ドライフルーツ

レアなドライメロンの栄養素と効果・効能!おすすめの食べ方&お得な買い方を紹介!

ドライフルーツと言ったらプルーンやレーズン、パイナップルなどを想像してしまいがちですが、高級フルーツとして知られる果物のメロンにもドライフルーツが存在するって知っていましたか?

乾燥したメロンはドライメロンと呼ばれていて、ここ1〜2年でググっと人気が高まってきているんです。

人気の秘訣はまず何と言ってもその美味しさと値段。

生のメロンは高くてなかなか手が出せませんがドライメロンは生のメロンと同じような味なのに値段がぐっとお手頃になるんです。

このページではまず最初にドライメロンはどんな果物で、どんな特徴があるのかを見ていって、次にドライメロンに含まれる栄養素とその効果・効能について解説して行きます。

最後にはおすすめの食べ方やおすすめのドライメロンをご紹介していますのでお見逃しなく!

ドライメロンの基本情報・ドライメロンとは何か

生のメロンを贅沢にも天日干しにすることで作られるドライメロンにはビタミンをはじめとする栄養素が非常に多く含まれています。

カリウム、ビタミンA、ビタミンCなどを皮切りに食物繊維も含まれているので体には良いことだらけなのですが、他のドライフルーツと比べてカロリーが低いのでダイエット食としても優秀です。

主要成分 カリウム、ビタミンA、オキシカイン、ペクチン(食物繊維)、葉酸
100gあたりのカロリー 約300kcal
甘みが強い、酸味はない
主な原産国 中国、トルコ、イラン、エジプト、インド、アメリカ
食べ方 皮ごとそのまま、ヨーグルトと一緒に
100gあたりの価格帯 100〜300円

主な原産国はアジアを中心とした広い地域と北アメリカ大陸ですが、メロンはもともと誕生した場所がインド周辺と言われていて、中東やアジアでは一般的な果物として食べられているようです。

もともとのメロンが甘く、酸味が少ないため、乾燥され甘みが凝縮されたドライメロンの味は非常に甘く、果糖を多く含んだ食べ物として知られています。

ドライメロンとして使われる品種カンタロープメロン

カンタロープメロンという名前をどこかで耳にしたことはありますか?

昔にスターバックスの新作フラペチーノとして話題になりましたよね。私も流行りに乗っていただきましたが、メロンの味が口いっぱいに広がったのを覚えています。

ドライメロンとなって市場に出回るメロンはほとんどがこのカンタロープメロンと言われる品種で、赤身の果肉は日本で人気の高い夕張メロンと同じような甘みを持っています。

スターバックスのフラペチーノを飲んだ時には赤身の果肉だし夕張メロンなのかなと思ってましたが、夕張メロンに味がそっくりのカンタロープメロンという品種だったのですね。

ドライメロンが生のメロンと比べて安い理由

日本ではメロンというとお中元の贈答品だったり、高級メロンである夕張メロンなどの影響もあってかメロン=高級品というイメージがあります。

実際、スーパーに行ってもマスクメロンはしっかりとした箱と包装に包まれて果物コーナーの頂点に鎮座していますよね。

ところがこれがドライメロンになると生のメロンよりもグッと価格が低くなるのです。

この理由は日本で販売されているメロンの価格が外国と比べて非常に高く設定されていることに由来していて、驚くことに海外、例えばヨーロッパのフランスやスペインなどでは赤肉メロンを1玉200〜300円ほどで買うことができます。

ドライメロンに加工されるカンタロープメロンは海外で収穫され、海外で加工されるので、日本で販売される生のメロンよりも安く買うことができるのです。

日本では「高級品」のイメージが先行し、国産にこだわると1玉を購入するのに2000円以上払う必要がありますが、日本以外の国ではりんごやオレンジのような他のフルーツと同じように扱われているメロン。

日本のスーパーで輸入のメロンを見かけたとしても、ほとんどがハネデューメロンのような緑色のメロンで、赤肉メロンは全然見かけませんよね。

これには理由があって、夕張メロンをはじめとする国産の高級メロンを守るため、そして輸入にかかる関税の影響で夕張メロンと同じくらい美味しいカンタロープメロンは日本にやってくることはなかなか無いのです。

