程における環境や人間関係が大きく影響していることがほとんどであるということも重要なポイントです。

社会性を身につけると同時に、一人の人間としての性格を形成する段階に入っているということも念頭に置いておきましょう。

将来人見知りになるかどうかは、むしろこれからの環境が大きく影響してくるともいえます。

初めての育児にはさまざまな悩みがつきものですが、それ以上に我が子の成長は嬉しいものです。焦らずにそれぞれのペースに合わせた子育てをしていきましょう。