ドライフルーツ

私がカルディのドライプルーンからAmazonの1kgドライプルーンに乗り換えた理由

こちらはドライフルーツの美味しさと魅力にハマり、日々ドライフルーツを食べている主婦の方からの寄稿文です。

がドライプルーンを好きになったきっかけはカルディの店頭で見かけた『くだもの屋さんのプルーン180g』という商品名のドライプルーンでした。

ドライプルーンを知ったのは、お通じの悩みを解消したいと思ったのがきっかけで、20代までは代謝が良かったので沢山食べても平気でしたが、30歳を越えたあたりから食事の量が減り始め、間食もそれほど多く食べられなくなりました。

豚カツやコロッケなどの揚げ物が大好きなので今までは2、3日に一度は食べていたのですが、体脂肪が気になるようになったので一週間に一度あるかないかという回数に自主制限していました。

私がドライプルーンを試してみようと思った理由

ドライプルーンは便秘解消や美容に良いという記事を雑誌で見たことがあったので覚えていたのですが、普段の食事の材料以外は贅沢品だと思っていましたし、健康食品を手に取るようになったら老化の印だと思っていたので(今考えると笑っちゃいますね。もっと早く食べ始めていればよかった)、できるだけ健康商品売り場に近づかないようにしていたのです!笑

私はカルディファームという輸入食品店が好きで、ひな祭りやハロウィンなど国内外のイベントや行事の時に覗くようにしているのですが、ある日いつものように商品棚を見ていた時、偶然店頭でドライプルーンを見つけました。

当時はドライフルーツは高いというイメージが強かったので敬遠していたのですが、パッケージデザインの印象が強かったので目にとまりました。

白から淡い紫のグラデーションの袋に暗紫色のプルーンの実と緑の葉の写真が印刷されていて、透明な部分から黒っぽい色のドライプルーンが顔をのぞかせていましたが、それがいかにも美味しそうに見えたのです。笑

↓これがそのパッケージです。下の部分からドライプルーンが顔を覗かせていますよね…?

いくら健康食品で効能があっても、美味しくなければ意味がありません。

この商品は味と効能の両方で私を満足させてくれそうでしたし、安いのも魅力だったので、買ってみることにしたのです!

カルディのドライプルーンはオーガニックで添加物の心配がない!

家に持って帰ってからパッケージを見ると、成分表示が書いてあるので読んでみました。

原材料は生のプルーンのみで添加物はありません。パッケージには種が含まれている事もありますと注意書きがされている所も良心的です。

さっそく袋を開けて中に入っている実の味見をすることにしました

。パッケージを開けるのはとても簡単で、袋の上部に切りこみを入れてあってそこの部分から手で切れるようになっているので子供でも出来ます。

中からプルーンを2個ほど取り出して小皿に移し、紅茶を淹れて一緒に食べました。砂糖を一切加えてないので酸味があって生のプルーンが凝縮された味です。

ドライプルーンとハーブティーの相性は抜群

私は普段紅茶派ではなくコーヒー派ですが、このプルーンには紅茶の方が合うと思いました。

WEBで調べてみると一番良い組み合わせはハーブティーなのだそうですが、赤い色のハイビスカスティーと合わせると美味しそうなのでやってみたいと思います。

少し前に色々なフルーツをハーブティーに漬け込むフルーツテイーがありましたが、ドライプルーンでやってみても甘酸っぱい味とハーブティーの香りが相まって良さそうです。

赤ワインに漬け込むと芳醇な香りが加わりますし、いくらか柔らかくなります。最初はヨーグルトに混ぜるとさっぱりとした口当たりで美味しいので、毎回ヨーグルトを食べる時に入れていましたが、そのうち別の料理にも使うようになりました。

ドライプルーンをサラダに入れるのも美味しい

細かく切ってニンジンサラダに入れたりする事もありましたが、オレンジのニンジンに暗紫のプルーンのアクセントがきいてきれいです。

塩・胡椒・パセリ・レモン汁のドレッシングか手に入れば白ワインビネガーを加えるとプルーンの甘味も増すので、相乗効果で美味しくなります。

細かく刻んでお砂糖代わりに使う事もありますが、特にパンケーキや煮物などに入れると十分な甘味になるのでおすすめです。

ドライプルーンの値段がカルディよりもAmazon(アマゾン)の方が安いことに気づく

色々な活用法がありますが、カルディで買ったプルーンは180gなので、すぐになくなってしまいました。

たまに食べるならカルディに行くごとに買えばいいのですが、私は味が気に入ったのと、継続して食べないと便秘は治らないと聞いていたので、日常的にプルーンを食べたいなと思ってネットで検索してみたところ驚きの結果が…!!