英語でメロンは何と言う?メロンのスペルはどう書くのか

ヨーロッパや中東などの国に行ったらぜひとも食べたいメロン。

私もスペインのホテルに滞在している時に部屋に器具一式が揃ったキッチンがついていたので、スーパーで購入した赤肉メロンをデザートとして食べていました。

そんなメロンは英語でmelonという綴りで、発音は(ムロン)と言います。日本語に慣れている私たちはどうしてもメロン、メロンと言ってしまいがちですが、英語ではmelonのeをほとんど発音しないため(ムロン)という音になるのです。

そして、海外のスーパーで販売されているメロンは多くの場合カンタロープメロンであることが多いので、そのままCantaloupe(カンタループ)という名前で呼ばれていることもあります。

そんなメロンを乾燥させて作られるドライメロンは英語でdried Cantaloupe(ドライド・カンタループ)やCantaloupe chips(カンタループ・チップス)という名前が付いているので、海外のスーパーに行った時にはこの名前で探してみてはいかがでしょうか。

ちなみにフランス語でメロンはmelon(ムロン)、もしくはCantaloup(コンタルー)と言い、ドライメロンはCantaloup seché(コンタルー・セシェ)と呼ばれます。

生のメロンとドライメロンの成分の違いを比較

生のメロンとドライメロンに含まれる成分をここで比較してみましょう。

基本的にはメロンに含まれる成分は乾燥前と乾燥後では大きく変わることはないのですが、ビタミンCや食物繊維などに注目して次の表を見てみてください。

生のメロンが含む成分 ビタミンC、カリウム、ビタミンA、オキシカイン、葉酸
ドライメロンが含む成分 カリウム、ビタミンA、オキシカイン、ペクチン(食物繊維)、葉酸

生のメロンに含まれているビタミンCがドライメロンの欄ではなくなっているのがわかると思います。

これは、メロンだけでなく他の多くのドライフルーツに言えることなのですが、ビタミンCは水溶性の物質であるため、生の果物を乾燥させる過程で水分と一緒に果物から失われてしまうビタミンなのです。

メロンの他にも例えば干し柿やドライマンゴーのような一見するとビタミンCを含んでいそうなドライフルーツでも同様にビタミンCの大部分は失われてしまっているのです。

この点はドライフルーツを選ぶ時に知っておきたい情報ですね!

そして生のメロンを乾燥させてドライメロンにすると、水分が失われる代わりに食物繊維の成分が凝縮されます。

食物繊維は体質改善に非常に効果の高い成分として知られているのでこの成分が多く含まれている点は魅力的です。

ドライメロンの特徴・栄養素

ドライメロンに含まれている栄養素のなかで特に注目しておきたいのが、カリウム、オキシカイン、ペクチン(食物繊維)の3種類です。

カリウム以外はあまり耳にしたことがない人も多いと思うのでそれぞれの特徴や期待できる効果・効能について紹介します。

ドライメロンに含まれるカリウムの効果

生のメロンと同じようにドライメロンにもたくさんのカリウムが含まれています。

体を動かすのに必要不可欠なミネラルであるカリウムは血圧を下げる効果があると知られていますが、それだけでなく利尿作用も重要な効能の一つです。

利尿作用を促すことにより体内に溜まっている余分な水分が排出され、むくみの改善やダイエット効果、さらにはアンチエイジング効果も期待できるとのことです。

ただしカリウムの摂取しすぎは体に良くないとされているので注意しなくてはいけません。

適度な量を継続的に摂取することが大切なのですが、実際どれぐらいの量を1日あたり取ればいいのかはわかりづらいですよね。

このページの次の項目で1日に摂取しても良いドライメロンの量を紹介しているので気になる人は目を通して見てください。

ドライメロンに含まれるオキシカインの効果

カリウムは聞いたことがある人もオキシカインという成分を知っている人は少ないのではないでしょうか。

もし知っているならあなたはかなりの情報通なはず。

オキシカインはここ数年で一気に注目度が増した成分の一つで抗酸化作用の強さが人気の秘密です。

抗酸化作用(こうさんかさよう)は葉酸というドライマンゴーなどに含まれる成分にも見られる効能なのですが、ドライメロンに含まれているオキシカインは葉酸以上の抗酸化力を持っていると言われています。

