ドライフルーツ

ドライフルーツの選び方とは?成分表示を見て添加物の摂取に気をつけよう

ドライフルーツは生の果物より長い間保存ができたり、栄養成分を効果的に摂取できる健康食品として人気があります。

特に砂糖や着色料を使っていない無添加のドライフルーツは体に良いとされていて、小腹が空いた時や間食の際の食品として注目されていますね。

しかしこれは意外と知られていないことなのですが、スーパーなどで市販されているドライフルーツの大半は何かしらの添加物を含んでいるのです。

添加物は食べ物が痛んだり腐ったりするのを防ぐのですが、取り過ぎてしまうと健康リスクがあるので注意したいところ。

そこで今回はドライフルーツを選ぶ時に重要なポイントである添加物について、買う時にどこをチェックすればいいのか、そして添加物や着色料が入っていないオーガニックドライフルーツを紹介していきます。

この記事を読めばドライフルーツの選び方があなたもわかるはず!

生の果物とドライフルーツの違い

生の果物にはビタミンや酵素などの体に良い成分の他に「果糖」というフルーツ独自の糖分が含まれています。

この果糖、粉砂糖やグラニュー糖のような砂糖を含む食品よりも健康に良いという見方があるのですが、マイナスポイントとして冷え性や肥満の原因になるとも言われています。

さらに生の果物の場合、その80〜90%が水分とされていてあまり多く摂りすぎる水分過多になり、果糖と同様に冷え性を促進してしまう恐れがあるのです。

そんな生の果物に対して、焼いたり、コンポートにして温めたり、乾燥させてドライフルーツにした状態の果物であればこうした冷え性のリスクが減らすことができます。

また、生の果物の代わりにドライフルーツを食べるのがおすすめなのですが、特に体を温めるのは北の方で採れるリンゴやサクランボ、プルーンなどの果物で、南の方で採れるマンゴーやバナナ、西瓜などの果物はお腹を冷やす効果が強いのだそうです。

特に秋や冬など、布団に入っても手足の先がずっと冷たいままで困っている人にはドライフルーツはおすすめと言えるでしょう。

ドライフルーツを購入する時に注意すること

そんなドライフルーツですが、必ずしも良いことばかりというわけではありません。このページの最初でお話ししたようにスーパーなどで販売されている輸入品のドライフルーツを購入する際は、どんな添加物が入っているのか成分表示に気をつけることが大切です。

厚生労働省が定めた食品衛生法には食品添加物についての記述がありますが、第10条では厚生労働省が認定した物以外の製造、輸入、使用、販売の禁止、第19条では成分表示を義務付けていて、基準に合わない製品は販売禁止とされているようです。

つまり日本で販売されている輸入食品には必ずこの成分表示のシールが付いているということですね。

食品に添加物を使用する理由には、輸出する範囲の拡大と製造量の増加などがありますが、原価を安くして利益を上げる方法の一つだとされています。

無添加・無着色のオーガニック食品を作るのは手間も時間もかかるのでその分だけ原価が高くなってしまうのです。

一般的に添加物を利用した食べ物は良くないとされていますが、厚生労働省認可の製品で成分表示をチェックして購入する事が大切です。

保存料の中で良く利用されるのはゾルビン酸、ゾルビン酸カリウム、ピロ亜硫酸カリウム、二酸化硫黄の4種類ですが、このうちピロ亜硫酸カリウムは亜硫酸カリウムや亜硫酸ナトリウム、二酸化硫黄は無水亜硫酸や亜硫酸塩類という別名を持っています。

これらの成分には保存料や酸化防止剤、漂白剤の効果がありますが、その反面、短期間で摂取しすぎることで体内に成分が蓄積されて、発がん性や下痢、出血の原因になるので十分に注意をする必要があります。

重要ポイント

保存料としてよく使われるのは以下の4種類

  • ゾルビン酸
  • ゾルビン酸カリウム
  • ピロ亜硫酸カリウム
  • 二酸化硫黄

ドライフルーツに含まれる食品添加物

厚生労働省の食品衛生法第11条には添加物の過剰摂取を防止するため、各添加物の規定量が決められています。

調味料から始まり甘味料や香料など多くの添加物が食品製造の現場で使用されていますが、ドライフルーツの場合は漂白剤や酸化防止剤などが含まれており、外国の製品にはより多くの添加物が含まれている可能性が高くなります。

商品に表示されている成分は含有量の多い順になっているので、購入時に原産地や用途、どんな添加物が多く含まれているか確認しておくと、より良質な製品を選ぶ事ができます。

重要ポイント
  • 成分表は含有量の多い順になっていることが多い

健康に気を付けるならオーガニックのドライフルーツがおすすめ

添加物の摂り過ぎは体に悪い影響を与え、それを予防するために店頭で売られているドライフルーツの成分表をよく見ることが大事ということがわかりましたが、もともと添加物が入っていないオーガニックドライフルーツなら全く心配することなく摂取することができます。

オーガニックドライフルーツでおすすめなのはりんご、ブルーベリー、プルーンなどの果物で、お店で買うよりもAmazonや楽天などの専門店から購入するのが一番お得な買い方です。

オーガニックのものは砂糖が使われている普通のドライフルーツと違って果物の味が強いため、初めての人は、まずオーガニックドライフルーツの詰め合わせを買ってみて、自分にあったドライフルーツを見つけるのも良いかもしれません。

ドライフルーツに含まれている食物繊維やカリウムは非常に効果があると言われており、体内の毒素を排出することでむくみを解消したり、美容効果があったり、余分な水分を外に出すことでダイエット効果が期待されたりと女性には強い味方です。

ぜひオーガニックドライフルーツで美味しく手軽に体を健康な状態にしていきたいですね。

ドライフルーツの効果や食べ方、各種類フルーツへの記事一覧まとめ!みなさんはドライフルーツを食べていますか? この記事は「かいもの気まぐれサラダ・ドライフルーツカテゴリ」内の、各種ドライフルーツ記...
無添加フリーズドライ果物が美味しくて栄養満点!おすすめの食べ方と安く買う方法サクッとした食感と口の中で溶けていく軽い口当たりが特徴のフリーズドライ加工された果物をあなたはもう食べたことがありますか? 数年前...