なんとアマゾンで買った方が安いではありませんか。

しかも送料も無料だし…

今度カルディに行った時に店頭にあるドライプルーンを買い占めてやろうとしてた私の計画は即変更。

正栄食品さんの有機ドライプルーンをドドンと1kg購入したのでした。

1kgまとめて買うと大変なことになるよ

お手頃価格で無添加&種無しドライプルーンが買えたのは満足だったのですが、私の家族でプルーンを食べるのは私だけ。

主人も子供も毛嫌いして食べません。あの色が嫌なんだとか。

そこで一人ちまちまと毎日食べていたのですが、1kgあるのでなかなか減らない…袋の端を折っていたのですが徐々に湿気ってきているのを感じたので1日あたり食べる個数を増やして食べきってしまいました。

いくら美味しくても短期間で大量に食べるのは辛いなと思いながらアマゾンでもう少し量が少ないドライプルーンはないかなと検索していたところ、見つけました。

ジップ付きの1kgドライプルーンだーーーーーッ!

こわけやさんのドライプルーンは袋にチャックが付いていてまさに私のためのようなドライプルーン。

味も美味しいし無添加なのも変わらないので、私みたいなドライプルーン好きはこわけやさんがおすすめです。

あとアマゾンプライムの会員になっていると他のドライフルーツも送料無料で早く配達してもらえるようになるのでこの機会に無料体験を登録してみました。

我が家は都内の端(ほぼ埼玉)にあるのですが「当日お届け便」っていう注文してその日に届くサービスもあるので出不精な私にはぴったり。

ドライプルーンを食べるとどんな効果がある?

市販品のお菓子がいらなくなるくらい甘味があるので、三時のおやつにドライプルーンを食べるとダイエット効果もあって良いと思います。

しかもドライプルーンがある間は買い物の時にお菓子の棚を見ても買わないようブレーキがかかるので、節約にもなります。笑

雑誌やWEBで便秘解消に効果があるという記事がありましたが実際、私には効果がありました

油を使った市販のプルーンではなく、無添加のプルーンにしたことも勝因なのかもしれませんが、食物繊維が豊富で、鉄分も含んでいるので貧血の予防にもなります。

便秘解消+貧血予防にも効くドライプルーン

私は低血圧なので極度なダイエットで食事を減らすと立っていられなくなるのですが、栄養のバランスを考えて食べるようにすると貧血にならずに済むことを実感しました。

ドライプルーンを食べている期間は体中に力が漲りますし、どんなことをしても手足が冷えていたのが緩和されたのが大きいです。

頭痛が起きなくなるのも良かったです。

鉄分と言えばホウレンソウやひじきでも同様のことが言えますが、出来るだけ口当たりが良くて間食をおさえられる食品となると甘味がある物を考えてしまいます。

ホウレンソウは生のままだと含まれているシュウ酸を減らせないので、食べる前にいちいち茹でなければなりません。

それらを考慮すると、ドライプルーンは一番手軽です。

それでもドライプルーンの糖分が気になるって?

たしかに糖分は多いかもしれませんが、一度に多く食べるわけではないので、それほど悪いとは思えません。

アマゾンで購入したページにも書いてありましたが1日に10粒ぐらいが限度らしいです。

もともとは西洋スモモの仲間なので甘酸っぱい味なのですが、生の状態より日持ちがしますし、直射日光が当たらない涼しい場所においておけば360日もつので便利です。

ちょっと思い出した時に口に放り込んでも、害がないのでドライフルーツの中でも一番だと思います。

すっかりドライプルーン好きになった私。自家製の手作りドライプルーンは作れる?

ドライプルーンを家で作ってみたいと考え、色々な方法を調べてみました。日本は湿度が高いのですが、秋や冬なら地方によって作れると思ったのです。

出来るだけお砂糖を加えない手軽な方法で作ってみたかったのですが、専用の乾燥器を手に入れない限りは難しい事がわかりました。

昔ながらの方法の天日干しだと、りんご、キウイ、バナナ、オレンジなど比較的スーパーで手に入りやすい果物はドライフルーツにできないこともないみたいなんですが、やっぱり専用の機械を買った方が確実に早くできるみたい。

でもよくよく考えたら、生のプルーンって普通のスーパーじゃ売ってないですよね。外国の食品を取り扱っているスーパーなら手に入るのかな…

でもナショナル麻布とかナショナル田園みたいな高級スーパーに行く財力が我が家にはないのでこれは無理そう。(第一、広尾とか田園調布まで生のプルーンを買いにほぼ埼玉から出張するのは気が引ける…)

体のことを考えると生のプルーンを手に入れて専用の乾燥器を使うのが安全な方法なのかもしれませんが、ある製品だと小型で9万以上するのでじっくりと考えてから購入した方が良いですよね。

一般的なドライフルーツメーカーは4,000円ほどで済みむので、どうしても必要なら検討してみるのもいいかもしれません。

私は当分の間、アマゾンでお買い得ドライプルーンを買い続けることになりそうです。それでは〜。

ドライフルーツの効果や食べ方、各種類フルーツへの記事一覧まとめ!みなさんはドライフルーツを食べていますか? この記事は「かいもの気まぐれサラダ・ドライフルーツカテゴリ」内の、各種ドライフルーツ記...
新登場の果物フリーズドライ&セミフリーズドライ製法とは?栄養成分やおすすめの買い方を紹介!ドライフルーツは英語の記載ではDried Fruit。 その言葉通り、乾燥させた果物のことです。 日本では、干した野菜やナッ...