抗酸化作用は体内で活性酸素が増殖しすぎるのを防ぎ、アンチエイジング、肌の潤いを保つ効果があるとされ、妊婦さんにとってはお腹の中の赤ちゃんが先天性障害を抱えるリスクを軽減する効果があるようです。

妊婦さんはお腹を冷やさないようにと昔から言われていますが、生の果物に含まれている大量の水分はあまり好ましくありません。

そんな時に活躍するのがドライフルーツで、ドライフルーツなら栄養素のままで水分が適度に抜けた状態の果物を摂取できるため、妊婦さんにはおすすめの食べ物として知られています。

ドライメロンに含まれるペクチン(食物繊維)の効果

食物繊維とドライフルーツは切っても切れない関係にあります。

ドライフルーツといえば食物繊維の名があげられることも珍しくないですよね。

ドライメロンにも他のドライフルーツと同じように多くの食物繊維が含まれていて、お通じ改善やむくみ解消効果が大いに期待できるので、最近体の調子があまり良くないと感じる人や、季節の変わり目で体調が整わない人、生理前後で体のバランスが悪いと感じる人にはぜひともおすすめしたい果物です。

ドライメロンの効果まとめ

このようにドライメロンには身体の調子を整え、良い方向へと改善する効果のある成分が非常に多く含まれているのです。

ここで一旦、今まで見てきたドライメロンの効果・効能をまとめて振り返ってみましょう。

重要ポイント
  • 血圧を下げる効果
  • 利尿作用でむくみ改善とダイエット効果
  • 抗酸化作用でアンチエイジング
  • ペクチンによるお通じ改善

ひとつの食べ物でこれほどまで体に良い成分を一度に取れるのはとても魅力的ですよね。

次はドライメロンに含まれる砂糖についてお話ししていきます。

ドライメロンに含まれる砂糖

スーパーなどで販売されている安いドライフルーツには果物の周りに砂糖がコーティングされていることが多いですよね。

ドライメロンも同じようにちゃんとした販売元を選ばないとせっかく健康に良いものを食べるのに同時に砂糖を大量摂取してしまうというよく分からない事態になっています。

このページでは値段が安めの砂糖付きドライメロンと、砂糖があまりコーティングされていないドライメロンの両方を紹介しますが、もしドライフルーツの周りに付いている砂糖を落としたいのであれば、落とし方は意外と簡単です。

まずはボウルなどの容器にドライフルーツを入れ、ドライフルーツが浸るぐらいの水を加えます。5分ほどそのままにしたら今度は手を使ってボウルの中をかき混ぜることである程度の砂糖を落とすことができます。

水に入ったドライフルーツはキッチンペーパーなどで表面をトントンと軽くたたくように拭いた後に、太陽の光が当たるところにしばらく干しておけば無事に砂糖を落とすことができるので、どうしても砂糖が嫌だという人はお試しください。

ドライメロンの食べ過ぎはお腹を壊す?

ドライメロンは美味しいのでついつい食べすぎちゃいますよね。

でも、どんなに美味しくて成分が優れているものでも大量に食べると逆効果になることがあります。

ドライメロンの場合も同様でカリウムや果糖を摂りすぎることは体に良くないので、1日あたり最大でも100gほどに摂取量は抑えるようにしましょう。

100gというとドライメロン5−8切れぐらいで上限が低すぎないかと思われる人もいると思いますが、ドライフルーツは見た目以上に栄養価が高いので一度に摂取する蝶はほどほどにしておいた方が体を健康に保つことができます。

ドライメロンのおすすめ商品と口コミを紹介!

最初におすすめの商品を紹介します。

メロンのドライフルーツはamazonではなかなか扱い数が少ないです。

私はamazonで買うことが多いかった為、上記の商品を良く購入していましたが、楽天市場の方が種類が豊富なので、上記の楽天市場を押すと色々商品が出てきますので、そちらで探してみると良いかも知れません。

また、珍しいドライメロンはセット販売されていることも多いです。

ドライメロンに限らず色々な種類のドライフルーツを試してみたい方は、上記のようなセット商品がおすすめになりますので、参考にしてみてください。

ドライメロンの口コミを紹介!

ドライメロンはこれから確実に流行るドライフルーツなので、まだあまり多くの食べ方は出回っていませんが、おすすめの口コミ情報を見るとみなさん工夫しながら美味しくドライメロンを食べていることが分かります。

ドライメロンを食べる時の参考にしてみてくださいね。

あかりさん(40代・女性・主婦)

ドライフルーツは果物の水分を飛ばして作られるため、量は減りますが果物そのものの栄養成分は凝縮されて残っています太陽をいっぱいに浴びて育った栄養価の高い果物が手軽に摂れる、それがドライフルーツです。

中でもメロンに含まれる栄養素は、葉酸、ビタミンC、マグネシウム、パントテン酸などで、特にカリウムが多く含まれています。美容やダイエットに良いとされるメロンが、手軽に食べられるのがドライメロンの良いところですよね。

ドライメロンはそのまま食べても美味しいですが、お菓子やパン、ヨーグルトに入れても美味しいです。わたしのお気に入りの食べ方は「ドライメロンのヨーグルト漬け」です。用意するものはヨーグルトとドライメロンだけ。ヨーグルトにドライメロンを好きなだけ入れて、あとは冷蔵庫で1晩寝かすだけです。

そうすると…乾燥しているドライメロンがヨーグルトの水分を吸い、ぷるんぷるんに!

そして、水分を取られたヨーグルトはこってりとしたクリームのようになります。ただのヨーグルト+ドライメロンも美味しいですが、ひと手間かけることにより高級なデザートに変わってしまうのです。手軽に使えて保存もきくドライメロンはわたしの常備食です。

ペンタさん(30代・男性・会社員)

私は小腹が空いた時にドライフルーツを食べるようにしていますが、中でもドライメロンにはまっています。ドライメロンは友人に勧めてもらいました。

もともと、メロンが好きだったので、ドライフルーツでメロンが食べられるのはうれしかったです。食べてみると濃厚な味でとてもおいしい。最初のうちはそのまま食べていたのですが、ヨーグルトに入れるとおいしいと思って、ヨーグルトに入れて食べてみました。ヨーグルトとの相性は抜群で、ドライメロンの良さがさらに活かされる食べ方だと感じました。

他に良い食べ方がないかと考えたところ、パンに入れてみるとおいしいのではないかと思い、私は自分でオリジナルパンを作るのが好きなので、早速試してみました。パンの中に入れてもドライメロンの存在感は際立ち、これまたすごく美味しかったです。そのまま食べても良し、ヨーグルトに入れても、パンの中に入れても良いので、とてもありがたい食材です。

acchanさん(30代・女性・会社員)

私はドライメロンをヨーグルトに入れて食べます。その際他のドライフルーツも一緒に入れてしまいます。ドライメロンのみで食べると甘さが物足りず食べても何となく味気なさが残ってしまいます。なので少し甘めなドライフルーツと一緒にヨーグルトと食べると甘さが加わりとても良い味になります。

あと必ず少しずつヨーグルトに混ぜることにこだわっています。長くヨーグルトの中に入れすぎるとドライフルーツの歯ごたえの良さが無くなってしまうからです。アイスクリームに入れてもとても良く合います。とくにメロン型のカップに入ったアイスクリームにドライメロンを入れるととても贅沢な気分になれます。

ドライメロンは少しお高めですがメロンを一玉購入しても食べきれないことが多いし、甘さが苦手な人には少しずつ食べられて保存もきくドライメロンはおすすめです。栄養価も高いので子どものおやつにもぴったりではないでしょうか。葉酸も含まれているので妊娠の時もおすすめで、つわりで食べられない時にも食べられるような優しい味わいです。

ドライフルーツの効果や食べ方、各種類フルーツへの記事一覧まとめ!みなさんはドライフルーツを食べていますか? この記事は「かいもの気まぐれサラダ・ドライフルーツカテゴリ」内の、各種ドライフルーツ記...
無添加フリーズドライ果物が美味しくて栄養満点!おすすめの食べ方と安く買う方法サクッとした食感と口の中で溶けていく軽い口当たりが特徴のフリーズドライ加工された果物をあなたはもう食べたことがありますか? 数年前...